Entry

GW 中にやったことまとめ

2010年05月06日

趣味プログラミングが散発的なコード片を量産しているだけだったので,もう少し形になるようにまとめていました。本日 GW 最終日ということで,なんとか間に合った感じ。以前のエントリとかぶるところもあるかもしれないけれど,こんなことやってました。

  • 手持ちのソースコードをプロジェクトの階層に分割。
  • 画像処理関係のクラス群を整理/統合。
  • 汎用の画像(テンプレート)クラスを実装/テスト
  • 上記画像クラスのファイル I/O として JPEGReader と JPEGWriter を書いてみた。
  • mmap(2) と MemoryMappedFile の差異を吸収する抽象クラス(テンプレート)と派生クラスの実装/テスト。
  • 単体テスト環境(CppUnit)の整備。
  • テストコードの取りまとめ。
  • 上記ソースを別に借りているホスティングサービスの SVN に登録。
  • USB 版の Fedora 12 を BUFFALO の超ちっさい USB メモリ(RUF2-PS8G-WH)に入れてみた。開発環境は未整備。
  • EMOBILE と契約。ノートパソコンゲット。

ほんと,開発ばっかしてた気がします。外に出たら出たで,ノートパソコンとか買ってるし。

もっとも,今回はかなり自前のソースコードを整理できたので,ずいぶんと上に乗っけるアプリケーションが作りやすくなりました。また,画像クラスの量産体制が整ったのもよかった。OOP は量産体制を作るまでの抽象化に難儀するんだけれども,今回産みの苦しみを乗り越えた感じ。

そういえば,画像クラスについて「汎用で作ると遅くなるんでね?」みたいなつぶやきをいただいたので,ベンチを取ってみたりもしたんですけれど,ファイル I/O 時のファイルフォーマットとデータの持ち方を抽象化しただけなので,画像処理本体にパフォーマンス的な影響は出ませんでした。ファイル I/O ってそもそも恐ろしく遅いから,メモリの渡し方やら仮想関数やらでちょっと遅くなっても全体からすると大した速度低下にならないわけで。

なんだか,SVN で管理を始めて気分がしゃきっと引き締まった感じ。この調子で,夏を乗り切るぞ。意味わかんないけど,そんな感じ。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN