Entry

快眠メモ - 長時間眠る時の睡眠環境

2009年02月08日

休日は泥のように眠る悪習慣がしばらく続いていて,昨日から今日にかけても14時間くらい眠ってました。昨日は1回起きたんだけれども。で,朝になると,毎度のコトながら体が痛い。寝違えたときのような露骨な痛みじゃなくて,体がギクシャクする痛みです。起きる時は,このギクシャクする痛みで起きるもんで,長く眠っているにもかかわらず,あまり快眠感を得られなかったのでした。

で,昨日途中で起きた時に気がついたんだけれども,どうも,身体全体が緊張してるみたいだったんですね。肩にすごく力が入ってる。これを解消すれば,身体の痛みも消えるんじゃないだろうか。おそらく,眠る時の条件がよくないのだと思う。

まず,昨日はベッドに寝転がりながら本を読んでいて,そのまま寝てしまったので(よくある話),暖房が全開だったのでした。うちの部屋は寒いので,部屋に入るとまずオイルヒーターを全開にして,程よく温まってから,設定温度を下げるんですけど,下げないまま寝てしまった。これはよくない。睡眠時もストレスになっているんじゃないだろうか。

それと,寝る前に本を読んだりプログラミングしたりとかするのも,あまりよくないんじゃないかと思います。なんつか,脳を疲れ果てさせて眠る習慣になってしまっているんだけれども,実際,そんなに回復していない気がする。

昨日,設定温度を変更して,体制を立て直してから寝たところ,今朝(というか今昼)はスッキリと起きることができました。身体は痛いんだけど。睡眠時の環境は多分大事なんだと思う。

この点で,ネットのあちこちを調べてみたんですけど,どうも快眠グッズや,眠るその時の環境だけに終始する話が多くて,それはちょっと違うんでねいかと思ったりします。いや,勘ですけどね。寝心地のいい枕を使うとか,睡眠に良い温度・湿度にするとかってのは,たしかに大切なんだろうけども,外部要因以前の問題として,根本的には生活習慣(内部要因)が大きく関わっているんじゃないだろうか。

休日に14時間も眠るっつのは,さすがに時間がもったいないので,ちと改善したいところ。どうしたらいいのだろう。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN