Entry

忘れられたキャラクター河川唯

2009年01月28日

押入れのマンガやら本やらを整理しているんですけど,マンガが出てくると読んでしまうもんで,まったく整理がはかどらない!で,久しぶりに奇面組を読んで(しまって)いたのでした。

ハイスクール!奇面組 (1) (集英社文庫―コミック版)
新沢 基栄
集英社
売り上げランキング: 268798
おすすめ度の平均: 5.0
5 重要なポイントを教えます。「下ネタに走らないギャグ漫画」。異色!
5 TVアニメ化された人気ギャグ漫画
5 高校生になりましたが・・・
5 たまには顔の筋肉が痛くなるまで笑おう

思ったんですけれど,奇面組に登場するキャラクターは,どうも最近のマンガなりアニメなりのキャラクターに反映されていない気がします。つか,当時から反映されてなかったか(「燃えるお兄さん」くらいで)。駄洒落ちっくな名前と強烈な個性を持ったキャラクターの宝庫だったものの,東浩紀氏にいわゆる「データベース」には登録されていない。どういうキャラクターがデータベースに登録されて,どういうキャラクターが登録されないんだろう。ちと気になる。

ありがちに考えて,奇面組はオタクの読み物じゃなかったっつのがあるのかもしれません。よく分からんけど。しかし,ヒロインくらい登録されててもいいんじゃないだろうか。忘れられてるぞ,河川唯。

河川唯(かわゆい)は,基本的にかわいい優等生キャラで,どちらかというとツッコミ役なんすけれど,時折見せる時代錯誤感や天然ボケがいい味を出します。この点,天然ボケそのものは,今時のキャラでも,いくつかバリエーションがあるものの,河川唯に当てはまるキャラは,ついぞ生き残らなかったように思う。今時の天然ボケキャラは,どちらかというとボケ役に徹していることが多い気がします。「あらあらまあまあ」な懐の深い(鈍い)お姉さんキャラか,幼児ばりの思考回路(と純粋さ)を標榜するキャラが主なもので,優等生でかつ天然ボケというキャラはあまり見ない。

ここで微妙な仮説を提出してみると,この頃の天然ボケっつのは,ある意味で「未熟さ」を表象しているところがあるんじゃないだろうか。それだけで見ると,当たり前じゃん,とかいったところなんでしょうけど,天然ボケは単純なバカとはちょっと違うんじゃないかと思います。他は完璧(あるいは人並み)なんだけど,どこか欠けてる,とかいったギャップが魅力(ウリ)なんだと思うんですけど,この頃は,「欠けっぱなし」なところがウリ,みたいな。こういう嗜好がオタク的嗜好ってもんなんだろうか,とも,ごにょごにょ。

あまり考えるような話でもないんですけど,なんだか,奇面組のキャラクターは孤立してるなぁ,とか思ったりします。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN