Entry

大学にまつわる都市伝説は筑波大学関係が多いのか

2011年05月23日

最近ちょっと都市伝説づいてるもんで,そこら辺の話をうろうろと見ています。楽しいですね,都市伝説。

都市伝説のルーツはいろいろあって,説教じみたものや(ピアス穴の糸とか),外国人を初めとした差別に絡むもの(ダルマの話とか),それに実際にあった事件を誇張して語られているもの(コインロッカーベイビーとか)なんかがあるんですけれど,あたしが好きなのは,「大学や研究機関の秘密」みたいなやつです。筑波大学がロボに変形するってのは,かなり好き。

筑波大学は,数年前に一回だけ敷地を回らせてもらったことがあるんですけれど,確かに広くて複雑そうでいろいろな話がありそうな感じ。うらやましい。

そういえば,あたしがいたガッコには,キャンパスの真ん中に創立者の銅像が立っているんですけれど,受験生がそこの「袖の下」を狙って賽銭的なものを投げると合格するってジンクスがありました。あ,これは都市伝説というより願掛けの類か。

法学部限定では,こんな話も。

法学部棟には読書室が3階と4階にあるんだけれども,普通の学生は4階のを使って,3階の読書室は存在すら一般には認知されていなかったりします。早朝,学部棟3階に行くと,司法浪人生がトイレで歯を磨いて,読書室で米を炊いている(炊飯器持参)のを見ることができる……とかとか。つか,これは実話だな。現行犯ではないものの,炊飯器は実際に見たし。

あたしが卒業した後,法学部等は立派なビルに建て替えられてしまったので,現在確認する術はありません。増築に増築を重ねたいびつな校舎だったので,何か探せば都市伝説のひとつやふたつ出てきたかもしれないんですけどね。ビルになってしばらく経ってるから,もしかしたら,旧校舎についての都市伝説(実話)もいくつかあるかもしれません。

それにしても,筑波大学うらやましい。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN