Entry

なぜ,某大手 IT 系商社で働くと技術職でも3ヶ月で経営を語り始めるのか?

2009年03月21日

いや,一般論ではないけれど,身近な人を見ているとそう思う(参照:なぜ、セブン―イレブンでバイトをすると学生でも3カ月で経営を語り始めるのか? | 社長の仕事術)。なんでなんだろ。

  • 技術的な話よりも経営の話の方が身近(技術ネタをこしらえる土壌がない)。
  • 派閥やグループのような「見えやすいモノ」が経営ネタと直結している。
  • そもそも経営ネタは床屋談義にしやすい。

床屋談義が許される場ってのは,実は下部組織の人間を動員するのに利用されることがある。目安箱的なガス抜きの場を提供することで,集団への帰属意識が醸成されるんでねいか,と。事実,あたしが知っている人はいくら大上段に経営を語っていても,ちっとも偉くならない。それだけ語れるなら,それなりの地位にいてもいいはずなのに。「経営を語れる」という環境はかなり強力なようで,そんな環境でも彼は自らの職務上の地位について疑いを持っていない(ように見える)。某社の人を見ていると,みんな社長さんや常務さんのような語り口なんだけれども,実際,社長はひとりだし,常務も社の中で極限られた人間だろう。このギャップが見えないのだろうか。「志村ぁー!うしろうしろっ!」って言ってやりたい気分。

少し話が変わってしまうけれども,ネット上の言論にもそういう性質があるわけで,無責任な言論が許されることと引き換えに,語り手における何か重要なモノが exploit されている(※適当な日本語が思いつかないので英語にする)と疑うべきなんでねいか,と思ったり。知らないうちに動員されてることって,いろいろあるでしょ。バズなんとかとか,ほげほげマーケティングとか。

「自覚しつつもあえて乗る」みたいな賢さが必要なのかもしれない。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN