Entry

ネット献本を少し検討してみた

2009年07月12日

日々の書籍代がバカにならないもんで,献本欲しいなぁー……とか思ってます。いや,あふぃりえいとのタネにするつもりはなくて,単純に安く本を読みたいだけ。

もっとも,うちのサイトではそれなりにレビューっぽいものを書いてはいるものの,1日の PV は3000そこそこなので,献本に見合うほどの広告効果はないんだろうな,とかほげほげ。「レビュー書いてやる」というよりは,「レビュー書かせてもらいますぅ」な位置づけなんだと思う。つことで,こっちからお願いしない限り,献本の話なんつのはないんだと思います。

一方,巷には,タダで本をくれるサービス(いわゆるバズマーケティングの類)があるってんでちと覗いてみたのでした。

ただこのサービス,利用規約を読むと,どうもサービス側の免責約款と利用者側の義務が際立ってしまって,殿様商売に映ってしまう(利用規約ってのはそもそもそういうもんなんだけど)。利用者側からすると,このサービスがどんな出版社を抱えているのか分からないし,自分が書いた記事が他のどこに転載されるのかも分からない。SLA も低めに設定されている。ま,今時のウェブサービスはどこも大体そうなんだろうし,どこの馬の骨とも分からない人に献本するんだから,慎重になるのは分かるんだけど。

そもそも,うちで紹介している本は,一部ウケするようなもんが多いので(多分),みんながドバっと読むようなもんじゃなかったりします。口コミとは程遠いな,と。ウケてる人にはウケてるみたいなんですけどね。

とまぁ,そんな具合で,いろいろ考えたんですけど,ネット献本は今回見送り。

ま,わがまま言っても仕方ないわけで,読みたい本を読むには,自分で買うのが一番だな,とも。本屋を歩く楽しみがなくなるってのも,寂しいもんがありそうですしね(←すっぱいブドウ)。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN