Entry

連休に読んでたマンガ - 『かしまし』(1)-(5)

2009年05月07日

これも積み本。なんでもっと早く読まなかったのかと,タイヘンクヤマレルデスヨ。アニメもやってたのか。

かしまし~ガール・ミーツ・ガール 1 (1) (電撃コミックス)
あかほり さとる
メディアワークス
おすすめ度の平均: 4.5
5 かしまし
5 「女の子?」三人による、かしましい三角関係。
5 「女の子?」三人による、かしましい三角関係。
5 せつない・・・
4 起承転結 起

どこのツボを突かれたのか,自分でもよく分かってないんですけど,これは萌え死んだ。

話はこれといって特別でもなく,普通。設定も,とびきりびっくりするほどでもない。エロも作品がその手の話を扱っている割には,ほどほど(というかほぼ皆無)。でも,死んだ。どこが良かったんだろう。

ひとつ確実なのは,絵がちゃんとしていること。このサイトでは何度も書いてるんですけど,あたしの場合,どこに関節があるのかわからない,とか,コマによってキャラクターが別人になってしまうとか,人物が地面にちゃんと立ててない(重心が変)とかいった作品は,それなりにストレスになってたります。もちろん,それ以外で魅力があれば,言うまでもなく良い作品なわけで,そゆ作品もたくさんあるんですけどね。絵に危うさが無い作品は,それだけで安心して読めます。

また,各キャラが少しだけ既定のお約束から外れているってのも,魅力なのかもしれません。まんま(東浩紀氏にいわゆる)データベースに乗っかったキャラクターではなくて,ストーリーの枠組みの中できちんとキャラが立っている感じがします。無理にツンデレとか言わない,この必要十分感。この頃よく読むマンガは,ストーリー主導というよりは,キャラ主導の作品が多かったので,久しぶりに地に足の着いた作品を読んだ感じ。

あとは,この「女々しさ」かなぁ……。草食系の恋愛観というか,少女化願望というか,そゆとこのツボをぐりぐり押された気はする。いや,性倒錯的な意味ではなく。あれ?こゆのを性倒錯的というんだっけ?どっちでもいいけど。

あっさり読める割に,読後の爽快感が良い感じ。少し遅れてるけど,おすすめです。

Trackback
Trackback URL:
[2011年01月16日 21:20] 評論(漫画) かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ from プチパルレビュー・ワールドエンド
かしまし~ガール・ミーツ・ガール 1 (電撃コミックス) posted with amazlet at 11.01.16 あかほり さ... [more]
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN