Entry

本日のそれホント? - 漫画喫茶でプリント代の請求とか

2010年04月20日

以下の話から。なんだか,おかしな回答に見えるんだが……。質問は,漫画喫茶で間違えて IE の印刷ボタンをクリックしてしまったんだけど,印刷代を請求されるのか?という話。

一般論として、操作ミスを引き起こしやすい状況を作出ないし放置していたときは、これにより一定の契約が成立したときにその契約の全部ないし一部が無効となる場合があり(民法93条但書等)(※)、またはそれを作出しまたは放置した者が一定の損害賠償義務を負う場合があります(民法415条等)。

漫画喫茶で大量のプリント代を請求されました。 - 質問・相談ならMSN相談箱

民法93条というのは心裡留保の規定で,例えば,冗談で売買契約を締結した場合なんかの話を扱っています。たとえ冗談だったとしても,冗談だったことを理由にして契約の効力が妨げられることはない(売買契約は成立する)というのが本文。でも,相手方も冗談だと知っているか,知らなかったことについて過失がある場合は,無効にしますよ,というのが同但書です。この回答では,「操作ミスを引き起こしやすい状況を作出ないし放置していたとき」は,93条但書によって意思表示が無効になる可能性があるという……。本当だろうか?一般に,93条の規定は面と向かって契約するような場面を想定しているわけで,このケースのような自動的に契約が結ばれる例は,やや類推っぽい考え方をしないといけない気がします。あたしが知らないだけかもしれないけれど,同種のケースについて判例でもあるんだろうか。

ま,ともかくも,このケースが93条但書の適用場面だったとします。そこで,93条但書の要件をもう少し詳しく挙げておくと,表意者(印刷ボタンをクリックした人)の意思表示(印刷ボタンのクリック)が真意(印刷するつもりじゃない意思)と異なる場合で,相手方が表意者の真意を知っているか,または,一般人の注意をもってすれば真意を知り得た場合に,意思表示は無効になる。

じゃ,この場合はどうなるのかというと,印刷の度に漫画喫茶が表意者の意思をいちいち知っているはずもないので,あるとすれば過失の場合になるんだと思います。しかし,過失といったって,印刷のアイコンが出ているボタンをクリックすることが真意でないと,店員はどのように見抜くのだろう。IE のアイコンをクリックしたら印刷が実行された,とかいうなら,知りうべき状況といえるんだろうけれども(つか,これは錯誤(95条)や詐欺(96条)の話になりそうだが)。印刷のボタンを押したら印刷処理が実行されることは,パソコンを使ってる人なら普通分かることだし,そこから印刷契約(というのか?)の意思表示を推知するのは当然なんじゃないだろうか。

なんだか,質問者さんはもとより,回答者さんも勘違いしているみたいだけれども,仮に93条が適用されるとして,その結果やっぱり質問者さんが代金を支払うことになったとしても,これは質問者さんに過失があったからではなく,漫画喫茶の店員さんに過失がなかったからだったりする。それは,債務不履行(415条)の場合もしかり……なんだけれども,これってそもそも415条の適用場面なのか?

ま,ここでの話も床屋談義レベルなんですけどね。こゆぐだぐだな質問-回答って,ネットに残しておく意味があるんだろうか,とも。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN