Entry

今日読んでたマンガ - 『新世紀エヴァンゲリオン』(1)-(11)

2009年05月04日

コミック版をまとめて買っていたものの,積み本になってたので読んでみた。つか,エヴァの呪縛からは逃れきれてないのう……と,やや自嘲気味に読んでしまった。

新世紀エヴァンゲリオン (1) (角川コミックス・エース)
貞本 義行 Gainax
角川書店
おすすめ度の平均: 4.5
5 名作をコミックでも
3 ここにエヴァンゲリオン始まる
5 そのための貞本エヴァです
4 気に入らないけど気になる作品
2 評価が、なぜ高いのか

貞本エヴァは完全に二次創作と呼べないんだけれども,あたしゃもともと二次創作とか原作をネタにした類の作品にはあまり食指が伸びなかったりします。『碇シンジ育成計画』とか,はたまた『らき☆すた』みたいな作品は,意識しつつも読む気にならない。もっとも,あたしに原作主義があるというわけでもなく,二次創作そのものが云々というわけではないんですが。

人気作品やそれにまつわるアレコレをネタした作品には,なんというか,「悪ノリしているマーケット」が透けて見えちゃうもんで,それを見てなんだかなぁとか思っちゃうわけ。踊らされてる感じがしてしまう。んなもんで,エヴァのパチンコとか絶対やらない。パチンコしたことないんだけど。

そういえば,この話の絡みで,学生時代に友人と『幕張』を許すことができるか,という話をしたことがあったのでした。あたしは許せなかった……。こっちは,単純につまらなかったってだけなんですけど。そういえば,『幕張』って古本屋でも見ないなあ。どうしたんだろ。パージされたか?

そうだ,本作の話だった。コミック版のエヴァンゲリオンは,アニメ版と比べると,とげとげした部分が程よく丸まっていていい感じでした。フィフス・チルドレンであるカヲルの最後にしても,「ドボンッ」みたいなシーンはないし,アスカが精神汚染をくらった後のシーンにしても,あのどうしようもないゲンナリ感はない。普通にグッタリしてる。

本作を読むと,アニメ版のエヴァにどれほど某氏の実存が入り込んでいたかがよく分かります。実存つか,趣味と言ってもいいと思うんだけれども。毒気が抜けてるので,お子様が読んでも安心。

ただ,個人的に本作だけでエヴァを楽しめるかというと,ちと微妙な感じはします。どっちがいいとかいった話ではなくて,原作を見て比べつつ読んだ方が楽しめるんだろうな,と。あたしが原作を先に見ているから思うのかもしれませんけど,コミックで描ききれていない行間を原作から引っ張ってきている感じはあった。むしろ,コミック版だけを読んだ人がどういった感想を持ったかは,あたしも知りたいところ。

この頃は,マンガすら積み本になってるもんで,連休を利用して読みまくってます。まだたくさんあるんだよなー。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN