Entry

モギモギは正当派の古いマカーなのでリアクションとしては正解

2011年10月14日

いや,モギモギがマカーだとゆことは知らなかったけれども,そうだろうなとは思ってた。なんか,くだらないコダワリが山岡士郎みたいだし。

熱狂的なマカー(マックユーザー)である茂木は「(マイクロソフトの)MS-DOSもWindowsは大嫌い」と断言。続けて「これがすごい大事なポイントでコンピューティングって、アルゴリズムの優劣がコンピューティングじゃなくて、人間の脳からするとエクスペリエンス(体験)全体がコンピューティングなわけ。だから、例えばiPhoneの作り込み、これがコンピューティング。それがアップル以外の会社にはあまり理解されていないんだと思う。だからWindowsは、とにかく使っている時間に比例して嫌になっちゃうんですよ。もう耐えられない。ユーザーインターフェースの悪さから」とまくしたてた。

ジョブズ氏追悼番組で茂木健一郎が「Windows大嫌い」 元マイクロソフト副社長がマジギレ - 日刊サイゾー

元々は熱狂的な Mac ユーザを(嘲笑して)「マカー」というので,「熱狂的なマカー」という言い回しはないと思うんだけれども,近頃は市民権を得たのだろうか。

それはともかく,マカーはマイノリティであることに中二病的な誇りを持っているので,iPod/iPhone がメジャーの地位を占めた今,どう動くのだろうとひっそり見ていたりします。Windows とマカーはある意味共犯関係にあって,Windows というメジャーがあったからこそマカーが生まれたと,あたしは解釈しています。

その意味で,モギモギは正当派としてちゃんと Windows を攻撃している。これはすばらしい。もっとやれやれ!と思う。

でも,言ってることは「コンピューティング」を再定義してるだけ。よく分からない言葉を自分の主観に引き寄せて再定義することは,マーケター界隈でよくあるけれど,これはあまり頭良さそうに見えない。中二病丸出しで,これは失敗だったと思う。

おそらく,マジョリティになってしまったマカーは,今頃困惑しているはず。今後このユーザがどのように動くか。多分,Macintosh からのユーザは,iPod/iPhone から参入した新しいマカーとの差別化を図る方向に動くと見ています。もっと細分化して,「iOS5 からのヤツはこれだから……」みたいなことになるのかもしれない。いずれにしても,自分をマイノリティに置かなきゃ気が済まないといった動機はかなり強いもんがあるのだと思う。内ゲバ。

「漢字Talk の頃は……」とか「クラリスワークス良かったよなー」とか言ってる人がいたら要注意!あたしゃ高校生の頃は Macintosh ユーザで,Mac Fan も創刊号から買っていたけれど,当時の投稿欄にあった言いっぷりがそのまま今でも通用しているのに,なんだか安心してしまった。モギモギみたいな人にはいつまでも元気でいて欲しいと思う。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN