Entry

Linux を UN*X と書くのはビジネス的にはいけないんだって

2012年07月03日

先日,知人との話で盛り上がったんだけれども,某所で Linux のことを UN*X と書いたところ,怒られたんだそうな。なんでも,ビジネスでそんな言葉を使うんじゃないんだとか。それじゃ Linux と書けばいいじゃないかと言ったのだけれども,どうもそこでは Linux だけの話をしていたのではなく,POSIX な環境で開発する云々といった文脈だったんだそうな。それでは,Linux と直接書くことはできない。

じゃあ,どう書けばいいのかというと,"UNIX" なんだって。個人的にはそれはそれで「えー」と思うんだけれども,これって一般的なことなんだろうか。古参の UNIX 関係者からすると,UNIX(R) の商標権問題について知らないはずはないし,個人的にも Linux を UNIX と書くのにはかなり抵抗がある。それとも,一般的にビジネスでは当たり前の話なんだろうか。

一方,UN*X という表記は,普通に使われる言葉だと思っていました。実際,Wikipedia や Wiktionary には普通に書かれている。ジャーゴンの類だと言われたらそゆ気もするけれど,それを言いだしたら UN*X 界隈の用語なんて,ジャーゴンだらけだし……。

ま,なんかめんどくさいなと思っただけ。

Trackback
Trackback URL:
Ads
About
Search This Site
Ads
Categories
Recent Entries
Log Archive
Syndicate This Site
Info.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Movable Type 3.36
Valid XHTML 1.1!
Valid CSS!
ブログタイムズ

© 2003-2012 AIAN