Entry

フジテレビのアイキャッチ「JUNGLE」の都市伝説とか

2011年05月21日

「JUNGLE フジテレビ」とかで検索すると出てくる JUNGLE のアイキャッチを久しぶりに見たのでメモ。あたし覚えてます。この映像。当時も現在も,あたしはそんなに怖いと思わなかったんですけれど,巷の感想では気分を害されてる方もいるみたいなので,ここに映像は載せません。ま,気味悪いっちゃ気味悪いんですけどね。

今ではすっかり怖い CM (CM ではないんだが)の定番になってる JUNGLE のアイキャッチなんですけれど(当時も苦情はあったみたいだが),1980年代半ばくらいから1990年代前半くらいまで,こゆ表現はあちこちにあった気がします。

例えば,LAOX の CM とかは個人的に怖かった。誰もいない早朝とみられる時間の交差点に,頭がテレビの人がたたずんでるやつ。LAOX が何屋さんなのかすら分からなかった。あと,丸井の宣伝で昔「マルイ・マルイ・マルイ・マルイ……」と言うだけ,みたいなのがあった覚えがある。白地の画面にひたすら丸井のマークが並ぶやつ。夜眠れなくて居間に行ったら,母親が見ていたテレビにくだんの丸井 CM が流れてて,余計眠れなくなったという……。

で,フジテレビのアイキャッチの話。これもメッセージ性が希薄な割に音や映像が奇抜なもんで気味が悪い。人形編とハート編があるけれど,ここでは人形編だけ取り上げます。

メッセージ性が希薄だということは,その分だけ受け手に解釈の余地が生まれます。Wikipedia に主要な解釈が載ってたので,引用しておきます。

(30秒版)軍歌、あるいは君が代にも似た曲調のコーラスが BGM。最初は激しいフラッシュの中、表面に陰影がある一体の人形から徐々に画面が離れていく。人形の背景には気泡と思われるものがある。やがて周囲に同じような焼けただれた人形が無数に散らばっている様が現れ、最後に「JUNGLE」の文字が現れる。一部には、非常に聞き取りにくいが最後に「ざまあみろ」という声が入っているといわれる。コーラスの歌詞は「授かりし 命 乱れ 成りがたい(ありがたい) 命」。

(snip)

都市伝説では、このフラッシュと背後の気泡は核爆発の光と熱を、人形は被爆者をイメージしたものと解釈し、無数に散らばる「被爆者」を「ざまあみろ」と嘲ることから、反・反核キャンペーンの主旨だったのではないかと解釈されている。「ざまあみろ」の音声はサブリミナル効果を狙ったものであると指摘する。

JUNGLE - Wikipedia

「ざまあみろ」の話は有名で,あたしも最後の方で何か声的なものが聞こえてるのは確認できました。しかし,「ざまあみろ」と言っているかは分からなかった。つか,これは上の解釈が正しいことが前提になって,初めて意味が通る聞こえ方なので,解釈的にちょっと説得力の弱い聞こえ方だと思います。

それと,コーラスはやや宗教的な和音階なので,君が代的と言われれば「そうだよね」と答えるけれど,それは他の和音階の曲でも同じだったりする。それを言うなら「さくら」にも似てるぞ,と。

もうひとつ。歌詞なんですけれど,「授かりし 命 乱れ 成りがたい(ありがたい) 命」はないと思う。というのも,「授かりし」という文語体と「成りがたい(ありがたい)」といった口語体がひとつの節に現れるとは思えないから。また,意味的にも通らない。授かった命が「乱れ」て,なんで「ありがたい」のだろう(「成りがたい」も同じ)。「ありがたき」は,文語では「貴重な」とか「めったにない」とかいった意味で(「在り・難し」なので),感謝の意味はないけれども,それを当てはめても意味が通じない。

で,歌を何度も聴いてみたんだけれども,おそらくこの歌詞は,

授かりし いのち 乱れ 去りがたき いのち

なんじゃないだろうか。某巨大掲示板サイトでも,同じ解釈(聴き方)をした方をたまたま見つけました。これなら,「この世に授かったいのちが執着しているために往生できない」といった意味で通じる。問題は,「乱れ」る原因が何かなんだけれども,これはちょっと分からない。上記の原爆の話と絡めるなら,原爆の犠牲者を代弁したことになるんだろうけれども,限定しすぎだと思う。いずれにしても,歌詞自体は弔いや追悼の歌なのだと思います。映像も弔いの表現だとすれば,分からなくもない。なぜ,何に対して弔ってるのかは,さっぱりなんですが。

あたしは思うんですけれど,こゆ映像について「原爆被害者を差別するのは許さん!」とか言っている人ほど,差別意識が強いと思うんです。多くの解釈が許される表現に対して,その人はなぜ「差別表現」という解釈を選び取ったのか。まさしく自分が差別しているからではないか,とかとか。

また,こうした解釈が選び取られる背景には,「フジといえばミギ」といった巷の印象の証拠付けとして作用する解釈になっている点もあるのだと思う。これについてはあまり言わないけれども。

個人的には,今見てもごく一部で話題になってるほどの話ではない気がしています。ジョン・マルコヴィッチ(だったっけ)の頭が転がるアイキャッチの方が,よっぽど気色悪いと思うんだけれども,どうなんだろう。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN