Entry

PM ほぼ未経験者のプロジェクトマネージャー試験受験進捗(3)

2009年01月27日

なんだかよく分かってないうちに,春期試験の出願受付が始まってしまったみたいなので,とりあえず申し込んでみました。それにしても,受験料5100円というのは仏のような価格だと,毎度のコトながら思います。あたしの場合,受験料を支援してくれるような環境にはいないので,Java2 やら Oracle Master やらといったベンダー資格は投下資本に見合ったリターンを期待できません(難度の割に価格が高すぎる)。あゆのは,お金を出してもらうモノだと思ってるので,お金に余裕ができたらもらいに行こうかな,と(当分ないだろうが)。

で,今は何をやってるのかというと,午後Iの問題をボチボチ解いています。まだ理解があやふやなところがあるので,これ読んで問題解いてる。

20090127_4872687299.jpg
庄司 敏浩
アイテック
売り上げランキング: 138417

「専門知識+午後問題」というタイトルを見ると,午後の対策本のように思えるけれど,どちらかというと,新しくできた午前IIの対策が中心だと思った方が良さそうです。実際,半分以上が午前IIの試験対策になっている。新制度になって,かつて午前免除だった人も午前IIの試験は受けなくちゃいけないようなので,本書はいずれにしてもガッツリやらないといけないみたい。ま,ここで出題されているようなことが午後の試験や PM の常識にも繋がっているようなので,未経験者にはむしろありがたかったりします。

一方,午後対策はというと,午後IIについては,あまり期待しない方がいいと思います。午前IIの知識を利用して,午後Iの問題の「解き方」を見ていく感じ。順を追って思考の過程が示されているので,解答に至る筋道をつかみやすい。

というか,本書を読む限り,PM の試験って国語問題の要素がかなり強いんじゃないだろうかと思ってしまう。文章をちゃんと読めていれば,特別な知識やノウハウ(WBS の手法とか RFP の注目点とか)がなくても,普段の業務水準の知識で普通に解けてしまいます。また,PM の場合,アプリケーションエンジニア(AE)と違って,問題と読むべき箇所がほぼ対応している感じもします。AE の場合,お題になってるシステムの概要(DB の構成とか端末のトポロジとか)をまず頭に入れておく必要があって,これが(あたしの場合)しんどいんですけれど,そういう必要がない。必要になったら,すぐに該当箇所を探せます。んなもんで,試験技術的な難易度としては,AE の方が難しいんじゃないかと思ったりします。よく分からんけど。

ま,あまり侮ってたらまたヤられるので,コツコツいきます。上の本は午後の問題が少ないので,過去問集でもやろうかな。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN