Entry

伸び悩む新人君でつらつら

2011年09月07日

先日の某話つながりで少し思ったんだけれども,伸び悩む新人君の原因には,どうも「今ある力でなんとかなる」とか思っちゃってるとこがあるんでねいだろうか,とかつらつら。

あたしもしばらくこの業界にいて,それなりにお金を稼げるようになったけれども,いまだに自分の技術には自信がない。伸び悩む新人君の中には,やや自信過剰なところが見受けられるんだけれども,あの自信はどこから来るんだろうと思う。あたしにとっては無根拠な自信にしか見えないんだけれども……。ガッコウで成績が良かったからだろうか,ネットでできる人の話を読んで自分もできると勘違いしているからだろうか,それとも,ちょっとしたことでちやほやしてくれる素人さんが周りに多かったからだろうか。

ソフトウェアだけではないと思うんだけれども,特にこの業界は,年がら年中勉強してなくちゃいけないわけで,過剰に自信をつけてしまうと,その後は大抵,歩みを止めてしまうことが多いように思う。「これくらいでいっかー」とか「もう十分勉強したしね」とか「優秀なオレができないのは周りが悪いからだ」とか「オレよりできないヤツはいくらでもいるしね」いった具合。自分で自分に線引きしてしまっているように見える。

こゆのは,スタート時点ではたしかにできる人なんだけれども,これはあくまでも「新人的には」といった文句が枕に括弧で括られていたりする。

春からおよそ半年が経って,その差が縮まり,あっさりと追い抜かれている様を見ていると,そんな風に思う。で,それでも彼はそんなことにも気づかずに,「できるこのオレ様がこんなに冷遇されるなんて!」とか思ってる。仕事できないんだからしゃーないじゃんか,とか思うんだけれども,聞く耳持たないのも習性のひとつ。思い込みが激しい人に付き合う余裕なんてこちらにはないので,せめて「無害」でいてほしい。

大海を知ってる蛙は,身の程をわきまえているとゆことなんだろうけれども,ま,そんなとこ。どこまで行っても大海原が広がっている。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN