Entry

コンサル的な言い回しは言ってる意味がまったく分からん

2009年03月18日

言ってる意味が全く分からん言葉をコンサル用語と言っている気もするんだけれども,ともかく,自分でも言ってる意味が分かってない横文字言葉を使うのやめれ,と思う。

そう思ったのは,『プロジェクトマネージャ合格論文集』の合格答案とされている文章を読んでのこと。全般的に見ると非常によくできた論文集で,プロマネの経験者はもちろん未経験者でも,それなりに形になる論文を書けそうな気分になれます。あたしゃ自分でも答案構成しながら読んだので,ちと時間がかかっちゃったんですけど,今日読み終わりました。

プロジェクトマネージャ合格論文集 (情報処理技術者試験)
齋藤 登志勝
リックテレコム
売り上げランキング: 47989
おすすめ度の平均: 5.0
5 PM合格のための必読書
5 本書で合格しました。
5 午後2対策の特効薬
5 以前の版より内容が強力

それはともかく,本書1問目の言葉遣いがともかくひどい。他が分かりやすい論文なだけに,ダメなところが際立ってしまう。こんなんで合格できるのか?

1問目のプロマネさんは,「顧客に対して調達・外注管理の改善に関するコンサルティングとソリューション提案を行うビジネスを営んでいる」企業に勤めているそうです。で,その人の言葉。

これにより,12月までのオフショア側開発工数は実質105人月まで削減できた。中国側では,35名体制の開発チームを動員することとなった。

しかし,これでもかなりアグレッシブなスケジュールである。

※強調は aian

『プロジェクトマネージャ合格論文集 (情報処理技術者試験)』(齋藤登志勝,リックテレコム,2007年,p49)

この「アグレッシブなスケジュール」なんですけれど,意味を分かってて使ってるんだろうか。

英語でもって aggressive schedule というのは確かにあります。alc を引いたら書いてあった。

・aggressive schedule
攻めのスケジュール

“aggressive schedule”の検索結果(1 件):英辞郎 on the Web:スペースアルク

でも,「攻めの」の意味がよく分からない。スケジュールが(を)本当に攻めるわけじゃないから,これは比喩的な言い回しです。じゃ,aggressive はどういう意味を持っているのか。

aggressive
【形】

  1. 攻撃的{こうげきてき}な、挑戦的{ちょうせんてき}な、好戦的{こうせんてき}な、すぐに人につっかかるような、侵略的{しんりゃく てき}な、強引{ごういん}な◆否定的意味
  2. 活動的{かつどうてき}な、積極果敢{せっきょく かかん}な、積極的{せっきょくてき}な、迫力{はくりょく}たっぷりの、攻めの◆肯定的意味
  3. 〔病気{びょうき}が〕侵攻性{しんこうせい}の、悪性{あくせい}の
“aggressive”の検索結果(344 件):英辞郎 on the Web:スペースアルク

基本語なので,引くまでもないとは思うんですけど,aggressive には否定的な意味と肯定的な意味があるそうです。で,「攻めの」という訳語は,肯定的なニュアンス(積極的な)で使われている。否定的な意味で使う場合は,何かっつとすぐにつっかかるような攻撃的な意味合いです。あたしもそう認識していました。

で,上掲引用の本文を読んでみましょう。意味通るでしょうか。「工数が削減できた」という肯定的な文脈につづいて,「しかし」とつなげているんだから,次は否定的な意味が続くはずです。したがって,「積極的な」な意味の aggressive は使えない。実際,「積極的なスケジュール」では文脈と整合しません。一方,文脈に合わせて,否定的な意味の「好戦的な」を訳に当てると,意味不明になっていまいます。好戦的な(攻撃的で厄介な)スケジュールって,意味が分からん。きっと,書いてる本人も分かってないんだと思う。だから,こゆ言葉使うのやめれ,と。

この論文は,他にも無駄に横文字を多用してるもんで,結局全体として意味が分からないことになっています。

また,マイルストーンごとに中国に出張し,フェーストゥフェースの進捗レビューミーティングをセットすることとした。

『プロジェクトマネージャ合格論文集 (情報処理技術者試験)』(齋藤登志勝,リックテレコム,2007年,p51)

って,ルー大柴か。「マイルストーン」や「レビューミーティング」はプロマネ用語だからいいとしても,

マイルストーンごとに中国に出張し,対面で進捗レビューを行うこととした。

でいいんでねいの?とか(対面のレビューは普通ミーティング形式で行うだろうから,省略できると思う)。

日本語の文章の中に横文字を使う場合,専門用語でもない限り,意味をぼやかすところがあるので,論文には向かないのだと思ったりします。「アグレッシブなスケジュール」も,「なんか大変なスケジュールっぽい」という「雰囲気」は伝わるものの,表現が大げさな割に,どういう状況なのか具体的に指し示しているわけじゃない。

日本語で表現できるのにわざわざ使う横文字言葉っつのは,表現のバタ臭さとは裏腹に,実に醤油臭い表現なんだと思ったりします。「意味はよく分からんだろうけど雰囲気は察してくれ(空気読んでくれ)」みたいな感じで。ま,人のことは言えないけれども,論文で使うこたねいだろ,とは思う。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN