Entry

今年の新入社員は ETC 型なんだって

2010年03月26日

こちらの話を読んでいて。日本生産性本部調べだそうです。

今年の新入社員は、厳しい就職戦線をくぐり抜けており、情報収集に必要な携帯電話の操作などはうまい。効率を重視する一方で、人とのコミュニケーションが苦手な面があるという。

このため、上司や先輩に対して、急いで人間関係を築こうとして新入社員の「心のバー」に衝突しないように「スピードの出し過ぎにご用心」と指摘している。

なかなか開かぬ心の「バー」、新人はETC型 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

あたしんとこでは,4月になる前から入社して研修を受けている新卒さんがいるんですけど,うちに関する限り ETC 型といった印象はないなあ……。周りの社員と比べたら割とよくコミュニケーションする方だし,その一方,「FTP って何すか?」とか平気で聞いてきたりする。ま,うちは傾向を見て取れるほどたくさんの新入社員はいないんですが。

最近の若者は……みたいなことは真面目な顔で言いたくないので,与太話として聞いてほしいんですけれど,今年の新入社員に限らず,この頃の開発者さんの傾向を見ていると,「ユーザ的な開発者が多いなー」とか思ったりします。「ユーザ的」というのは,一から自分で作るようなことは考えないで,出来合いのモノを使ってどうにかしようと考える傾向があるということ。まあ,もちろん,昔からそういう開発者さんはいるし,それが悪いわけでもないんですけどね。

例えば,とある図面のブラウザを作ることになったとしますよね。CAD の図面を表示したり印刷したりできるアプリケーション。こゆとき,おっさんはまず,AutoCAD のような主要な CAD のファイルフォーマット(DXF/DWG)を調べようとしたりする。その一方,今時の人はというと,libdxf とか libdwg とかいったライブラリがあるかどうかをまず調べる。発想の仕方が「○○使えばできるじゃん」みたいな具合になっている……ような気がする,と。まぁ,それを言っちゃうと,おっさんよりももっと昔のおっさんは,開発過程の一環でコンパイラのバグを探たりもしていたようなので,にんともかんとも,便利な世の中になってるねってことなんでしょうけど。

あたしんとこの会社は割と古風な風土があって,「作れるものはなるべく自分で作る」といった方針で自社ライブラリを作っていたりします。んなもんで,今時の新人さんからしたら,なんでそんな効率の悪いことやってるの?とか思う向きもいるかもしれない。ここでそのメリットについてうだうだするつもりはないんですけれど,ライブラリを一から作ったことがない新人さんが割といるのにはちと驚いています(使う専門)。おっさんとしては。

まぁ,昔も「DirectX を使わせたら天下一品だけど C はさっぱり」とかいうプログラマもいたので,昔から「最近の若いもん」はこんなこと言われてるんでしょうけどね。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN