Entry

ついでだから臓器提供意思表示カードについて

2010年08月10日

提供者の意思を尊重するというのであれば,臓器提供の意思表示に条件をつけることくらいは認めるべきなんじゃないだろうかと思います。あたしゃ意思表示の内容について,詳しい議論を踏まえていないんですけれど,当然こうした話はあったはず。どうして条件をつけられなくなったんだろう。

例えば,「家族を優先して提供したい/家族以外には提供しない」とか,「○○さんが認めた人だけに提供したい」とかいった希望は普通に考えられる。自分の命(の一部)を託す相手方も分からないまま,意思表示だけするというのは,なかなか難しい気がします。

カードには「提供したくない臓器」を指定することはできるわけだけれども,そんなの大した問題じゃない。遺言による財産の提供ですら詳細な条件をつけることができるのに対して,臓器の提供はかなり大雑把な印象があります。あまりに複雑な条件だと時間的に確認する余裕がない,とかいった理由があるのだろうか。それとも,公平な分配(という表現もすごいけど)とかいった,制度上の基本方針があるんだろうか。

なんだか不思議。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN