Entry

本日の適切な指摘 - ユーザビリティは弱者優先

2009年03月01日

少し前にあった,リキッドデザインの不毛なアリナシ話なんですけれど,適切なコメントをしている方がいたのでメモ。あ,元ネタはこちらです。

で,くだんのコメントはこちら。

wdc wdc ユーザビリティ, webdesign 安眠枕さんはまだわかっていないようですが、ユーザビリティというのは(他に言葉が思いつかないので適当ではないかもしれないが)弱者優先なのですよ。リッチ環境な人は自分で合わせられるけど逆は無理でしょ。 2009/01/22

はてなブックマーク - ‘web屋が主張する「リキッドレイアウト」に騙されないために’に騙されないために

リキッドデザインのアリナシ話でもなんでもそうなんですけれど,こういう話でウェブ屋なりウェブデザイナーなりを称する人が盛り上がっているのを見ると,この人たちが普段どれだけユーザビリティに気を遣っていないかがよく分かる。「読みやすい=弱者にも読める」ではなくて「読みやすい=かっこいい」ってことなんでしょ?要するに。個人でやってるサイトだったら,管理人さんの美的感覚におまかせなので,それ以上言うことはないんだけれども,商売としてやるんだったら,ちと真剣に考えた方がいいんじゃないかと思う。

また,こういう話を見ていると,業界が人員的に技術的などんづまりに来ている様子も見て取れる。閲覧環境に合わせた見栄えを提供したいんだったら,内部で動的に生成すればいいだけなんでね?とか思うんだけれども,そういう発想はないんだろうか。「JavaScript オフだったらどうするんだよ!」とかいうトホホな人には,サーバサイドのプログラムを書けるようになりましょうね,と言っておく。

先日ちょっと話に出したんですけど,CSS 周りの業界は,工場制手工業的なところでやっているんだなあ,とつくづく思います(参照:qune: CSS パーサの利用例とか妄想とか)。「だから手でシコシコ書こうと思ってる時点でダメなんだよ」と,言ってあげる人はいないんだろうか。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN