Entry

モチベーションを維持しながら個人が趣味開発するのは難しい

2010年01月07日

随分前から趣味でプログラムを作っているんですけれど,なかなか公開にこぎつけなくて,ちとモヤモヤな感じだったりします。もっとも,これには理由があったりする。何かというと,基本的なライブラリ群を作るのに手間取ってるんです。これほんと,つまらない。

基本的なライブラリというのは,例えば,行列クラスみたいなもん。あたしがやってるところでは,数値計算用のライブラリが主だったものです。何も新しいもんを作るわけじゃないので,あまり面白くありません。

この点,そんなもん巷の公開ライブラリを使えばいいじゃんか(車輪の再発明するな)とかいった声も聞こえてきたりします。もちろん,それはそれでその通り。その通りなんだけれども,そうもいかないんですね。例えば,ライセンス周りが面倒くさい。GPL なライブラリを使うとすると,公開/非公開の自由が自分で書いた部分にも及んでしまいます。また,C++ だと名前空間等々の関係で結局ラッパクラスを作らなくちゃいけなかったりもする。何よりメンテナが複数に分散するのは避けたいところだったりします。

んなもんで,自分で作れないような複雑な処理が必要にならない限り,なるべく外部ライブラリは使わない方針で行きたいと思っているわけです(使うとしても,GPL なライブラリを使うくらいなら,IPP や TBB のような有償ライブラリを使った方がマシ)。わけなんですけど,これがほんとにつまらない。モチベーションも下がるってなもんです(あたしだけかもしれないが)。

そこで,今さらながらに思ったんですけれど,進め方として,最初は外部ライブラリを使っておいて,形になったら順次自前のライブラリで置き換えていく方針で進めるのも,一案だったのかもと思っていたりします。全体像が見えないとなかなかやる気が出ないから,とりあえず全体を作ってしまうという発想。

ま,そうしたらそうしたで,「前動いてたのに自前で用意したら動かなくなった!」とかいった話が出てきてゲンナリしちゃったりするんだろうけど。

とりあえず,つべこべ言わないで作ることにします。あー……退屈。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN