Entry

ぶら下がり取材,まあ……どっちもどっちだな,とか

2011年10月18日

なんとなくこちらから。また産経が何か勘違いしているみたいなんだけれども。

野田佳彦首相は17日、内閣記者会のインタビューで、歴代首相が続けてきた記者団による「ぶら下がり取材」について「基本的にお受けしない」と拒否することを明言した。首相自らによる説明責任や情報発信よりも、失言を避ける「安全運転」を優先した。民主党の掲げる予算編成過程などの透明化とはほど遠い後ろ向きの対応だ。

首相が「ぶら下がり」拒否を明言 グループインタビューでお茶濁す - MSN産経ニュース

アドリブ的な話を投げかけて,それに上手く応えられることについて,「芸」以上の意味があるのかといったら,あたしゃとても怪しいと思ってる。んなもんで,別にないならないでいいんでね?と思う。ぶら下がり取材のようなアドリブ取材の有無で,どう予算編成過程の透明化が関わるというのだろう。

以前も書いたけれども,この取材形態は,記者にとっては揚げ足取りの機会に過ぎないし,アドリブが得意な要人にとってはただの政権宣伝の場になっている。くだらない質問しかできない1年目記者と,それを上手く政権宣伝に利用しようとする政権側とのくねくねに付き合ってる暇は,「知る権利」を享受する国民にはない。

つくづく保身が目に余ると思う。どっちも。そして,つくづく悠長な連中だな,とも思う。どっちも。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN