Entry

改正著作権法についての反応が微妙

2009年07月31日

リンクはしないけれども,コレに対する反応がなんつかもう……残念なことになってるので,一応ひとりごと。

「個人のダウンロード行為が社会正義に反しているということではなく、それらが積もることで権利者などに悪影響を与えているということ。幸いにも日本人は遵法意識が高く、ルールの周知徹底を図ることによる効果は十分に期待できる」とした。

「違法ダウンロードは社会正義に反さないが、権利者に悪影響」--文化庁:ニュース - CNET Japan

この CNET Japan の記事なんだけれども,発言を読む限り「違法ダウンロードは社会正義に反さない」なんて言ってない。で,タイトルだけに煽られてトンチンカンな反応をしている人も,なんつか,リテラシーねぇな,つか。

言ってることは要するに,今のところは,著作権法的に違法アップロードされた著作物を個人がダウンロードする行為について,社会正義云々はとりあえず脇においておきますよ。つまり,現に違法に頒布された著作物のために損害を負っている権利者がいるから,違法性の根拠規定だけを設けておくけれども,刑事的な紛争解決(罰則)や民事的な原状回復(民事賠償)のような,正義を実現する手段は,規定しておかないことにしておきます,ということ。もっと言えば,やろうと思えば,刑事罰や損倍の対象にできて,それが本筋なんだけれども,それじゃ現状に即さない(やってるやつがあまりにも多い)から,社会正義を問題とした部分はともかく,違法性の根拠規定だけを設けておいて,法意識の醸成を図るところから始めますよ,ということだろう。

ただ、悪意を持たないユーザーであれば依然として第30条に規定された私的使用として認めているほか、悪意を持った確信犯的な違法ユーザーの場合でも罰則規定を設けていないなど強制力は弱く、施行前から効果を疑問視する声もある。

「違法ダウンロードは社会正義に反さないが、権利者に悪影響」--文化庁:ニュース - CNET Japan

効果を疑問視する人の意見は,「罰則付きで規定を設けろ」という立場だろう。「効果がないからやめよう」とかいった方向の議論じゃない。つまり,どちみち将来的(著作権に対する法意識が根付いたと認められた時)にはダウンロードすることに対しても罰則を設けるわけで,今回の改正は,それに対する布石(猶予期間を設定した)ってことなんですよ。

目こぼして折衷案を出しているのに,なんかトンチンカンなこと言ってる人が多い。なんなんだ。

あと,社会正義に反しているかどうかは,合法性/違法性の根拠にはなるけれども,合法性/違法性そのものではない。内乱罪とかあるでしょ。クーデターで政府(国)が転覆したら,違法だったものが合法になっちゃう。法律というのはそういうもの。内乱罪のような大げさな場合でなくても,著作権のような産業的に作られた権利の場合(特許権とか商標権とかも同じ),産業政策的に合法/違法が設けられることもある。著作権関連の法律論議で思うのだけれども,もう少し倫理性を抜いた方がいいんじゃないかと思ったりもする。未成年に対するパターナリズムなんか引き合いに出さないで,バッサリやっちゃえばいいんじゃないか,と。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN