Entry

Google Chrome を使ってみた

2008年09月06日

Google 謹製のブラウザ Google Chrome が発表されたということで,ちと使っています。ただ,さっきから1時間くらい使ってるんですけど,何がいいのかさっぱり分からない……普通のブラウザなんでね?

ともあれ,Google Chrome の特徴だと思われるものとして,まず,検索機能との親和性が高いことがあげられそうです。デフォルトでは,なんでもかんでも Google の検索ページが表示される(※使用する検索エンジンは設定できます)。

たとえば,Firefox 3 でロケーションバーに「honda」と入力すると,本田技研工業(いわゆるホンダ)のページを表示します。一般的な感覚からすると,この動きが自然なんでねいかな。一方,Google Chrome では,Google で「honda」を検索した結果のページが表示されます。つまり,ロケーションバーに入力した値は,多くの場合,Frirefox で検索バーに入力したのと同じ結果になるようです。ここで,「ようです」と自信なさげに書いたのは,Google Chrome の場合,ロケーションバーと検索バーが兼用になっているもんで,自分の入力した文字列が URL として扱われるのか,検索文字列として扱われるのか,よく分からないからです。よく分からなければ,検索文字列として扱われる,といった感じなのかな。

あと,インターフェイスなんですけれど,Google Chrome の場合,エラーメッセージやブックマークがウェブページの表示領域に表示されます。つまり,アプリケーションの設定項目(ブックマークとか)も,ネットの一部であるかのような感覚があるわけです。この感覚には,ちょっとついていけません。

たとえば,ブックマークや履歴の場合,「検索」や「最近追加したブックマーク」のインターフェイスが,ウェブページの表示領域に表示されます。入力インターフェイスも HTML フォームやアンカーリンクになっているし,戻るボタンで前画面に戻れる。これ,使っている側の感覚からすると,ローカルのブックマークの情報が,ネット上のどこかに(知らない間に)登録されてしまって,それにアクセスしている感覚があります。どこまでがローカルのデータで,どこまでがリモートのデータなのか,ぱっと見区別がつかない,と。Google Chrome の設定項目を真似ただましサイトをリモートに作って,フィッシングまがいのことをするのも割と簡単そうな気がします。

ローカルの環境とリモートの環境を透過的にすることで,ユーザを囲い込もうってな発想は,昔懐かし Active Desktop の頃からあるわけですけれど,大抵成功しません。成功しない割にまだこんなことやってるってのは,「あちら側」にいるはずの Google も,「ユーザを囲い込む」という古典的な発想を,重要な遺産として継受したことを示しているのではないでしょうか。

少し前までは Google も無邪気なエンジニア集団ってな印象だったんだけどなあ……。いつの間にこんなんなっちゃったんだろ。Google Chrome はちょっとエゲツナイよ。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN