Entry

埼玉県知事「教員やめろ」発言で思い出したこと

2009年07月03日

この話。

上田清司埼玉県知事は1日の県議会本会議で、県立学校の式典で君が代斉唱時に起立しない教員がいることについて「式典のルールに従って模範を示さなければならない教員が模範にならないようでは、どうにもならない」と述べた。その上で「そもそも、日本の国旗や国歌が嫌いだというような教員は辞めるしかないのではないか。そんなに嫌だったら辞めたらいい」と強調した。

「国旗・国歌、嫌いなら辞めよ」=起立しない教員に-上田埼玉知事(時事通信) - Yahoo!ニュース

頭のいい右翼は,こういう発言はしないわけで,制度的・共感的・合法的に右的な環境を整備する。「教員やめろ」なんてあからさまな発言は,政治発言一般からみて失言なのはもちろん,右的な立ち位置からしても失言だろう。金魚のフンがくっついてくるだけ。

で,こちらの話。

この手のフレーズよく聞くけど「やれるもんならやってみな」発言だよなー。
辞められないのをわかってて言ってる。
ほんとに辞められたら、埼玉の教育崩壊どころの騒ぎじゃないのに。。。

「日の丸君が代がイヤなら教員やめろ」=> 全員ほんとうにやめる => 知事涙目www - 女教師ブログ

そういや,会社側が勝訴した某有名労働裁判の判例があるんだけれども,後日談を聞いたのを思い出す。

会社側が裁判で勝ったのは(会社にとって)よかったんだけれども,翌年以降,「押忍っ!」みたいな大学の応募者ばっかになって困ったとかいった話。主要大学の法学部は,どちらかというと左系が多いから,そゆのの学生がその会社への応募を敬遠したんだとか。

ま,実際問題として,今後教員の卵は政治的な立ち位置も,勤め先を決める要素のひとつになるんだろうとは思う。アホな教員が増えるのは,私立か公立か。どっちだろう。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN