Entry

NHKの「Bizスポ」がオッサン向けプロモ番組に見えて仕方がない

2010年05月29日

最近始まったNHKの情報番組「Bizスポ」なんですけれど,個人的にちょっと受け付けない番組になっています。「Biz」と名の付くもんは,大抵スカしてる,といった先入観もあるんですが。

特に,経済動向ネタあたりは,視聴者の興味を引くためのお決まりの型にはまっていて,ほんとにゲンナリしてしまいます。ま,経済動向を扱う限り,どんな番組でも「型」にはめるもんなんでしょうけどね。型というのは,こういうもの。

  • 最近,○○という商品が売れている,あるいは,○○というサービスが流行っている,あるいは,○○という言葉が流行っている,といった社会現象を取り上げる。
  • それを裏付ける,限定的な観察対象に対するインタビューと取材。
  • 周辺を取り巻く経済事情,社会事情のデータを提示する。
  • 専門家による結果論的な分析。
  • 情緒的な締め。

具体例を挙げると,こんな感じ。今ここで作ったもので,実際にBizスポで放送されていた内容ではありません。

  • 最近「中食(なかしょく)」という言葉が流行っています。みなさんは,中食ってご存知ですか?つまり,持ち帰りの惣菜を家の中で食べるスタイルのことです。
  • 街(新橋とか渋谷とか決まったところ)に出て,中食している方を探してみました(インタビュー)。
  • 昨今,中食産業が盛り上がっている背景には,不景気の影響があります。外食よりも低コストで,お店の味を楽しめるということで,受け入れられているようです。中食産業は,○○年前と比べてこんなに伸びています(グラフとか見せる)。外食産業も負けじと,中食的なサービスを提供するようにもなりました。
  • (大学の先生とかがそれっぽい理屈をつける。)
  • 家でお店の味を楽しみつつ,家庭で団欒できる「いい」スタイルなんじゃないでしょうか。でも,やっぱりおふくろの味が一番ですよね。

街に出ないで,具体的な生活にクローズアップするパターンもあります。「○○市在住の花子さんも中食をな人です」みたいな具合に。

で,これ,ほんとゲンナリします。だって,ほとんど全部同じ型なんだもん。いや,型にはまってるだけなら,つまらないけどまだ我慢できる。あゆ放送で最もゲンナリするのは,なんだかプロモ的な胡散臭さというか,何企んでるんだお前?的なもんを感じてしまうところ。

具体的に言うと,ひとつは「ご存知ですか?」という問いかけです。これほど無意味な問いはない。知ってたらその人にとって無駄な時間になるわけだし,そもそも,その時間帯は知らない人のためにこそある時間帯です。答えが決まりきっている。ちなみに,「知らないけどどうでもいい」という人の選択肢はありません。

もうひとつ,「流行している」とか「話題になっている」というのが本当なのか,という疑問がどうしても残るということ。一応,インタビューなんかを行っているわけだけれども,こんなもんが結論ありきなのは,みんな知っていることだったりします。最後に,情緒的な締めにおいて,大抵「良い」か「悪い」かの二元論に解消されてしまうということ。

要するにですね,これって,視聴者の視点を一定の方向に向かせるための仕掛け(プロモ)に見えるわけです。「視点」が固定されるというのがポイントです。普通,ある(社会)現象を取り上げるとしたら,一定の指標でもって「なぜ取り上げるのか」をそもそも示す必要があると思うし,少なくとも,放送する側が何を問題にしたくてその話題を取り上げたのかを示す責任があるのだと思います。いきなり,「ご存知ですか?」ってなんだよ,と。

また,検討するにしても,へたくそな二元論に解消すべきじゃない。もっと突っ込んで(ぎりぎりアウト気味に)言うなら,こうした単純化したモデル化のプロセス自体が,経済学的というか分析的なお作法そのものだと思うわけで,「あんた何様だよ」とか思うわけ。

ま,ね。水が合わない番組もあるってことで。ただそれだけ。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN