Entry

今日知った言葉 - code monkey

2010年06月14日

Code Monkey って言葉を考えたもんで,スラングかなんかとしてもうあるのか調べてみたんですけれど,ありました。

The term code monkey generally refers to a computer programmer or other person who writes computer code for a living. More specifically, it refers to a person only capable of grinding out code, but unable to perform the more intellectually complex tasks of software architecture, analysis, and design. The term is thus considered mildly insulting, and is often applied to the most junior people on a programming team.

Code monkey - Wikipedia, the free encyclopedia

一応,ちょー訳。

code monkey という言葉は,一般的にはコンピュータプログラマやコンピュータのコードを書くことで生計を立てている人のことを指す。しかしこの言葉は,特に,ソフトウェアアーキテクチャについての分析/設計といった,より知的なタスクをこなすことができず,コードを書くことしかできない人のことをいう。したがって,この言葉にはいささか侮蔑的な意味があり,しばしばチーム内でもっとも若いメンバーに対して当てはめられる。

ふーん。Wikipedia には他にもいくつか意味があるけれども,大体意味合い的には同じ感じのようです。個人的にもそんな意味合いで code monkey という言葉を思いついたので,思っていたことともあまり離れていないみたい。

qune::CodeMonkey というサブサイトを作ろうかと思っているんだけれども,自嘲的でなかなかいい感じ。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN