Entry

生命保険のお勉強メモ

2011年10月01日

所帯を持ってからしばらく経つものの,生命保険に入っていないので,ここしばらくソニー生命のライフプランナーさんに相談に乗ってもらっています。

ライフプランナーとゆのは,FP やらなんやらの観点から,その人なり世帯なりに合った資産形成をサポートしてくれる人のこと。基本的には保険の営業さんだけれども,いわゆるコンサルティング営業みたいなもんで,あたしの担当になってくださっている方は,住宅ローンの組み方から,自動車の買い方・買い換え方,子どもに必要な学資から生活費まで総合的に勘案して,保険を提案してくれています。

ここでは,基本的で一般的な話になってしまうんだけれども,そのときのメモとか。

まず,超基本的な話だけれども,(生命)保険は不要なら入らなくても構わんとゆこと。定期保険(掛け捨て)はもちろんだけれども,終身保険であっても,保険に入ることにはそれ自体リスクがある。分かりやすいところで言えば,その保険会社が潰れちゃうリスク(倒産リスク)とか,保険期間中に物価が上がってしまうリスク(インフレリスク)とかです。特に,掛け捨てでない保険商品は20年やら30年やらのオーダーで超長期にお金を運用することになるので,他の金融商品(銀行預金とか株式とか債権とか)と同じようにリスクを把握しておく必要があります。

その意味で,万一自分が死んだときの保険を考えるとき,別にその手当ては保険商品でなくてもいい。例えば,自分が死んでも受取人に当たる人たちが十分に暮らしていくだけの資産が既にある,あるいは資産を形成する見込みがあるなら,その資産はキャッシュで持っておくなり,他の金融資産として持っていればいい話です。そうすることで,各金融商品に関わるリスクも分散できる。一方,保険の強みのひとつは,加入者の規模と超長期の運用期間を背景にして,確率的に特殊な場合に備えることができる点です。神様視点で(確率的な視点で)非常に低い確率であっても,個人にとっては重大な事態になる場合に備えることができるとゆこと。

つことで,まずは,保険が必要なのかとゆことを考えなくちゃいけない。

もうひとつ。どれだけの保障が必要なのか把握しておくこと。

バブルの時期,保険は利殖の商品(保険機能ではなく利回りのいい金融商品)として見られていたところもあるけれども,今は他の金融商品の方が利回りがいいので,利殖のために保険を買う意味はあまりないのだと思います。

つことで,保険はもっぱら保険機能を買うことになるわけだけれども,保険つのは必要なお金を裏側から支える手当てなんですね。んなもんで,必要なお金の額が分からなければ,どれだけの保障が必要なのかは分からない。例えば,子どもが学齢期を過ぎても学資に相当する手当てを準備する意味はないし,数年内に相続なり遺贈なりで親の家を継ぐことが分かっているなら,備える住居費も変わってくるはず。自分の葬儀代を用意するつもりなら,必ずやってくるイベントなので,掛け捨てではなく終身にしておく必要があるかもしれない。自分がどういう生活をしているか(将来するつもりか)を把握して,必要な保障に合うように無駄なく掛けるのが効率的です。

さらにひとつ。金融商品としてのリスクを把握しておくこと。

リスクのひとつを挙げると,例えば極端な話,6000万円の保険を買ったとしても,受取時までに国内の物価が20倍に上がってしまったら,同じ6000万円でもそれは現在のお金の価値に換算して1/20(300万円相当)になってしまいます。銀行の普通預金や債権なら身離れもいいけれど,保険は簡単に解約できません(解約返戻金からして損が出る)。超長期にお金を運用するリスク(利点と欠点)について把握しておく必要があります。

一応,ソニー生命の場合は,運用実績に応じて物価や株価に連動するような保険も扱っている(これはほぼ投資信託に近い)ので,場合によってはそゆ商品も検討できるかもしれません。ただあくまでも,保険商品でこれらのリスクに備える必要があるのかは,考えなくちゃいけない。

おまけにひとつ。保険それ自体を目的にしないこと。

保険はあくまでも手当てなので,過剰な手当てを用意して,現在の収支を圧迫するのはナンセンスです。必要に対して最低限で済むようにするのがポイントかと。

聞きかじった話だけれども,そんな感じ。実際の話では,裏技的な話も聞けて面白いです(子どもが小さいうちに終身保険に入れておけば,少ない掛け金で結婚資金を準備してやれるとか)。ともあれ,なかなか難しいですね。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN