Entry

オファーの候補になってるっていわれても

2008年11月19日

某有名転職サイトを,まだぼちぼち見てるんですけれど,謎なメッセージにちょっと戸惑っています。

オファー候補の図

「オファーが来ました」ならまだ分かるんだけれども,「オファー候補になってる」って言われても,こちとらどうすりゃいいのか分からない。何をしろと?隣のマスコット(?)がめっちゃ飛び跳ねてるんですけど,飛び跳ねるほど嬉しいもんじゃありません。

オファー,特に個人に向けたそれっつのは,つまるところ,企業側が登録者の申し出を待たずに,自分から一次選考(書類選考)した結果,合格しましたよってなコトなんだと思います。この点は,登録者も企業情報を見て,勤めたいと思うところ(登録者側がする一次審査に通ったところ)に申し込むわけですから,対称性があります。しかし,「オファー候補」ってのは,どういう位置付けにあるんだろう……そのまま解釈すると「書類選考に合格しそうですよ」ってことなんでしょうけど,それって見せる意味あるのか?

あたしゃ企業側から見えるページを見たことがないので,詳しくはよく分からないんですけれど,このサイトの場合,登録者がする「検討中リスト登録」の内容は向こうに見えているみたいです。もちろん,見えるといっても,自分の会社に対する検討中の登録者だけなんでしょうけど。検討中リストは,ある意味,登録者側が登録する「一次審査に合格しそうですよ」情報なわけで,企業側のオファー候補に相当するんだと思うんですね。こっちは見えないけど,向こうは見えるのか。対称性ないな。

まぁ,このサイトの場合,求人の手数料は企業が払うようですから(どの求人サイトもそうだろうが),同じ一次選考にしても,費用的な面から見たら意味が異なってくるのかもしれません。プライベートオファー1回10万円とかって決まりがあるんだろうか。

どっちにしろ,「オファー候補になってること」を登録者に知らせる必要は,あまりない感じがします。せめて企業名を見せてくれたら,登録者も事前に調べるだろうし,勤めたい企業だと思ったら,登録者が自分から応募するかもしれません(そっちの方が費用を低く抑えられるのだと思う)。そゆ可能性については,あまり考慮してないのかしらん。マスコットに飛び跳ねられてもなぁ……。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN