Entry

激甚災害日誌4日目+ - あなたと他人の身を守るネットリテラシ

2011年03月14日

ま,ネットには昔からある話なんだけれども,ネットのダメ情報に身を滅ぼされないために,確認すべきことを改めていくつか挙げておきます。自分が見たところだけかもしれないけれども,今回の震災に伴って出てきた情報のほとんどはクズ情報だった。信用してはいけない。

いつもは笑い話で済むことも,今回に限ると,自分や他人の安全や財産を大きく損なう可能性があります。

  • チェーンメールに書いてあることは,無条件でデマと認定すること。転送することはもちろん,内容について余計な考えを持ってもいけない。チェーンメールは,「できる限り多くの人にこのメールを転送してください」といった文面があるのですぐに分かります。
  • 出所の明らかでない情報は,絶対に信用してはいけません。「知り合いから聞いた話」とか「どこどこ国の大使館が出した情報」のような,あやふやなものも信用してはいけない。
  • 「NHK の情報操作」「日本国の陰謀」「他国の陰謀」のような,いわゆる陰謀論も絶対に信用しないこと。批判として成り立っていない程度の低い言論だけれども,翻弄される人間はかなりいる。
  • 原子力に関する素人のエセ科学に翻弄されないこと。また,原子力について今から勉強しても間に合わないのだから,下手な知識に基づいて余計な行動をとらないこと。個人的に一喜一憂するのは自由だけれども,不安を他に撒き散らさない(安易な情報に操作されやすくなるため)。
  • 有名人が言っていることだからといって,信用してはいけない。その人間が,どのような立場でモノを言っているか,落ち着いて考えること。専門から離れてしまえば,有名人もただのオッサン/オバサンです。
  • とにかく,ネット上の情報の信用性については性悪説で望むこと。信頼できる情報か,常に見極めること。

この場で名指ししてやろうかと思うほど悪質なデマを振りまいている連中がいるんだけれども,ここではやめておきます。Twitter も Ustream も烏合の衆。くれぐれもご注意ください。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN