Entry

近況をぼちぼち

2009年06月20日

今月頭から,職場で作っていた製品のリリース準備に入っていて,先日やっとのことで製品版バージョンをリリース。この時期に入ると,コーディングとかバグ直しとかいった楽しい(?)ことはあまりなくて,マニュアルを揃えたり,インストーラのインストール構成を再確認したり,デジタル署名やライセンス管理の雑務をこなしたりと,面白くないことばかりやることになります。とはいえ,新規製品の V1.0 という響きはなかなかのもので,記念に CD-ROM を一枚もらうことに。期間限定の体験版。

そういえば,当たり前のことだけれども,会社で作ったプログラムには開発者個人のクレジットなんて載りません(ソースコメントにはあるけれど)。以前,ウェブアプリだかウェブサイトに個人のクレジットを載せたい!みたいなエントリを見かけた記憶があったから思い出したんだけれども,そゆ自己満足は個人的には不要な機能だよなー……とかつらつら。自分以外誰も喜ばない機能なんだし。リソースの無駄。OSS と違って,お給料もらえるんだからいいじゃんよ,みたいな。ま,あたしがそゆところ(名声とか?)にあまり頓着しない性質だってのもあるんですが。

一方で,頼んでいた本が何冊か届いたので,ぼちぼち読み始めています。一冊目は『Writing Solid Code』。邦訳が出てるんですけど,円高で安くなってたので洋書の方を購入しました。バグを検知しやすいソースを作る,という発想で書かれた本で,C言語の基本的なお作法がぎっしりと詰まっています。古い本なので今は入手しづらいのが難。

Writing Solid Code: Microsoft's Techniques for Developing Bug-Free C Programs (Microsoft Programming Series)
Writing Solid Code
posted with amazlet at 09.06.20
Steve Maguire
Microsoft Pr
売り上げランキング: 38859
おすすめ度の平均: 5.0
5 C言語開発のノウハウ

あとは,お勉強本を少し。一冊だけ紹介しておきます。

ウエーブレットと確率過程入門
謝 衷潔 鈴木 武
内田老鶴圃
売り上げランキング: 569602

ウェーブレット解析を確率・統計の枠組みから捉えなおした本で,かなりのレア本だと思います。薦められたので読んでる。で,ちょっと読んだんだけれども,これは難しいなぁ……。工学的というよりは数学的な側面が強いので,ウェーブレットの数理的な基礎付けをもう一度確認する必要がありそう。

7月は少しまたりとする予定。もうなんだか疲れちゃった。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN