Entry

昨日読んでたマンガ - 『神様ドォルズ (3)(4)』

2009年02月23日

やっぱり嗜好はロボと少女なんだろうか,とか思ってしまう。いや,少女に関して変な趣味があるわけではなくて,この組み合わせが最強。見る人によっては,ゴッドマーズ(←古)的な楽しみ方をしている人もいるんだろうか。多分いるような気がする。合体しないんだろうか。

神様ドォルズ 4 (4) (サンデーGXコミックス)
やまむら はじめ
小学館
おすすめ度の平均: 3.0
3 表紙にだまされないように(笑)

『神様ドォルズ』は4巻になっても,話のスジがまったく読めない。3巻末の話が割とゴッツイ話だったので主線だと思ってたんだけれども,どうやら伏線だったらしい。どこに流れる,神様ドォルズ。あたしゃどこまででも流れていくぞ,なんてったって,ロボと少女だ。

4巻になってちらっと垣間見られた主線っぽい話は,最強のロボ=案山子(天照素; あまてらす)が眠っているという話。しかし,これも早くも「まあ、いい目くらましさ。」とか言われてる。これも違うのか?天照素,動く前から目くらまし扱い……主線はどこだ。

本作は設定がどんどん細かくなっていく割に,話がなかなか進まないもんで,ムキムキ言いながら読んでます。でもいいのだ。なんてったって,ロボと少女だ。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN