Entry

今日読んでたマンガ - 遊撃宇宙戦艦ナデシコ 上

2009年02月09日

原作読んだことなかったので,読んでみました。Amazon に新品はないみたい。

本作が出た1996年あたりは浪人中だったもんで,この時期のマンガはほとんど知らなかったりします。テレビ版を見たのも結構後になってからだったし。ともあれ,原作を読んでみて,初めてアニメ版は結構脚色が多かったんだんだなあ,とつらつら。ダイゴウジとかあっという間に死んじゃうし。ゲキガンガーなんて一瞬しか出てこない。

また、この作品は細部への偏執的とも言える拘りが特徴で、その最たるものは、劇中劇として度々登場する熱血巨大ロボットアニメ『ゲキ・ガンガー3』である。専門のチームまで編成され、1970年代のロボットアニメの味を忠実に再現し、本作のテーマ性を横から強く支えるものとなっている。

機動戦艦ナデシコ - Wikipedia

「ナデシコ」の話をするときは,テレビ版なのか原作なのかを明示した方がいいみたい。ま,明示してないから議論の厳密さが云々,とかいうのも野暮な話なんですが。

また,アニメ版のナデシコは,最後の方でメタメタなことになっていて,それはそれで楽しめるんですけれど,原作の方は意図的にメタメタな方向に倒すつもりはなかったんじゃないだろうか。本作のメタ話は,普通のマニアックな話(という表現も変だけど)にとどまっている。反面,本作を読んでからアニメを見直すと,アニメの方はもはや趣味としか思えない。

そういえば,アニメ版ナデシコはエヴァンゲリオンと比較されることがあるんだけれども,比較の核になっているもんは,上のような趣味出しまくりっぷりなとこだけなんでねいだろうか。それ以上でもそれ以下でもない気がする。

個人的にアニメはどうあれ,あたしゃ麻宮騎亜氏の作品が好きなので,かなり楽しめました。この雰囲気がね,なんとも。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN