Entry

震災に当たって変なナショナリズムがくすぶっている気がする

2011年03月24日

今回の震災に絡んで,この出来事を「国憂」と称するのはなんとなく分かるものの,他人に対して「非国民」と指差す人が出てきて,なんなんだこの事態は,と思う。ネットにはいつもある話なんだけれども,現実社会において真顔でこの言葉を口にしている人がいて唖然。

なんつか,今回の震災で「日本は戦前に戻った」的な話もあるわけだけれど,メンタリティからしてほんとにそうなった気がしてくる。いや,この土地は,元からこうしたメンタリティに支配されているのだろうか。それとも,ただ考えすぎなのだろうか。

と,そうこう考えていると,メディアやネットで現場の人間を英雄扱いするのも似ている気がしてくる(その当時生きていたわけではないが)。もちろん,現在現場の方々がやっていることを軽んじているわけでは決してありません。文字通り「命をかけて」取り組んでいるその仕事は誇れるものだと思うし,そのつらさもよく分かる。しかし,その取り巻きが……。なんだか変な盛り上がり方になっている気がして仕方ないんだけれども,どうなんだろう。爆弾(肉弾)三勇士や木口小平で盛り上がっていた世界にあったメンタリティとは,こゆもんだったんじゃないか,とも。

爆弾三勇士の話には,歌もできて映画もできたそうだけれど,それは当時の(娯楽)メディアがそれだったからとゆ話なんじゃないかと思います。今ではさしずめネットがその役割を果たしている気がする。

命をかけて頑張っている現場に対して,「安全な場所」から安っぽい美談を与える愚かしさを一方で感じつつ,じゃあどうすんのさ,と言われても特に思い浮かばない。当時の人間にも,そゆ人はいたんだと思うけど。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN