Entry

福島瑞穂党首のひとり大喜利に心が震える件について

2008年09月24日

そのココロは?

社民党の福島党首は、記者団に対し「麻生総理大臣は国民の生活の困窮から最も対極にある人であり、今の自民党が国民の苦しみをほったらかして政治を行っていることを象徴している。新しい内閣は外交面ではタカ派の布陣の仲よしクラブだ。自民党政治ではにっちもさっちもいかなくなっているのに、賞味期限のラベルをはり替えて新商品として売ろうとしているのといっしょで、『賞味期限偽装内閣』とも言える」と述べました。

NHKニュース 社民“生活困窮と対極の内閣”

『賞味期限偽装内閣』

もはや,国民へのメッセージ性云々よりも,「言ってやったぜ」感まんまんなところに芸人魂を感じるし,そういうみずほに心が震える。フルフルフル……。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN