Entry

クラウドを人員削減に利用する会社と業務効率化に利用する会社の話

2011年01月14日

クラウドに限った話ではないけれども,今日,とある営業さんと話していたコト。

「技術職というのは,新しいモノを作ってみんなが喜ぶから,誰も悲しまない職業だ」みたいな話をたまに聞くことがあるけれども,それはちょっと違っていたりします。場合によっては人が悲しむことになる。

どゆことかというと単純な話で,例えば,今まで人手でやってた作業がシステム化されたとすると,その作業に人件費をかける必要がなくなります。とゆことは,少なくともその作業に関する限り,人がいらなくなるわけですね。「クラウドによるコスト削減」とゆのも,結局のところそゆ話に乗っかりうるわけで,シス管(システム管理者)やシステムの開発者を減らす方向に傾きうるし,実際そゆ方向に傾いていたりします。たまに,システム管理者が「クラウド万歳!」とか言っているのを聞くと,少しだけ,自分で自分のクビを絞めているように聞こえたりします。どんなブラックジョークなんだ,と……。

もっとも,あたしが勤めているところのようなパッケージベンダからすると,クラウドなり SI なりで「人員を削減できる」と目論んでいる会社は,実のところあまり美味しくない。なぜなら,人員を削減するためにシステムを導入する会社は,業務が進展しないから。業務が進展しない会社は,そのシステムを売ってオシマイになるわけで,次の発展的なシステム案件がやってきません。このことは,有名どころの大企業にも言えることです。

一方,クラウドを利用すること,あるいは既存業務をシステム化することで得られた人手を,もっと発展的な業務に回そうとする会社は,ベンダとして最もウマミのあるお客さんです。これまで忙しくてできなかったけれども,人手が回せるならあんなこともこんなこともやりたい!といった具合に,業務自体が進展するからです。そこには,ほぼ必ず新しい開発案件が発生する。そゆ会社は,おそらく,会社全体としても上向きなのだと思います。

少しおこがましく聞こえるかもしれないけれども,独立系のパッケージソフトベンダは,ある程度お客さんを選ぶことができるわけで,そこから見るとウマミのあるお客さんとそうでないお客さんが存在するのは確かだったりします。なんつか,クラウドというと「コスト削減 == 不景気だもんねー」な方程式が前面に強調されるきらいがあるけれども,こゆもんを文字通りに受け取っている会社とは,あまりお付き合いしたくなかったりもします。ま,ただそれだけ。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN