log

qune log: qune@はてな(2005/02 - 2005/07)

qune が「はてな」に出張所を持っていたときの過去ログ

0000-00-00

「qune@はてな」について

「qune@はてな」は,qune(http://qune.cside.com/)のネタ帳です。割と長めで割と堅めな本家と違って,本家のネタになる程膨らまなかった話や,いずれ本家のネタとしてまとめられるであろう話をつづっています。

こういうのって,わざわざ公開することもないとも思うんですけどね……。まぁ,自己顕示欲ってやつです。

2005-02-23

[ネット] NIFTY-Serve と今

『パソコン通信』とは何だったのか」(小寺信良,ITmedia

NIFTY-Serve がサービス終了ということで,あちこちで「パソコン通信」に関する話が盛り上がっている様子。NIFTY のフォーラム類似の機能は Web BBS に引き継がれた,という見方があるけれど,あたしとしては違和感もあります……。それは,小寺さんも触れている通り,

そこは匿名の世界ではあったが、礼節には厳しい社会であった。知るものと知らざるものの差は、限りなく大きかった。

という特徴に求められるんじゃないかと。たしかに,程度の差こそあれ各フォーラムに,そういう雰囲気があったわけで(←礼儀知らずでこっぴどく怒られた経験アリ),明らかに現在の Web コミュニティよりも密度が濃かったように覚えています。

もっとも,この手の話は,おっさん的な懐古談義に注意する必要がありそう。特に SNS 周りとリンクさせるのは危険な感じも……。

[Unix] MS-Linux

How to Kill Linux」(John C. Dvorak,PC Magazine

なんというか……やっぱりこういうことになっちゃうんでしょうか。身も蓋もない話だけれど,ありうるといえばありうるような。というか,Windows を使う利点ってのは,メーカー製のドライバくらいしかないんですか。

Linux と言ったら GPL なわけで,そこら辺の話はどうなんだろう,と思っていたら

I see no reason why this could not be kept outside the GPL and actually sold as a licensed product exclusive to Microsoft.

らしい。そりゃそうだけど,なんとも節操のない話。

[メディア][社会] 金平茂紀氏「ボーン・上田賞記念国際賞」受賞

ボーン・上田賞にTBSの金平氏」(アサヒ・コム

金平茂紀さんは,News23 でおなじみ TBS のアメリカ支局長です。

イラクの邦人人質事件からアメリカ大統領選にいたるまで,独自の視点で報道していました。急速に保守化するアメリカを,アメリカ内部から批判的に報道するというのは,なかなかできることじゃなかったと思います(憶測ですが)。

こういう報道が善いのか悪いのかは,人によって異なるだろうけれど,普通の在米特派員とは違うことだけは,はっきりしていましたです。受賞理由等詳細は,日本新聞協会のプレスリリースを参照。

2005-02-24

[社会][思考] 当事者意識と立証責任

http://d.hatena.ne.jp/sarutora/20050221#p1

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050223#war

「反戦」運動には,「反戦」を実行する責任がつきまといます。仮に,ある運動によってある戦争が回避されたとしても,「反戦」運動の全体は終わらない。そういう厳しい責任を誰が課しているのかというと,「反反戦」なる要因が少なからず働いていることは否めないように思います。つまり,

反・反戦の方にこそ、「すべての『反戦』をひっくるめて語っている」のではないか、という違和感を感じるのです。

ということ。

「反戦」運動には立証責任もつきまといます。上の責任を完遂できることを証明する責任も,「反戦」を唱える者に課せられるということです。「反戦とただ言うだけじゃだめ」という論者がいたり,John Lennon が「夢見人」自称したりするのは,この責任を意識的に(または無意識的に)感じ取っているからだとも思えます。

ちなみに,「反戦とただ言うだけじゃだめ」というのは,吉本隆明の『私の「戦争論」』にも出てきたりして……。曰く

──[snip]人間性というものを考えると,「戦争自体がダメだ」とはなかなかいい切れない気がしますが?

吉本 そうですね。だから,僕も「本音の本音でいっちゃうと」といういい方をしたんです。[snip]それはなぜかというと,「俺はそこまでは,ちょっと実感的になかなかいい切る器量がないよな」「声を大にしてそれをいうと,自分にはあまりできそうもないことをいっていることになるな」っていう気がするものですから。

そういうあたしは,「わけがわからず呆然と事のなりゆきを見ている人」なわけで,当事者にもなりきれていなかったりします。

[ネタ] かわいそうな名前

http://jt05.hp.infoseek.co.jp/a1/name.html

瀬詩瑠(せしる)等々は名前として認識できるけれど,純粋(ぴゅわ)とか機械(マシン)とかって,もはや名前じゃない。

ましんがこのごろちょうしわるい。ましんのましんはましんとらぶる。ましんはしょっくでましんもこわれた。

ふぅ……。

2005-02-25

[ネット] Firefox 1.01 Released

Mozilla Firefox 1.0 Release Notes

http://www.mozilla.org/products/firefox/releases/

リリースされたみたい。変更点は,

  • 安定性の改善
  • 国際化ドメイン名(International Domain Name)をピュニコード(punycode)として表示するようにした。IDN を Unicode で表示するには,"network.IDN_show_punycode" を false にすべし。
  • いくつかのセキュリティフィックス

とのこと。Mozilla は Unicode 嫌いなのかな(背景が分かってないから憶測だけど)。

セキュリティフィックスの内容は,「Known Vulnerabilities in Mozilla Products」を参照。

  • MFSA 2005-12 javascript: Livefeed bookmarks can steal private data
  • MFSA 2005-09 Browser responds to proxy auth request from non-proxy ssl server
  • MFSA 2005-08 Synthetic middle-click event can steal clipboard contents
  • MFSA 2005-07 Script-generated event can download content without prompting
  • MFSA 2005-05 Input stealing from other tabs
  • MFSA 2005-04 Secure site lock can be spoofed using view-source:
  • MFSA 2005-03 Secure site lock can be spoofed by a binary download
  • MFSA 2005-02 Opened attachments are temporarily saved world-readable
  • MFSA 2005-01 Link opened in new tab can load local file

深刻なものも含まれているようなので,お使いの向きはアップデートをば。

[ネット][書籍] ハッカーとクラッカー

情報セキュリティアドミニストレータ基本教科書』(梅津尚夫,日経BP)を読んでいたら,次のような一節が。

このようにネットワークに不正侵入し違法行為を行う人をハッカーと呼んでいる。[snip]単なるいたずらで不正をするハッカーと区別して,悪意を持って違法行為を行う人をクラッカーと呼ぶことが多い。

いたずらだとハッカー,悪意を持つとクラッカー……。「いたずら」と「悪意」ってどう違うんだろう。

オープンソースのプログラムを解析したり,自分向けに書き換えたりすることを「ハックする」ということがあるけれど,いたずらではないし悪意があるわけでもない。もちろん,違法行為や不正行為でもない。第一ハッキングそれ自体を見るなら,ネットワークにつなげる必要すらない。ということは,ネットワーク用語のハッカー(ハッキング)は独自の意味があると見るべきなのだろうか。

「ハッカーはクラッカーじゃない」みたいな政治的な議論に付き合うつもりはないけれど,「違法行為をするハッカーがクラッカー」と見る方が,すっきりしていて分かりやすい気も。

[メディア] 「今日の出来事」のほりえもんを見た

遅ればせながらみてみました。

これは酷い……。ここまで開けっぴろげに情報操作がにじみ出ている番組も少ないような。この番組を参照しているブログを見ても,視聴者の方が周辺事情をよく知っているようだし,勉強不足としか言いようがありません。

出直した方がいいんじゃないかな。

2005-02-26

[Unix] 小規模サイト管理者向けセキュリティ対策マニュアル

小規模サイト管理者向けセキュリティ対策マニュアル」(情報処理推進機構

一般的な脅威の説明から,各種環境(FreeBSD,Linux,Windows2000)で,管理者が最低限やっておくべき設定・管理方法を分かりやすく説明しています。サーバアプリケーション(Sendmail,DNS,VPN 等)の注意事項も充実。

Windows2000 の説明を見ていると,

Windows2000のインストールによって、普段使用しないようなサービスが起動し、未使用のポートアドレスが開いたままになっている場合があります。

知らなかった。お世話になってないからどうでもいいけど。

そういえば,FreeBSD って 5.3R から,起動時のサーバ立ち上げが面倒になったんですよね。今までは,${PREFIX}/etc/rc.d/ 以下に起動スクリプトを入れておくだけで良かったけれど,5.3R からは /etc/rc.conf に

apache_enable="YES"

みたいな行を加えておく必要があります。${PREFIX}/etc/rc.d/ 以下のスクリプトを直接読んで分かったんですけど,どこかに書いてあったのかな……。

2005-02-27

[ゲーム][音楽] MP3 プレーヤー用ゲームボーイエミュレータ

本家 Slashdot 経由。Rockbox というそうです。Gnuboy を MP3 プレーヤーに移植したんだそうな。

操作性がもんのすごく悪そうだけれど,それっぽく動いている模様ですね。ゲームボーイが MP3 プレーヤーになったり(参照:「プレイやん」),MP3 がゲームボーイになったり面白いですね。

MP3 の再生とゲームの再生,ハードウェア的な負荷は,どっちも同じくらいなのかな……。Rockbox の場合,エミュレータのオーバヘッドがかかるんだろうけど。

[ネット] ピュニコード

Firefox 1.01 の IDN が Punycode になったのは,フィッシング詐欺対策(URL 詐称対策)だったんですね。

Unicode に反対云々じゃなかったんだ……。Unicode 周りは,政治的・文化的にイザコザがあるようなので,勘違いしてしまいました。というか,それ以前に Punycode って Unicode + ASCII だったんですね……(←もうボロボロだ)。

Unicode は文字セット。Unicode の符号化方式は,通常 UTF-8(UTF-16)だけれど Punycode の符号化方式は ASCII 準拠(7bit)であると……。

2005-03-01

[思考][社会] 「ためらい」として反戦を語るということ

http://d.hatena.ne.jp/sarutora/20050226

あれから色々考えたんですけれど,どうにもまとまらないので,考えたところまで書き留めておきます。吉本氏の本には大した思い入れもないので,ドウゾお気遣いなく。

「反戦について語る」ことは,少なくとも直接的には,戦争に賛成したことにも,反対したことにもならないんですよね。そのためか「反戦について語る」立場は,どんな立場でも入ってしまう,なんとも便利な立場でもあったりして……。

もっとも,反反戦なる立場は,それがどのような立場から述べられる反反戦であっても,反戦活動に対するバイアスとして,たしかに機能しているように思います。これが先に言いたかったことです。

そこで,さるとらさんの「ためらいのためらい」として「反戦を語ること」ですけれど,理想をもって実践に移そうと努力することは,反戦活動に限らずどんなことをするにも必要なことじゃないのかと……。ただ,「ためらい」として反戦を語る場合,どうも理想が実践を圧倒している感はあります。この原因が,反戦(活動)自体に内在しているのか,それとも外在的な圧力が働いているのかは,よくわかりませんけど。

他方で,同じ「反戦を語ること」にしても,吉本のインタビュアーがするそれとは趣が違う感じがします。一番の違いは,当事者になっていないということ。近頃増えているのは,こっちの「語り方」みたいですね。「反戦を語ること」は,活動の当事者でなくても語れちゃうわけで,何か言いたい向きにも,何も言いたくない向きにも便利な立場のように思えます。

なんだか,さるとらさんをなぞっただけな感もありますけど,とりあえずそんな感じ。

2005-03-02

[PC] アイコン変更モジュール

ジャストシステム、一太郎/花子のアイコン変更モジュール」(PC Watch

曰く付きのマウス絵が無くなっただけで,あまり変わってません。むしろ見やすくなって分かりやすいかも。ジャストシステムは控訴中。

[社会][法律] 喧嘩と決闘

6少年、決闘容疑 ルール決め審判役も 東京・国立」(アサヒ・コム

6人もの人間が関わっているし,顔の骨を折っている人もいるようなので,立件はしないわけにはいかなそう。ただ,決闘罪というのは……(参考:「決闘罪ニ関スル件」)。6人を一度に扱うなら,傷害と現場助勢あたりでも立件できたんじゃないのかな……よくわからないけど。

記事によると,

「素手でやる。『ギブ』と言ったら終わり」

だそうで。不謹慎ながらも「ギブ」にウケてしまった……。ルールが無い普通の喧嘩と違って,「やり方」や「終了条件」が決まっているだけマシな感じもするんですけどね。

[社会][ゲーム] ゲームの審査

残虐ゲームを有害図書指定 神奈川県が全国初」(Sankei Web

どこら辺までが残虐なのか,判断が難しそうです。裏切り者のキノコや亀を踏みつぶす,イタリア人風のオッサンはセーフでしょうか。こう書くと,ある意味暴力的で動物虐待にも見えるわけですが。

話によると,

5月の県児童福祉審議会の部会で、人気が高く青少年への影響が大きいソフトを数点審査し個別に指定の是非を決めるという。

とのこと。児童福祉審議会で実際にプレーするのだろうか……。書籍やビデオと違ってゲームはいきなり全部を審査できないし,判断だけでなく方法も難しそうです。

最初は普通のマリオブラザーズだったのが,クリアするに連れてだんだんリアルになって,残虐さを増していく……なんてゲームがあったら厄介だな……。妄想ですが。

2005-03-04

[PC] 月刊 Windows Update

MS、3月の月例パッチは『なし』」(ITmedia

今月は休刊だそうです(参照:「セキュリティ情報の事前通知」(Microsoft Japan))。

[メディア] マスメディアとミドルメディア

コンテンツという『言葉』の限界」(西正,ITmedia

日本のメディア産業で重要視されなくてはいけないのは,ハード環境(通信インフラ等)ではなくソフトウェアであるとのこと。その鍵として,ミドルメディア(あるいはニッチメディア)と呼ばれるソフト産業の在り方が注目されるんだとか。

ニッチな産業が小規模な割に需要があることはたしかなわけで,マスメディアでは吸収しきれない需要を満たすといった点で,市場が開けているのかもしれません。逆に,マスメディア的なソフト(ここでは「コンテンツ」)が少なからず縮小の道を歩むことも,なんとなく予想できます。もしかすると,地上波デジタル放送や BS デジタル放送の知名度が今ひとつというのも,ここら辺の話で説明できるのかもしれません。導入しても地上波と似たような番組しかやっていない(できない)のは,容易に想像がつきますから。

そういえば,フジテレビの深夜番組で「お台場明石城」なる番組があります。若手のディレクターがゴールデン番組を狙って企画を発表するという番組です。コンテンツ作りをコンテンツにするとか,あそこまで保護された業界を群雄割拠的に演出するとか,見ているとそこはかとなく「切なさ」というか「切迫感」というか,そういうモノを感じてしまいます。番組自体はニッチだけれど,やりとりの内容は随分とマスメディア的なんだろうなぁ。

2005-03-07

[ネット][社会][著作権] Winny は CD の売り上げを下げてない?

WinnyはCDの売上を下げてない?」(スラッシュドット ジャパン)経由の「モバイル社会研:Winnyで売り上げ下がらず? 研究成果発表」。すごい孫引きですが。

Winny で違法に音楽データが流出しても,CD の売り上げに影響がないという結果が出たそうです。結果をどう捉えるか,悩ましいですね。「影響がないなら違法コピー・配布はオッケー」みたいな話にはならないんでしょうけど。

とりあえず,結果がたしかなものだとしたら,CCCD は何の役にも立たない(というか有害な)技術確定ということにはなるんでしょうかね。

2005-03-08

[ネット][思考] 消費的コンテンツ・所有的コンテンツ

“パッケージからの卒業”後のコンテンツビジネス」(神尾寿,ITmedia

Winny をはじめとした P2P ソフトが,CD の売上げに影響しないという研究結果を受けて,早くも分析がなされている模様です。

デジタル技術や通信インフラの進化により、消費者のコンテンツに対する姿勢が、「消費」と「所有」で細分化され始めていることが分かる。

この手の話題を見ていると,消費者の立場から「買ってまで聴きたくない」なる話が出るけれど,そういう側面があるのは否めないと思います。たしかに,あたしも買うまでもない音楽は大部分ラジオで済ませていますから。ラジオであっても録音して(一部)「所有」することができるけど,「消費的」コンテンツの場合「わざわざ録音しようすら思わない」というのが実際のところだったりして……。その意味で,「消費」と「所有」という分析は上手く言ったもんだ,と思ってしまいました。

一方,細分化された消費者のニーズはコンテンツの製作者にも反映するはず……。仮にそうだとすると,アーティストと呼ばれる人も,消費者の形態に応じて,「所有的(パッケージ)的アーティスト」と「消費的(使い捨て)的アーティスト」みたいに分化していくのかもしれません。あ,潜在的にはもう分化してるのか……。

[メディア][思考] 自然淘汰的メディアとしてのブログ

News23 に出ていたホリエモンを見てみました。言っていたのは,大要次のようなこと……

インターネットによる情報発信のいいところは,情報発信の双方向性(書き手と読み手が一致すること)。全体として見ると,そこでは淘汰が生じるために,いい記事はみんなが読むし,そうでない記事はマイノリティに甘んじる。現在,メディアリテラシーも相当程度育まれているために,淘汰はうまくいくはず。これによって,誤報や恣意的な報道が減ることも期待できる。

既存メディアは,この優位性を自社の経営にフィードバックすべきなのに,その動きが見られない。メディアの歴史を見てみると,かつて主要メディアであった新聞・ラジオが現在でもなくなっていない。テレビも同様に,インターネットがメディアの主流になったとしても,テレビがなくなることはない。もっとも,今のうちにテレビメディアがインターネットを取り込むことをしないと,将来企業としての競争力が失われるはずだ。

大体言っていることは飲み込めたけれど,メディアの在り方の部分(前段)について,「淘汰」に頼りすぎている感はあったかも。特に,誤報や恣意性の低い報道をスクリーニングできるという点については,かなり疑問。淘汰がうまくいけばそういうことになるだろうけれど,うまくいかないと責任の所在が曖昧な憶測が,立派な報道として飛び交うという悲惨な状況になります。

いずれにしても,淘汰に頼った報道の場合,報道の価値は書き手に限らず読み手によっても左右されうるわけで,メディアを良くするのも悪くするのも「みんな」の権限でありかつ責任であると言えそうです(そのこと自体,民主的でいいことだと評価することもできそうですが)。

淘汰した先の言論が,果たしてどのような情報媒体として成立するのか,ちょっと興味のあるところではあったりします。

2005-03-10

[ネット] Google サジェストはすごいなぁ

http://www.google.co.jp/webhp?complete=1&hl=ja

まだベータ版だけれど,「Google サジェスト」なるものを試してみました。検索したい文字列を入力するたびに,インクリメンタルサーチしてくれます。

Windows 版の Firefox(WindowsXP + Firefox + ATOK13)で試してみたところ,確定する前の入力もサジェストの対象になるみたい。日本語の場合,全部入力(確定)するまで処理されないシステムがあることから,気になっていたのでした(Emacs のインクリメンタルサーチみたいに)。検索文字列がうろ覚えのときなんかに,役に立ちそうですね。

[PC] 開発者さんのメインマシン

LinusのメインマシンはデュアルG5」(スラッシュドット ジャパン

OS は Linux みたいですが……。IA だけが Linux じゃないので,とりたてて騒ぐこともありませんね。

そういえば,ゲイツ君が,bash に MS-DOS のコマンドを alias しているという話を,聞いたことがあるような,ないような(逆だったっけ)。こっちもとりたてて騒ぐこともありませんが……。

2005-03-11

[ネタ] 負けたよ……

Subject: [FreeBSD-users-jp 83353] 負けたよ… 
From: chu-chulove@s7.dion.ne.jp<chu-chulove@s7.dion.ne.jp>
Delivered-To: 
Message-Id: <200503110224.j2B2Ob814232@castle.jp.FreeBSD.org>
MIME-Version: 1.0
Content-Transfer-Encoding: 7bit
Reply-To: <chu-chulove@s7.dion.ne.jp>
Date: Fri, 11 Mar 2005 11:24:37 +0900
X-Sequence: FreeBSD-users-jp 83353
X-Originator: chu-chulove@s7.dion.ne.jp
X-Distribute: distribute version 2.1 (Alpha) patchlevel 24e+041223

ぁたしと思ってたけどさすがに今回は負けたからもう諦めるよ。短い夢だった…

元気だせよ……。

といいつつ,spam 登録完了。

2005-03-13

[ネット] Firefox 1.01 日本語版リリース

http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/releases/

少し遅れでリリースされたようです。マイナーチェンジのはずなんだけれど,日本語版はインストールでゴタゴタすることがあるみたい。曰く,

クラッシュを防ぐため、インストーラで新しいバージョンを古い ZIP 版パッケージと同じフォルダにインストールしないでください。

とのこと。一応,大切なモノはバックアップを取っておくのがよさそうです(当たり前か)。

2005-03-14

[思考] オタクの生育条件

日本人はなぜオタクとなり得たか」(小寺信良,ITmedia

近頃 ITmedia の記事ばっかりのような……。手抜いてるわけじゃないんですけどね(コラムが面白いので,ついつい紹介しちゃうのです)。

記事は,「オタク」を「なにかのテーマに没頭して研究するタイプの人間の総称」と定義した上での話です。ちゃんと,定義してもらえるようになったんだなぁ……と,ちょっと感慨。あたしのオタク度は「ソノ道」の人と比べたら,恐しく低い(はず)ですけれど,そう思ってしまいました。

たとえばオタク的行動の原則が子供のような「興味本位」だと定義するならば、30過ぎても40過ぎても精力的にオタクの状態を維持できるのは、精神が大人へと発達する前の滑走段階が長いからだと考えることはできないだろうか。

(snip)

オタクを卒業する時は、精神的に大人の域にまで成長した時である。しかしそれにかかかる時間を圧縮することは、難しい。むしろオタクはオタクのままで、その能力とエネルギーを社会の発展のために利用していく方法論が必要となる。

この記事も含めて,あちこちの記事で見ることだけれど,「オタク」の属性として「子供」あるいは「未成熟」(ひいては「童貞」)というキーワードは,随分と自然に出てくるみたいですね。ただ,精神的に「大人」かどうかなんて,実際のところはよく分からないわけで,この言葉を使うならもう少し突込んで欲しいところです。「子供だ」とか「未成熟だ」と言われても,言われた当人は反論(検証)のしようがありませんから。

仮に「オタク」を一括りに説明できるとして,少なくとも言えると思われることは,「社会に通有している価値観とは別の場所に価値を見ている」ということ。逆に,言えるのはそれくらいじゃないでしょうか……。

あたしの場合,「社会的にあまり通用しない事柄に熱中する」→「周囲と交渉を持ちづらい(話が合わない)」→「社会性がない」→「子供・未成熟」→「童貞」みたいな解釈があるように思うんですけれど……どうなんでしょう。本来なら,「話を合わせるのが大人」ということになるんでしょうけど,溝が埋まらない程遠くの世界に強く興味を持ってしまったら,いくら「大人」でもどうしようもないんじゃないかとも……。

風が吹いたからといって桶屋が儲けるとは限らないのと同様に,他と違うことに興味を持っているからといって童貞とは限らない,といったところ。

[工作][音楽] iPod と 3.5" ATA

http://www.command-tab.com/index.php/ipod-super

壊しちゃったから作ったみたい。

アダプタを自作したようですけど,すごいと見るべきか,意味ないと見るべきか……。持って歩けないのは確かなようですが。

[メディア] そうだったのか。ほりえもん。

そういえば,ニッポン放送は横浜ベイスターズの筆頭株主だったんですね……(参考:「ニッポン放送が横浜の筆頭株主に」)。バファローズを買い損ねても,新球団を立ち上げ損ねても,タダでは起きない……レコード会社(ポニーキャニオン)までまとめて傘下に入れるとは,抜け目がありません。

よしこいっ!ほりえもんっ!

あ……ベイスターズファンなんです。あたし。

2005-03-15

[法律][著作権] GPL 違反者リスト

http://gpl-violations.org/news/20050314-cebit-letter-action.html

本家 Slashdot 経由(参照:「GPL Violators On The Prowl」)。

The list of companies includes high-profile names of the computing industry, such as Motorola, Acer, AOpen, and continues with Micronet, Buffalo and Trendware.

知ってるところがちらほらと……。今回の話にしても,随分前のエレコムルータの話にしても,GPL というと,どうしてもささくれ立った話がつきまとっちゃいますね。いや,GPL が悪いとは思いません。思わないんですけれど,何か紛争予防的なことはできないのかしらん。

2005-03-17

[Unix] 『Linux Personal Workstation』公開

スラッシュドット ジャパン経由(参照:「Linux入門書『Linux Personal Workstation』、PDFで公開」)。

http://www.lain.org/winglab/Works/book.html

Linux を使いたいけど取っかかりがつかめないって向きには,格好の教材(?)だと思います。Linux にしても他の UN*X にしても,Workstation 的な使い方を中心に説明している文書って,案外まとまってなくて散在しているんですよね。スラッシュドットでは,ちょっと厳しい意見もあるようだけれど,まとまったもんを1つ作るだけでも大変な作業のはず。OS はもちろん,分かりやすい入門書も無料で公開されているとなると,できないなんて言い訳は通用しづらくなりそうですね(無理に使う必要もないんですが)。

一方,FreeBSD の紹介を見ると,

フリーUNIX のもう一つの大きな流れです。BSD 直系と言うことで、マニアには非常に人気があるようです。

なんて文言も……。あたしが FreeBSD を使い始めた頃は,FreeBSD も Linux も同じくらいマニアなモノだったんだけどなぁ……(どうしてこうなってしまったんだろう)。

2005-03-18

[ネット] Yahoo! の Firefox 対応

Yahoo pledges full Firefox compatibility」(ZDNet

Yahoo! Messenger やアバターといった Yahoo! のサービスが Firefox に対応するみたい。個人的には,あまり Yahoo! のお世話になっていないけれど,Firefox の底上げとしては大きな意味がありそう。

2005-03-19

[プログラミング] Ruby 版 IOCCC

http://iorcc.dyndns.org/

Ruby 版の IOCCC(International Obfuscated C Code Contest)である IORCC(International Obfuscated Ruby Code Contest)が開催されている模様。

Ruby って,どうやってもきれいにしか書けない感じがするんですけどね……。受賞者の作品を見てみたいところ。

[Unix] EPSON の TrueType フォントが FreeBSD の Ports に

http://www.freshports.org/japanese/epson-ttfonts/

ついさっき Ports に入ったみたいです。Description によると,

EPSON TrueTypeFontVer.3.0

You can use these fonts if you are using following EPSON printer

(snip)

Including:

MaruGothic, FutoMaruGothicB, FutoMinchotaiB, FutoGyosyotaiB

FutoKakuGothicB, KyokasyotaiM, SeiKaisyotaiM, GyoshotaiM

とのこと……。RESTRICTED 印も付いてます。もっとも,EPSON のプリンタを使っていなくても,「事実上」利用できそうな感じが……。試してないからなんとも言えませんけど。あ!いけませんね。ちゃんと EPSON プリンタ使いましょう。

ともあれ PIPS といい TrueType といい,こういう寄与はありがたい限りです。EPSON 様々。(うちのプリンタは「兄弟」製ですけど……)。

[ネット] Yahoo! サービス続報……

Yahoo confused over Firefox」(Inquirer

先日の「Yahoo! のウェブサービスが Firefox に対応する」といったハナシ……(参照:「Yahoo pledges full Firefox compatibility」(ZDNet))

The American spokesman said the company was not yet in a position to ensure all its future products would be both Internet Explorer and Firefox compatible.

勇み足だった雰囲気が……。完全互換(full compatible)ってのは,言い過ぎだったみたい。

2005-03-21

[Unix] FreeBSD 5.4-BETA1 が出ている模様

http://lists.freebsd.org/pipermail/freebsd-stable/2005-March/013050.html

この調子でいくと,5.4R は随分と早くなる予感……。FreeBSD 5.4 Release Process によると,4月の半ばということだけれど,恐らく末か5月初旬くらいかな。まったくもって想像ですが。

2005-03-24

[ネット] Firefox 入りの thumbdrive

http://www.hscjpn.co.jp/new_article.php?ar_id=210&s=0

ハギワラシスコムから発売中です。曰く,

パソコンのUSBポートに接続するだけで簡単にデータを記録できるUSBフラッシュメモリに、インターネットブラウザとメールソフトを内蔵した新しい分野の製品

だそうです。

新しい分野かどうかは分からないけれど,こういう流布の仕方もあるんだなぁ……と感心。USB メモリに限らず,巷ではソフトを添付したサプライ製品がかなり出回っていたりするわけで,それほど珍しいことでもないのかもしれませんけど。

ともあれ,サプライメーカはローコストで付加価値を付けられるし,OSS 側も自分のソフトを広めるチャネルが増えるしで一挙両得といった感じですね。

一方,OSS のソフトは大抵「自己責任」が原則になっていたりするわけで,ハギワラシスコムがサポート体制をどう組んでいるのかについては,興味のあるところ……。Firefox の開発体制に暗いユーザは,Firefox に不具合が起きたときに,まずハギワラシスコムに申し出るでしょうから。Bugzilla への send-pr(?)代行みたいなこともやってたらすごいなぁ……(妄想ですが)。

[ネット] Firefox 1.0.2 がリリース……

http://www.mozilla.org/products/firefox/releases/1.0.2.html

言ってるそばからセキュリティホールが……(参照:「MFSA 2005-30」)。

Netscape extension 2(既に obsolete)が GIF ファイルをパースしてするときに,バッファオーバランを引き起す可能性があるみたいです。深刻な穴なのでお早めのアップデートをば……(ハギワラシスコム大丈夫か……?)。

2005-03-25

[メディア][思考] リスナーはどこいった?

中島みゆき、タモリらニッポン放送番組を降板の意向」(SANSPO.COM

ここ数年,堀江社長がどんなことをやってきたのか見てきたから,ライブドアが怪しいことは十分承知しているつもり。けれど,ニッポン放送側の対応はそれにも増してどうにも道理が立たなくてイタイ……。

ここでの一件も同じ。江本みたいなのは代わりがいくらでもいるからともかくとして,タモリや中島みゆきまでもが降板するってのは,この業界,随分「甘え」の論理が働いているんだなぁ……と。言うまでもなく,タモリや中島みゆきが出演する番組は,たくさんのリスナーを抱えているわけで,(リスナーのことを考えたら)降板するなんてなかなかできたことじゃない。まして,現段階では,経営者が変わることが(ほぼ)確実になっただけで,現実に番組の制作方針に茶々を入れられたわけでもない。たったこれだけのことで番組を放り投げてしまうのだろうか。

どっちの方向を見て番組作ってるんだと聞きたくなってしまう。今のところ,ウェブ上に公式見解は無い模様。言い分を聞いてみたいところ。

2005-03-27

[Unix] Ports tree の Frozen と Firefox 1.0.2

http://www.freebsd.org/releases/5.4R/schedule.html

激しく既出ですが……。Ports tree が凍っています。

これを機に portupgrade を掛けようと思っていたところ,気になったのが Firefox 1.0.2 が入ってるのかということ……。

cvsup した ${PORTDIR}/www/firefox/Makefile によると,

PORTNAME=       firefox
PORTVERSION=    1.0.2

よかったよかった。これで心置きなく

% portupgrade -rRa

です(←"r"・"R"オプションを知らなかった人)。

2005-03-28

[ネット][社会] お菓子でパスワード

Passwords revealed by sweet deal」(BBC NEWS

随分前に「実験している」という話は聞いたけれど,ショッキングな結果が出たようです。指紋認証対策に特殊樹脂を用意したり,腰にワイヤーを繋げて天井から降りてくるなんてことをしなくてもいいなんて,世の中案外ちょろいのかもしれません……。

記事によると,パスワードにはペットの名前がよく使われるんだそうな。そういえば,うちの家族にもペットの名前をアカウントにしていた人がいたなぁ……(※パスワードではない)。もう死んじゃったけれど「うなぎ」っていうフェレットだったんです。まぁ,どうでもいいことなんですが。

2005-03-29

[ネット][ネタ] spam いろいろ

Subject: [FreeBSD-users-jp 83754] ごめんなさい。

From: info0@mymadonna.jp

Delivered-To:

Message-ID: <864066531.1112035822320.JavaMail.root@ni-get.mymadonna.jp>

MIME-Version: 1.0

Content-Transfer-Encoding: quoted-printable

Reply-To: FreeBSD-users-jp@jp.FreeBSD.org

Date: Tue, 29 Mar 2005 03:50:22 +0900

X-Sequence: FreeBSD-users-jp 83754

X-Originator: info0@mymadonna.jp

X-Distribute: distribute version 2.1 (Alpha) patchlevel 24e+050320

>> お返事を出すにはこちら <<

(出会い系サイトの URL)

リカコさんからのメッセージです。

[タイトル]

ごめんなさい。

[メッセージ]

まずはどんな人か教えてもらえませんか?また出会い系で事件があったあとなので。私も明日にでもしたいけれど…。どこに住んでいますか?

この頃は間違いメールを装うケースが多いみたい。一見すると普通のメールなだけに bogofilterでは駆除しきれません……。

他にはこんなのも……。

Subject: [FreeBSD-users-jp 83756] 初めまして、 tota さん。

From: info0@mymadonna.jp

Delivered-To:

Message-ID: <778450792.1112038712580.JavaMail.root@ni-get.mymadonna.jp>

MIME-Version: 1.0

Content-Transfer-Encoding: quoted-printable

Reply-To: FreeBSD-users-jp@jp.FreeBSD.org

Date: Tue, 29 Mar 2005 04:38:32 +0900

X-Sequence: FreeBSD-users-jp 83756

X-Originator: info0@mymadonna.jp

X-Distribute: distribute version 2.1 (Alpha) patchlevel 24e+050320

>> お返事を出すにはこちら <<

(出会い系サイトの URL)

たかこさんからのメッセージです。

[タイトル]

初めまして、totaさん。

[メッセージ]

どこに住んでいますか?あと、何時からですか?

「どこに住んでますか」の次に「何時から」という質問も,ある意味シュールですね。どういうケースを想定したんでしょう……。

[社会] 核と娯楽

News23 で Las Vegas の Atomic Testing Museum (核実験博物館)がネタになっていたので,メモメモです。核実験のアトラクションあり,お土産には「リトルボーイ」や「ファットマン」のキーホルダーありと,日本にとってあまり愉快とは言えないアレコレが盛り沢山とのこと。

ともあれこの話,ちょっと前に Hotwired でも取り上げていたようですね(参照:「Museum Stirs Atomic Age Memories」)。記事に曰く,アトラクションは,

"It's almost like you're sitting there. That's real stuff to me,"

なんだそうで……。アメリカの人は,あのキノコ雲の下がどうなっているのか伝え聞いてさえいないようで,多くは無邪気に喜んでいるみたい。

娯楽とはいえ「伝えていくことが大切だ」と見るべきなのか,それとも「不謹慎なことを娯楽にするもんじゃない」と見るべきなのか,なんとも複雑な心境です。

2005-04-01

[Unix] X.org 6.8.2 を導入してみる

FreeBSD の Ports tree が凍ったので,ports-current に一新することにしました。ええ,安定性なんてお構いなしです。ports-current には X.org 6.8.2 が入っているので,現在不安定な X 環境をなんとかすべく,少しずついぢってみます。

懸案は,透過ウィンドウと GLX 関係のアプリケーションを同居させること。あちこち情報を探して回ったところ,Gentoo Linux の「TIP Xorg X11 and Transparency」がいい感じでまとまっているみたいです。早速実験してみます。

なお,X.org 6.8.2 のリリースノートは以下を参照。

http://www.x.org/XOrg_Press_Releases/X11R6.8.2.html

[ネタ] 疑心暗鬼

2005エイプリルフールアワード」(スラッシュドット ジャパン)経由

そういえば,今日はエイプリルフールだったんですね。なんだか Mozilla ネタがやけに目立つような……。

まとめてご覧になりたい方向けには,まとめサイトがある模様(参照:「日本インターネット エイプリル・フール協会(JIAFA)」)。去年の受賞作ですけど「Yahoo!ばぶばぶ」最高です。

2005-04-02

[ネット] 今月の脆弱性報告

Critical flaws in IE and Outlook discovered」(ZDNet

http://www.eeye.com/html/research/upcoming/20050329.html

リンクを辿るだけで感染するらしいので,実行ファイルをメールに添付していた従来型のトロイの木馬より危ないのかも。まぁ,よくある話ですけど。

次期セキュリティアップデートで Fix されるかもしれないとのこと……。

[文化][ネタ] チャケバ

若者用語で「ぶっちゃければ(ぶっちゃけ)」の意味だそうです。こういう原義もくそもかなぐり捨てたような言葉,あたしゃ嫌いじゃありません(さすがに自分では使えないけど)。

もっとも,初めて聞いたとき,てっきり鮭の漁場のことかと思いましたよ……ええ「シャケバ」(注:こういう言葉もありません)。

[Unix] NintendoDS にも Linux

http://www.dslinux.org/index.php

iPod といい GBA といい,乗せりゃいいってもんでもないような……。ともあれ,全ては ARM の恩恵といったところでしょうか。

2005-04-04

[メディア] やっぱり猫が好き2005

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/0404yapaneko/

復活していてびっくり。矢野顕子の「DAVID」もそのままで,ついつい当時の放送を思い出してしまいました。年がばれますね(そうでもないか)。

前シリーズの DVD 借りようかな。

2005-04-05

[社会][工作] 「現品限り」リターンズ

ジャンク屋『現品限り』が復活」(スラッシュドット ジャパン

いつの間にかなくなってしまった「現品限り」が復活したようです。これは嬉しい。品揃えを見てもらえれば分かるとおり,怪しい品からディスクリートの格安バルク売りまで,各種のパーツが揃っています。どうやら直販店舗も開設された模様です。

あたしもちょうど1年ほど前に PCA-6151 他を買いましたです(「PCA-6151 なるもの」(本家))。まだ全然活用していないんですが……(小ぶりの電源がね……調達できないんです)。

2005-04-06

[Unix] FreeBSD: FreeBSD 5.4 RC1 が出ている模様

http://www.freebsd.org/releases/5.4R/schedule.html

もう RC1……5.3R の時に開発周期を改めるなんて話が出ていたけれど,ここまでトントン拍子に進むとは……いつにない^h^hも増してヤル気を感じます……(←失礼ですね)。

そういえば,ここ数日これまたトントンと深刻な SA(Security Adivisory)が出ています。IA32 な方は,

あたりが問題になるのかな……。patch を当てていないようなら,5月まで待ってないで RC にアップグレードするというのもアリのなのかも。

2005-04-07

[ネット] Flash と Google

Flash開発者を不安にさせるGoogle検索の落とし穴」(CNET Japan

Flash はサイトをファイル単位で認識するから,SEO 向きじゃないんだとか。この話,Flash なサイトの開発者からすると大問題だけれど,一般ユーザからすると歓迎できます。いちいちプラグインを組み込まないと閲覧できないページを上位に置かれると,こちとらしんどいですから。

一方,記事には

ウェブサイトのメタデータへテキストをエクスポートする

なんて潜脱方法(←!)が紹介されていたりして……。余計な工数かけないで,普通に HTML で書けばいいんじゃないかと……。まったくもって部外者の意見ですけど。

2005-04-08

[ネット] はてなの市民になったらしい……

はてな市民になると,キーワードを編集できたり,評議会なるモノに参加できたりするんだそうです。

「住人」じゃなくて「市民」というところが,心持ちサワヤカでいいですよね。いや,ただそれだけなんですけど。

[Unix] FreeBSD: 5-STABLE を追い掛ける

FreeBSD 5.4 RC も出たということで,今日 RELENG_5 の最新版に cvsup してみました。これまでは,RELENG_5_3 を追っ掛けていたんですけれど,晴れて uname -a も

FreeBSD xxxx.xxxxx 5.4-STABLE FreeBSD 5.4-STABLE #2: Fri Apr  8 20:54:23 JST 2005     xxxx@xxxx.xxxxx:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC  i386

に。カーネルは GENERIC のままだったりするわけですが……(←まだ UPDATIG を読んでいないのです)。

それはそうと,5-STABLE は make world すると何故かしらコケていて困っていたんですけれど,どうやら原因は ccache だったようです。2つある C++ のコンパイラ(g++ と c++)をうまく使い分けていなかった模様。そんなわけで,/etc/make.conf の ccache 部分を以下のようにコメントアウトしたら,ビルドできました。

# ccache
#.if !defined(NOCCACHE)
#.if ${.CURDIR:M/usr/src*}
#CC=/usr/local/libexec/ccache/cc
#CXX=/usr/local/libexec/ccache/c++
#.else
#CC=cc
#CXX=c++
#.endif
#.else
#CC=/usr/bin/cc
#CXX=/usr/bin/c++
#.endif

ちなみに,コメントアウトしなくても,make する際に変数をいぢればいいんじゃないか(make CXX=g++ world みたいにする)と思ってやってみたところ,コンパイル自体はうまくいったものの,今度は ccache が作ったキャッシュが多すぎたのか make installworld の際に inode を使い果してしまいました……。中途半端にインストールが止まっちゃうもんだから,もうドキドキです。

どうやら ccache を make world で使うのは鬼門みたい。

[PC] 今月の Windows UPDATE は……

Critical Windows patch on the way」(CNET News

先月は休刊だった Windows UPDATE。今月号は来週火曜日発売……じゃなくて配布だそうです。重要なものがイッパイ。

2005-04-09

[法律][著作権] GPLv3 ネタ

憶測が憶測を呼ぶ GPLv3 ネタ。具体的な疑問がそろそろ出てきた様子です。

まだ読んでないけれど,表題にインパクトがあったのでメモメモ……。

[Unix] Debian な FreeBSD

http://www.nl.debian.org/ports/kfreebsd-gnu/

Debian が FreeBSD カーネルと GNU の userland を混ぜた distro を作っているみたいです。どうやら GNU 製品だけではなくて,Debian のパッケージシステムも入っている模様(当たり前か)。apt-get できる FreeBSD ということでしょうか。

GNU 狂信者様は FreeBSD があまりお好きではないようなので,面々のご反応がちょっと楽しみだったりして。既にチリチリと反応している方々もおられるようですが(参照:「Debian adds kernel of FreeBSD」(OSNews.com))。

2005-04-10

[Unix] FreeBSD: acroread7 で日本語表示

今のところ FreeBSD の acroread7 には jpnfont パッケージが無いので,そのままでは日本語が化けます。そこで,acroread5 の jpnfont を流用……。

# pkg_info | grep acroread
acroread-5.10_1,1   View, distribute and print PDF documents
acroread5-commfont-2002.5 Asian Font Packs for Acrobat Reader 5.0 (for common files)
acroread7-7.0.0     View, distribute and print PDF documents
ja-acroread5-jpnfont-2002.5 Asian Font Packs for Acrobat Reader 5.0 (for Japanese)
# cd /compat/linux/usr/local/Adobe/Acrobat7.0/Resource/Font/
# ln /usr/local/Acrobat5/Resource/Font/KozMinPro-Regular-Acro.otf 
# cd ../CMap/
# foreach i (/usr/local/Acrobat5/Resource/Font/*.cmap)
foreach? ln $i
foreach? end
# ln /usr/local/Acrobat5/Resource/Font/CMap.upr

みたいにするといいみたい。acroread5 も入っちゃうけれど,これはいたしかたなし……。

2005-04-12

[Unix] FreeBSD: FreeBSD 5.4 RC2 が出ている模様

http://lists.freebsd.org/pipermail/freebsd-stable/2005-April/013710.html

現段階でスケジュールには更新がないけれど,近々こちらも更新されるんじゃないでしょうか。ちなみに 5.4R は今月末にリリースされる予定です。

それにしてもハイペースですね。いちいち実況するのもアホらしくなるくらい。

[ゲーム][工作] NES でスーマリ雲を流し続けるの技

make your own nes game」(hack a day)経由

http://www.beigerecords.com/cory/21c/21c.html

CHR-ROM はそのままに PRG-ROM をいぢって遊ぼう,というハナシ。CHR-ROM と PRG-ROM が分かれている NES ならではの hack に感心。 NES のアセンブラ入門にもグッドです。

2005-04-13

[ネット][法律][著作権] 音楽著作権侵害の対抗策が日本でも本格化?

日本レコード協会、5人に賠償請求 市販楽曲を違法配信」(アサヒ・コム

背景には著作権侵害によるCDの売り上げ減があり

『WinnyはCDの売り上げに関係なし』慶應大学経済学部の田中助教授」(INTERNET Watch)あたりを踏まえると,賠償額がどの程度になるのか気になるところ。

2005-04-14

[ネット] 中国系サイトからのアクセスを拒否してみる

ipfwによるIPパケットフィルタリング

やりたくはないんですけれど,近頃,中国方面からの DoS 攻撃が増えているので,ipfw をかけることにしました。まぁ,中国発の攻撃は,今も昔も多いことには変わりないんですけどね……。

おおむね上記のやり方で遮断しているようです。

DDoS とか SYN flood とか……どうせやるなら,もうちょっと芸のあることすればいいのに……。対策するにも面倒なだけで,何も面白くない(←本気で攻撃されたらやられちゃうわけですけど)。

2005-04-16

[ネット] Firefox 1.0.3 Release

http://www.mozilla.org/products/firefox/releases/1.0.3.html

javascript に不具合があったり plugin で XSS が可能だったりといった脆弱性が fix されているそうです(参照:「Known Vulnerabilities in Mozilla」)。日本語版は

http://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/1.0.3/win32/ja-JP/

http://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/1.0.3/linux-i686/ja-JP/

あたりからもらえるみたいです。立て続けに出ちゃってるもんで困りもんですね。FreeBSD はビルドするのが大変なんだ……これが。

[ネタ] あるある探検隊ネタ

http://d.hatena.ne.jp/sonodam/20050414#p3

「あるある探検隊!あるある探検隊!」

「セッション管理はhiddenタグ!」

「ハイ!ハイ!ハイハイハイ!」

「あるある探検隊!あるある探検隊!」

「なんでこのネタ404?」

「ハイ!ハイ!ハイハイハイ!」

(snip)

「あるある探検隊!あるある探検隊!」

「赤けりゃなんでも三倍速!」

「ハイ!ハイ!ハイハイハイ!」

最高。あたしも出会い系 spam ネタで一句

「あるある探検隊!あるある探検隊!」

「おれって案外モテたんだ」

「ハイ!ハイ!ハイハイハイ!」

おそまつ。

2005-04-17

[PC][音楽] PC オーディオの構想

OSNews にパソコンで良質の音楽を再生する方法が紹介されていたので,メモメモ(参照:「How to get the best sound out of your PC」)。

この頃は,自作の PC でも充実した再生環境を整えられるようになってきたけれど,本格的なオーディオ環境としてどこまで追求できるもんなのか,(オーディオど素人のくせに)ちょっと興味があります。

自作の場合,(1)一般的なタワー型だと高級なサウンドカードを挿せる反面,爆音とノイズの対策に腐心しそう。(2)中古のノートパソコンを流用すると,爆音はないけれどカードがめっぽうショボイ。(3)EDEN なマザーボードで静音・小型のパソコンを作ると,必要以上に高価で高スペックのパソコンができてしまう。といった感じで,八方ふさがりだったりします。現実的には(2)に外部音源を取り付けるのが良いんでしょうか……。ノートパソコンなら通常 IrDA も標準で付いてくるし,ジャンクリモコンをいぢってドライバを書けば,簡単なリモコンオーディオも作れそうな感じです(←こういうことを考えている時点でオーディオの世界からかけ離れている気も)。

まぁ……音質を追求したところで,音を区別できる耳が自分にあるもんなのか,大いに疑問なんですけどね。少なくとも,シールド 220万円/4m みたいな世界が理解できないのは,たしかでしょう(参照:「ESOTERIC」)。

[社会] 中国と日本の話を外から見てみる

http://news.bbc.co.uk/1/hi/talking_point/4436425.stm

熱い議論が……。内容が熱い一方,議論はクールでかっこいいなぁ,と思いますです。

2005-04-21

[メディア][ネタ] 女性誌の成熟

いくら世の中が保守志向でも アンアン」(亀和田武,アサヒ・コム

読者が選んだ“好きな男”1位は木村拓哉。

(snip)

“嫌いな男”1位も、お約束のように5年連続の出川哲朗

ということで,このお約束っぷりが「半歩遅れで時代の後追いをする体力もうせた」雑誌になっていることを証明しているんだそうです。たしかに,12年連続1位ってのは驚異的。よほどの信者でも居座っているんでしょうか(←皮肉です,念のため)。

女性誌だって,長年やっていたらしがらみも生まれるだろうし,一定方向に偏るのは自然なことなのかもしれません。むしろ,キムタクを毎年1位で出しても固定層が付いているのはすごいこと。その意味で,anan は成熟した雑誌と言えるんじゃないでしょうか(←皮肉ですよ,念のため)。

あたしゃ,キムタクも出川哲朗もどっちも好きですけどね(皮肉ではなく)。

[ネット] Google My Search History 実験中

http://www.google.com/searchhistory/

一応,アカウントを取得して実験してみました。Google の検索履歴と,検索結果経由で訪れたサイトをインデックス化してくれるみたいです。もちろん,作ったインデックス内を検索することもできるし,間違って変なものが登録された場合は,編集して削除することもできます。

インデックスを作っておいてから,後で整理してウェブブックマークとして使う……みたいな方法が考えられますね。意識しなくてもインデックス化されるところが,他のウェブブックマークと違うところみたい。

今のところ,日付ベースでしか管理できないけれど,カテゴリ分けできたり簡単なコメントを入れられたら,もっと使えるかも。

2005-04-22

[ネット][ネタ] 葉っぱよりメールの方が馬鹿になるという話

Why texting harms your IQ」(Times Online

The noticeable drop in IQ is attributed to the constant distraction of “always on” technology when employees should be concentrating on what they are paid to do.

"always on" technology というのは上手い言い方だと思います。どこまでほんとの話だか分からないけれど,葉っぱと同様,依存性が高いところはたしかにあると思います。

「メールしない」の日を策定するのもいいのかな。

[ネット][メディア] フジテレビ・2001年時点の見解

ブロードバンドで『放送』と『通信』は融合しない」(ITmedia

たまたま見つけたもんで,メモしときます。

ほりえもんとのやりとりで,フジテレビはインターネットと既存放送メディアの融合について消極的だったけれども,以前からこんなこと言っていたんですね。

「多くのユーザーから集中して負荷のかかる“ブロードバンドVOD”よりも,各家庭にep端末のようなVODサーバを置く“ホームサーバ”が番組視聴の主役となる」(上瀬氏)。

ep というのが,なんとも切ない……(参照:「イーピー」(Wikipedia))。

2005-04-24

[ネット][社会] ブログと言論の自由

ブログで言論の自由は認められるべきか――米Hostwayが調査」(ITmedia

どうも調査の中身がよく分からないので原文をあたってみました。以下がそれのようです。

ブログは表現の「形式」であって,「表現そのもの」や「表現する主体」に対しては中性だと思うんですけどね。例えば,神奈川新聞のブログ(参照:「カナロコ ローカルニュース」)なんかはブログの形式を取っているものの,「ブログだから云々」といった具合に形式的に当てはめることはできないんじゃないでしょうか(揚げ足取りっぽいけれど)。

結局,議論の焦点はブログそのものにあるわけではなくて,「言論の能力を物理的に身につけた一般市民が,他の利益(プライバシー等々)とどう折り合いを付けるのか」みたいなところに還元されるような気も……。その意味で,この調査はちょっと木目が粗いような気も……。

2005-04-25

[ネタ] Opera で泳ぐ

http://www.opera.com/swim/

Opera 8 の100万ダウンロードを達成したらノルウェー・アメリカ間を泳いで渡ると言っていた,CEO の Jon S. von Tetzchner さん,どうやら本当に泳ぐみたいです。URL がなんとも……。

達成するしないの如何に関わらず,「泳がない」なんてしょっぱいことは言わないと思ったけれど,さすがですね(拍手)。ここまでしての CEO ですね(また拍手)。

"Look at me! I'm floating! I'm floating!"

だいじょうぶかぁー……??

2005-04-26

[Unix] PC-BSD

http://www.pcbsd.org/

新しい *BSD distro だと思ったら,FreeBSD のガワだけを取り替えたものみたいです。狙い(vision)を拾ってみると

  • The software must be easy to install.
  • The operating system must be minimalist.
  • Software must be available, and easily installed.
  • The system must be dynamic, yet backwards compatible.

ということなんだそうで……。

Unix を使ってみたいけれど,Linux の distro みたいにアレコレ付いてくるのはイヤ,でも *BSD みたいにインストールや設定が面倒臭いのもイヤって向きには歓迎されるかも。こういう要望って,ML や他のサイトでも時々聞かれるし,案外需要はあるんじゃないでしょうか……。

2005-04-28

[ネット] 分散型 SNS ですって!

分散型SNSソフトウェア「Affelio」、初期ベータを公開。」(スラッシュドット ジャパン)経由

  • Affelio - http://affelio.jp/

分散型だっていうから,脊髄反射で P2P だと思ったけれど,どうもそうではないんですね。認証機構を強化したウェブサービスといった感じでしょうか(これも違うか?)。

一方,巷には,本格的に分散型(P2P)の匿名掲示板や blog システムもいくつか出ているみたいです。

新月は FreeBSD ネイティヴの API があるみたいなので,近々試してみようと思います。

そろそろ,「〜 over Peer-to-Peer」が大流行の予感(話が逸れてしまった……)。

2005-05-01

[社会] 大人の科学力

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20050501i401.htm

日本の正答率は54%だそうです。結果を見る限り,「地球のまわりを太陽がまわっている」と信じる子供がいても不思議じゃないかも。

あたしは……(3)を間違えました……orz。それを言うなら,

我々が呼吸に使う酸素は植物が作った

あるいは

植物は我々が呼吸に使う酸素を合成する

じゃないでしょうか……。「植物から」を「植物を原料にして」みたいに読んじゃいました。

ええ,負け惜しみですとも。

[メディア] NHK 受信料不払いのもう少し先

NHKの受信料制度についての1つの考え方」(西正,ITmedia

不払いの割合が戻らないとすると,完全有料化の動きは止められないのかも。

そういえば BBC も,この前のイラク戦争報道でゴタゴタしてましたね。NHK と BBC を直接比較できるのかは分からないけれど,BBC の受信料制度が,強制力を伴なう強力な制度でも維持できているのは,公共放送に関する議論が比較的成熟していることもあるみたい(参照:「究極の目標とは・・・」(小林恭子の英国メディア・ウオッチ))。

いずれにしても,メディアの生き残りを考える上で,視聴者の信頼を考えることは,どんな形を取るにせよ大切なことだと思いますです。体のいい結論だけど。

[ネタ] 恐らく日本で一番長いであろう回文

http://textkane.at.infoseek.co.jp/convention3kouho11.htm

頑張って解釈すれば,意味が通じます。中身もアレゲでいい感じ。

トラップ!悔し、命縮む。死にかけたシ−フだけが斧も盗った。悔し涙。一喝。

あたりがなんとも……。命が縮むようなトラップにかかりつつも,シーフは斧とったんですね,さすがです……。死にかけてますが。

意味がわかる回文を作るのって,短いものでも難しいですよね。「烏賊は貝?」とか「柿は木か?」とか……見りゃわかるじゃん!

2005-05-03

[Unix] FreeBSD: FreeBSD 5.4 RC4 が出ている模様

http://lists.freebsd.org/pipermail/freebsd-stable/2005-May/014425.html

RELENG_5_4_0_RELEASE までもうすぐです。RC3 が出てたんですね……(←知らなかった)

2005-05-04

[Unix] FreeBSD: NVIDIA ドライバがアップデートしている模様

http://www.nvidia.com/object/freebsd_1.0-7174.html

変更点は,

  • Supports FreeBSD 5-STABLE (5.3-RELEASE or later)
  • Added support for the latest NVIDIA GPUs, including the GeForce 6600 and 6200 with TurboCache(TM)
  • Added support for the KSE threading libraries.

といったところ……。

ここら辺の話ってあまり分かってないんですけれど,daemon news の記事(下記参照)によると,大きなところは KSE スレッドライブラリをサポートしたところみたいです。xcompmgr と GLX の相性も,これで改善されるのかしらん。

http://bsdnews.com/view_story.php3?story_id=4944

現時点で,Ports にはまだ入っていないようです。

2005-05-05

[ゲーム] PSP の UMD がクラックされた模様

http://www.engadget.com/entry/1234000713042341/

まだ UMD のデータを dump できるようになっただけみたいです。それにしても,

UMD discs use the standard ISO9669 format, so the released ISOs can be burned to regular CDs or DVDs.

だったとは……。

超高速イタチゴッコ……。

2005-05-06

[Unix] BSD 検定

http://www.bsdcertification.com/

おおおっ!

LPIC に対抗してか,BSD にも検定試験ができたみたいです。今のところ,FreeBSD ユーザ向けの CFBU(Certified FreeBSD User)ができたばかりで,秋口に FreeBSD 管理者向けの CFBA ができるようです。まぁ……持っててもネタにしかならないんでしょうけど。

CFBU のサンプル問題は以下を参照。

http://www.bsdcertification.com/sampleq.php

その中から和訳して1題……。誤訳してたらごめんなさい。

ports コレクションの機能は何でしょう?

  • a. HTTP や他の TCP ポートを有効にする作業を支援する機能
  • b. サードパーティー製パッケージのダウンロード・コンパイル・インストールを自動化する機能
  • c. ハッカーからのアクセスを防止するために,ブロックすべき common ports のリストを提供する機能
  • d. Linux 向けに書かれたプログラムを自動的に BSD に移植する機能

common ports ってのがよく分からなかったんですけれど,いわゆる well-known ports をはじめとした有名な TCP port のこと(1024番以下に限らない)だと思います。よく使う言葉なのかな……。

c の機能に興味津々……。

2005-05-07

[ネタ] 「犬を飼うってステキです−か?」

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/eisei/d_suteki/suindex.html

この頃ちょっと話題になっているようです。少し大きめの動物を飼ったことのある向きには,感じるところがあるはず。

特に,pp42-43 が「どくばり」並にツボをつくもので,ホロリときてしまいました(回想シーンに弱いのです)。まぁ,うちで飼っていたのは「いたち(フェレット)」でしたから,傍から見たら滑稽に映るんでしょうけど。

2005-05-09

[ネタ] 自分の才能を測ってもらおう

「あなたの才能引き出します」
http://www002.upp.so-net.ne.jp/takaoka/ability.htm

あなたには人並みはずれた芸術性があります

あなたの潜在芸術能力

91

ヨイショしてもらって気分はよかったりして。もっとも,ほかの人の結果をみると,みんなヨイショしてもらっているみたいです。あ,そこに意味があるのか。

続きまして……

「キレ者度チェック!〜21世紀を生き抜くために〜」
http://www002.upp.so-net.ne.jp/takaoka/home1.htm

頭の回転速度 80km/h

あなたの頭の回転速度は高速道路並です。

かなり速いといえるでしょう。

大きな野望を持っているあなた、

夢で終わらせてしまうのはもったいないですよ。

さらに続きまして……

「あなたの特殊能力教えます。」
http://www002.upp.so-net.ne.jp/takaoka/home4.htm

あなたの特殊能力

体最小化

どこまで信じてよいのやら……。

[漫画][ネタ] ハウルネタ

「こんなハウルは嫌だ」(SoaR
http://www005.upp.so-net.ne.jp/doraneko-21/gallery/parody/howl/howl.htm

やっぱりラピュタだと思う人はいたんだなぁ,と。

「SLAM DUNK風アンパンマン」も笑えました。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/doraneko-21/gallery/parody/dunk.htm

[ネット] Firefox 1.0.3 に脆弱性

「Mozilla Firefox1.0.3に最高レベルの脆弱性」
http://slashdot.jp/article.pl?sid=05/05/09/0327254&topic=51

今のところは Javascript を無効にするしか手立てがないようです。またコンパイル……。

FreeBSD も SA が立て続けに出ているようだし,落ち着いてから当てるのがいいのかな(←貧乏根性)。

2005-05-10

[PC] 1チップ MSX 遂に販売

「1チップMSX ついに製品化」(スラッシュドット ジャパン
http://slashdot.jp/article.pl?sid=05/05/10/042208&topic=38

昨年頃からささやかれていた1チップ MSX が遂に登場。FPGA で作ったんだそうです。すごいなぁ……。

もっとも,この頃の中古ソフト屋さんには MSX のソフトはあまり置いていないし,当時と比べたらできることが限られてしまうのかも。8bit CPU をいぢってみたい向きや,簡単なおもちゃプログラムで遊びたい向きには都合がいいけれど,いかんせん MSX1 で19800円はちょっと高い……。

あたしは,人柱さんたちの活用ぶりをみて検討してみます(……「限定」だと熟考の余地はないのだろうか……)。

ちなみに,頑張って自前で作っている方もおられるようです。

「似非MSXシステム」
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/tujikawa/esepld/esemsx.html

[Unix] FreeBSD: FreeBSD 5.4 Release

http://www.freebsd.org/releases/5.4R/announce.html

パッチ当てしかり,もうすぐ出ると言われている 6.0R しかり,移行のタイミングで二の足を踏んでいます。4-stable 時代が長かったためか,時間の感覚がちょっと狂いぎみ……。

もちろん,めでてぇことにはちげぇねぃわけですが。

2005-05-11

[社会] マスコミの立ち位置

「【社会部発】「罵倒だけ…恥ずかしい」 「客観報道」へ自戒」(Sankei Web
http://www.sankei.co.jp/news/050507/morning/07na1003.htm

少し前の記事ですけれど,JR 西日本の記者会見が,感情的な非難ばかりで取材としての体をなしていないといった話。

今度の事故は本当に悲惨だっただけに,怒りの矛先をどこかに向けなくちゃ気がすまないというのも,「普通の人」ならある意味健全な感情だと思います。最前線でむごい現場を見ているなら,なおさら……。

ただ,「客観報道」云々が本当にあるのかはおいておくとしても,報道が自分の立ち位置を決めておくことは,それなりに重要なんだと思います。その意味で,会見場の(一部)記者はジャーナリストじゃなくて「普通の人」になっていたような気も……。会見場が JR のオエライ方を凹ませる場として設けられていて,記者がその prosecutor として選ばれているならともかく,あそこはそういう場所(だけ)じゃありませんから。

今後,同じような事故を防ぐために(あるいは被害者を救済するために)伝えておくべきことは,他にももっとあるはずです。

もっとも,そうやって批判している自分も,怒りの矛先をマスコミに向けているだけなのかもしれませんけど……。

【追記】
「脱線事故会見巡る不適切発言でおわび…読売・大阪本社」(YOMIURI ON-LINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050513ic01.htm

謝罪記事が出ているそうです。某サイトでは記者の本名が出ちゃっているみたいだけれど,そこまでする必要はあるんでしょうか。

[ログ] 「qune@はてな」改装終了

とりあえず改装終了しました。

元のデザイン(Wall1)もなかなかで,何が不満ってわけでもなかったんですけれど,サイドバーが冗長なのをスッキリさせようと思ったら,結局全部いぢることになってしまいました……(トホホ)。一からデザインを考えるのも面倒だったので,本家のをパクって色味だけを変えてあります。

CSS が理解できるブラウザなら問題なく読めると思うけれども,CSS3 に対応しているともう少し幸せになれると思います。

まだ読みづらいところがあるかもしれないので,気付き次第ぼちぼち直していくつもり。

【追記】
はてなダイアリーが「ブログモード」に対応したということで(参照:「はてなダイアリーのバージョンアップについて」(はてなダイアリー日記)),ついでに移行してみました。移行したらコメントがぐちゃぐちゃに……。ええ,これは自分が悪いんですけどね(なんとか直せないものだろうか)。まぁ,これから気を付ければいいことです(←前向き)。

2005-05-12

[ネット] Firefox 1.0.4 Release

http://www.mozilla.org/products/firefox/releases/1.0.4.html

とりあえず英語版(en-US)とフランス語版(fr-FR)が出ているみたい。最近の Firefox ならアップデートを検知してくれます。確実を期すなら FTP サイトから直接ひっぱってくるのもいいかもしれません。日本語版は,

ftp://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/1.0.4/

からだとれるはずだけれど,今のところ ja-JP なディレクトリは作られていないようですね。もう少し待つ必要がありそうです。日本語版の進行状況は以下を参照するのがいいのかな……(作業している皆様,おつかれさまです)。

http://moz.skillup.jp/jlp/viewtopic.php?p=3391#3391

重大なセキュリティホールなので,お早めの手当てをば。

[社会][ネタ] 薄毛迷惑

「資生堂:HPに『薄毛は子孫も迷惑』 抗議殺到、おわび」(Mainichi INTERACTIVE
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050512k0000e020074000c.html

あたしは今のところ毛に悩んでいませんけど,過去の事例(親戚)を見る限り,ままならないものがあります。資生堂のウェブページ,現在薄毛に悩んでいる人はもちろん,将来の薄毛におののいている人もドキッときたんじゃないでしょうか。

遂には,とどめの一撃とばかりに,

薄毛の悩みの有無を役職別にまとめたページのタイトルは「薄毛の人は部長止まり?」。

……。

このままでは,薄毛による昇進差別(薄毛差別)が公然と行なわれるかもしれません。ここはひとつ,薄毛連盟共同戦線(仮)を立ち上げて,薄毛の市民権を……(以下略)

2005-05-13

[ネット][社会] 日本版 OCW が発足

「JAPAN OCW ALLIANCE Home Page」
http://www.jocw.jp/

数年前に MIT が開設して話題になった OCW(Open Course Ware)が,日本の6大学でも実施されるようです。OCW は,大学がシラバスや教材・講義ノート等々をインターネット上に公開するというもの。単位や学位は認定しないそうです。

科目をざっと見る限り,理科系学科の講義が主流のようですね。自己研鑽にいかがでしょうか。

関連記事があったのでついでにメモ。

記事によると,著作権等々の問題でまだまだ途上といったところみたい。講義内容を公開するとなると,いろいろな側面で大学間の競争も高まりそうだし,これからの大学の在り方も少しずつ変わっていきそうな感じです。

2005-05-14

[思考] 「ます」と「でしょう」

本家に「ですます」の話を書いていて「はてな」を見ていたところ,似たような話題があったのでちょっと調べてみました(参照:「言葉遣いについて...」)。質問は次のようなもの。

言葉遣いについてお聞きします。「○○さんはいらっしゃいますでしょうか」「〜はありますでしょうか」という言葉遣い。「〜ます」のあとに「でしょう」を付けるのは文法的に間違っていると思うんですが、皆さんはどうですか?

単語に分けると「ます・でしょ・う」だから,「ます」と「です」がくっつくのかってことですよね。言われてみると,どっちも丁寧語だからくどい感じもします。たまに自分も「ますです」なんて言うことがあるけれど,話をはぐらかすときにわざとバカ丁寧にするのに使っていたりします。

ともあれ,正しいのかそうでないかは文法的な根拠が必要ですよね。「です」を辞書でひいてみると(安易にウェブの辞書ですが),こんなふうに書いてあります。

です

(助動)(でしよ・でし・です/です・〇・〇)

丁寧の意をもつ断定の助動詞。名詞、ある種の助詞、および体言に準ずるものに接続する。動詞および動詞型活用の助動詞には、連体形に助詞「の」の付いたものに接続するが、形容詞および形容詞型活用の助動詞には、その終止形に付く。もっとも、未然形「でしょ(う)」に限っては、動詞および動詞型活用の助動詞の終止形にも付く。また、形容動詞および形容動詞型活用の助動詞には、その語幹に接続する。

これによると,「です」は体言とある種の助詞にくっつくのが原則だそうです。「今日のおかずは肉じゃがです」「今日の成功は過去の努力があったればこそです」(←長いな)あたりが例になるのかな。動詞と動詞型助動詞の例(連体形+「の」+「です」)は,「彼女は私の顔を見ると笑うのです」「息子が遊園地に行きたがるのです」あたり。

次に,形容詞と形容詞型助動詞(終止形)の例は,「桜が美しいです」「明日こそは掃除したいです」。動詞と動詞型助動詞(終止形)は「でしょ(う)」にだけくっつくんだそうで,例としては,「彼はきっと来るでしょう」「こんなにたくさん食べられるでしょうか」といったところになるんだと思います。

さらに,形容動詞と形容動詞型助動詞は,語幹にくっつくんだそうです。「今日の夕焼けはきれいですね」とか「彼は松井と握手したそうですよ」みたいな例が挙げられるのかな。

それじゃ「ます」はどうかというと,「ます」は助動詞で活用は「特殊型」なるものみたいだから,「ます」と「です」はどうやってもくっつかない気がします。そうすると,正しくは,

○○さんはいらっしゃいますか
(○○さんはご在宅(在社)ですか)

「う」を付けるなら,

○○さんはいらっしゃいましょうか
○○さんはいらっしゃるでしょうか

といった具合にどちらか一方を使うんじゃないでしょうか。こういう「ましょうか」は,あたしゃ使いませんけど。

もっとも,「ますです」はあまり言わないものの,「ますでしょうか」をよく聞くところをみると,もしかすると動詞・動詞型助動詞(終止形)の用例を引きずって,「です」とくっつけるのもアリなのかもしれません。よく分かりませんけど。

国文法は門外漢なのに,随分考えてしまいました。いやはや。

[社会][ネタ] 郵政改革ブラジャー

「トリンプ 『郵政想定外ブラ 』」
http://www.triumphjapan.com/triumph/release/050509_main.html

ある意味勝負下着。負けたら解散・総選挙。

[ゲーム] わたしのファミカセ展

「わたしのファミカセ展」
http://www2.odn.ne.jp/aau07300/famiten/

18禁ファミコンカセット「どきどき らぶ☆てすたぁ」がなかなか。

【裏技】(snip)☆13日の金曜日,湖畔に行くと隠しシナリオ「血塗れのアイツがやってきた」が遊べるようになるぞ!

もうわけわかりましぇん。

2005-05-15

[思考][ネタ] アンガールズのおもしろさを説明すること

あのですね。アンガールズはうまくあたしの笑いツボにはまるんですね。ここしばらくお笑いブームの再来なんて言われていて,テレビには芸人さんがたくさん出演しているけれども,アンガールズはその中で頭一つどころか身体一つ抜け出している感じです(あの身体だから相当の差です)。このおもしろさをどうやったら説明できるんだろう。

そう思って,すでにアンガールズについて話しているサイトをいくつか覗いてみました。大きく分けると,一つは,いわゆる「キモかわ」なキャラクターがおもしろいというモノ,そしてもう一つがネタのシュールさがおもしろいというモノがあるようです。説明のしかたはそれぞれですけれど,大体この二系統に分かれます。

あたしゃ,「キモかわ」なるおもしろさはあまり理解できなくて,エスパー伊東やら江頭2:50と同じ類なのかなぁ……くらいしか感じられません(それと比べても特徴的ですが)。どちらかというとネタ志向です。

それじゃ「ネタのどこが面白いのか」と聞かれると困っちゃうんですけれど,ちょっとだけ感じるのは,あの「ジャンガジャンガ……」のキメですね。あの役割は思っているよりも大きいと思います。笑いどころを教えるのと同時に,あまりにも微妙でシュールで分かりにくい笑いどころを増幅する増幅器みたいな役割を持っているような気も……。「ジャンガジャンガ……」の最中に,ネタがリプレイされて笑いどころが虫眼鏡で拡大表示されていく感じです。

計算してやってるんだったらすごいなぁ,と思ったりして。時流に流されているだけなのかなぁ……。

[ネット][思考] ネット社会の土台

「【経済】『ブログ』の中のうじ虫」(阿部重夫,asahi.com:be-buisiness
http://www.be.asahi.com/20020511/W12/0040.html

3年前のブログ評です。ちょっと前に話題になったようですね(参照:「ブログのパワーとは何なのか:幻獣リヴァイアサンvsうじ虫」(カトラー:katolerのマーケティング言論))。「『ブログ』の中のうじ虫」となかば貶めた言い回しは挑発的だけれども含蓄があります。

近代経済社会を構成する「個人」と「法人」を前提とした同心円は、私語のブラックホールを埋められない

ネット社会を構成する単位が個人にシフトすると,そこにあるものはまさに「うじ虫」のようにうごめく生の社会ということになりそうです。「共生」を模索する土台が,2005年になってやっとこさ本格的に固まってきた感じ。

2005-05-16

[工作] VS1011 のデータシートをつらつらと読む

http://www.vlsi.fi/vs1011/vs1011.shtml

MP3 プレーヤーでも作ってやろうかと,VS1011 のデータシートをつらつら読んでいます。価格もお手ごろ,AVR からでも楽々制御できると聞いたら,ちょっと食指が動きます。中途半端なディスプレイを付けなければ,うんと安く済みそうです。いや,価格がネックなわけじゃないんですけどね。

VS1011 というと,以前から以下の製作例が気になっています。この例はかなり本格的で,自作でできる範囲では究極系ですね。

「超小型MP3プレーヤー [ Timpy ]」
http://www.chiaki.cc/Timpy/rev30.html

ともあれ,具体的な構想を練る前に仕様だけでも押さえておこうと思います。データシート読むだけで終わりそうな予感もするんですが。

[漫画] 『PLUTO』の原作

PLUTO』が面白かったので,原作(「地上最大のロボット」『鉄腕アトム』)にあたろうと思ったんですけど,Amazon でも bk1 でも品薄みたいですね。

手塚全集の中でこの商品を除くほとんどが在庫にあるのを見ると,『PLUTO』効果が効いているのかもしれません。

2005-05-17

[プログラミング][ネタ] Python Challenge をいまだに頑張っているとです

http://www.pythonchallenge.com/

aian です……。

少し前に /.J で話題になった Python Challenge をいまだに頑張っているとです……。

Python は触ったことがなくて,Level4 まで Ruby で解いていました(←意味がない)。Level5 までは解けたものの,Level6 で死んでいます。Python の文法やモジュール以前に,言ってる意味が分かりません……。z**** ってなんですか……意味が分からんとです……。

解けたときの爽快感があまりないのが難だったりしますね。

[ネット] IBM のブログ方針

「IBM、社員のBlog利用に関する注意事項を掲載」(ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0505/17/news012.html

「某有名企業の某元社員のようなことにならないためにBlogをどう利用すべきかについて、IBM社員の指針となる基本原則を設定した」

きつい皮肉が入っているような気も……。ともあれ,社員のブログに対して積極的に自社の箔を付けるというのは,ある意味逆転の発想なのかもしれません。社員も予期しない解雇通知におびえる必要はなくなるんでしょうね。

一方,原文には,

Snell said IBMers should avoid some of the more common practices of blogging, including hiding behind anonymity.

なんて文言も。公明正大,さわやかブロギング!

2005-05-18

[ネタ] 「秋葉原」って「萎え」ですか?

「“アキバ”に萌えて、“秋葉原”で萎える」(岩城俊介,ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0505/17/news126.html

「アキバ」と「秋葉原」は想像するモノに違いがあるという話。

個人的には「アキバ∈秋葉原」なのが,慣れるにつれて「アキバ=秋葉原」に近づいていく感じです。

もっとも,両者にはどうしても一致することのない点があります(もちろん個人的に)。挙げてみると,秋月電子通商千石電商は「秋葉原」だけど,とらのあなは「アキバ」。あきばおーはもちろん「アキバ」,電子工房の店は「秋葉原」,じゃんがらは……うーん……「アキバ」……。熱く語ることでもないんですが。

「秋葉原」の響きは,「アキバ」よりも得体の知れない基板や部品の匂いを感じるので,むしろ興味をそそります。だた,もっと興味をそそるのが,記事中の「アキバユーザー」なる言葉。興味というか,ただならぬモノを感じます。

[ネタ] とあるかぞくのブログ

「これは とある かぞくが のこした blog で ある。」
http://garbage.web.infoseek.co.jp/pcp/honbun/blog/top_flameset_top.html

心臓か心のどちらかに心配のある方はやめておきましょう。

ブログブームなんてのが現れて久しいけれど,「私生活を切り売りする」というのはこういうことなんだという,強烈なブラックジョークです。ジョークにとどまってもらえればいいんですが。

なんとなく時代を感じさせるエントリがあったり,カウンタやコメント数がすごいことになっていたりと,微妙なところに気を払っていて芸を感じます。2019年にブログはなくなっていると思うけど……。

[ログ] qune 本家改装中

「qune@はてな」を改装したら,「母屋でおかゆ・離れですきやき」みたいな事態になってしまいました。本家がちょっとお粗末になっているので,CSS やテンプレートを見直します。また,Movable Type 3.16 もそろそろリリースされるようですし,楽に移行できるようにダイナミック・パブリッシングにも挑戦してみます。

改装中,表示が乱れたりアクセスできなかったりすることがあるかもしれません。ご了承ください。

2005-05-19

[思考][ネット] 「ラジカルな保守」と /. のモデレーション

「ラジカルな保守という態度について III」(白田秀彰,Hotwired Japan
http://hotwired.goo.ne.jp/original/shirata/050412/

『インターネットの法と慣習』を興味深く読んでいるんですけれど,以下の部分で首を傾げてしまいました。いや,議論をふっかけるとかいう以前に,言っていることが理解できなかったんです。

法律家(含む立法者)は、閉じた上位体系としての法律を学ぶだけでは、社会制御の目的を達することはできなくなる。法律を運用するのと同じ程度に、基本構造の設計、実装、運用ができなければならないはず。

ただ,この頃になって考えてみると,この話,スラッシュドットなんかにあるモデレーションまわりの話に似ているように思えてきました(参照:「コメントとモデレーション」(スラッシュドット ジャパン))。もちろん,モデレーションシステムは単一のウェブサイトの話だし,サイトの目的も比較的単純なモノだから,ここでの話とは規模が違います。けれど,違うのは規模くらいで,方向性としてはおおむね同じ方向を向いているんじゃないでしょうか。

モデレーションシステムに関する議論は,サイトを目的の方向に進めるための基本構造を議論しているわけで,まさしくサイトの統治を実践しているといえそうです。もしそうだとすると,規模の大きなネット社会を扱うには,相当程度の専門性がないとできないのかもしれません。

まぁ……ちょっと思いついただけの話なんですけどね。

[ブログ] 小さいボタンがどこにあったか思い出す

ブログサイトによく貼ってある小さいボタンが,どこで提供されているか忘れてしまいました。80x15 のこういうのです。

80x15のボタン

本家を改装中で必要になったんです。

さんざっぱら探し回って,それっぽいところを発見。また忘れることがないようにメモしておきます。

こんなところにメモしないで,ブックマークしとけばいい気もするんですが……。

2005-05-21

[ログ] 100の質問に答えてみました

http://d.hatena.ne.jp/aian/about

「プロフィール」欄を埋めるべく,3日がかりで書きました……。やれやれ。

2005-05-22

[ブログ] Emacs で MT のテンプレートを使う

あまり使われていないけれど便利な Emacs の機能に Ange-FTP というもんがあります。これは,FTP を使ってリモートサーバにあるファイルをローカルファイルのように扱える機能です。

例えば,サーバ ftp.example.com 上に user のアカウントがあるとします。このとき,サーバ上の ~/foo.txt を Emacs から編集するには,\C-x\C-f(ファイルを開く)と叩いて現われるミニバッファに,次のように入力します。

Find file: /user@ftp.example.com:

パスワードを求められるので,入力したらログインできます。あとはいつものように ~/foo.txt を探してリターンキーを叩けばファイルを開けます。path の補完がきくのがうれしいところですね。編集や保存もローカルファイルと同様です。

さて,これを Movable Type のテンプレートを編集するのに使うと,かなりの作業が楽になります。フォームから CSS やらテンプレートを入力するのと違って,おなじみの CSS-mode や HTML-mode の類が使い放題になります。直接編集する(ように見える)から,いったんダウンロードしてアップロードしなおす必要もありません。なお,テンプレートをファイルに書き出すには,MT のテンプレート画面にある「このテンプレートにリンクするファイル」を正しく書いておく必要があります。

難儀なのは,リンクしたテンプレートファイルを編集しても,直接 MT のテンプレートに反映されるわけじゃないということです。テンプレートの設定画面から保存しなおして,MT のデータベースに登録する必要があるんです。なかなか一筋縄にはいかないんですけれど,それでも Emacs 使いにとっては,使いなれたメジャーモードを使える利点はあるんじゃないでしょうか。

[書籍][ネット] 『ハッカーの教科書―完全版』を立ち読みする

ひさかたぶりに本屋に立ち寄ったら,『ハッカーの教科書―完全版』なる本を発見。ちょっと立ち読みしてみました。立ち読みですませたのは,単純に高いから(6090円)。普段は内容との兼ね合いで高いか安いか決めるけれど,パソコン本で6090円は絶対的に高いのです(くぅっ)。

ともあれ,これだけ高い本になるということは,内容にお金をかけているか装丁にお金をかけているかのどちらかです。本書の場合は,装丁にお金をかけているような気も……。立派なハードカバーで,小脇に抱えて歩けば,どこぞの学生さんと間違われることうけあいです(嘘)。

肝心の内容はというと,ちょっと悪びれたネットワークの本といった感じ。ネットワークの本というよりは,ネットワークツールの使い方を説明した本という方が正しいのかな……。与えられたツールを使ってばかりのハッカーというのも,おもしろいわけですが。

こういう本って,この頃は流行らないと思っていたんですけれど,まだあるんですね。

2005-05-23

[ネタ] 「ギャル=オタク」説

「『Blogが全てだった』――20歳ガングロ社長の“ギャル革命”(4/4)」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0505/23/news061_4.html

ITmedia にあった「ギャルの革命」の話に,「ギャル=オタク」説なる考え方が。おもしろかったのでメモ。

オタクはもともと少数派でニッチな趣味をもつ人たちだったから,自称する時はなかば自虐的な含みがあったりします。一方,ギャルはというと,どちらかというとブームを作る側の人たちで,マジョリティに属していると思っていたんですけれど……「ギャル」を自称する時にも自虐的なところがあるんでしょうか。

私はオタク、好きですよ。返答が予想外で面白いから。ギャルも結構ゲーム好きで、ひきこもってゲームするんで。高校にいたオタクに、攻略法教えてもらったりしました。向こうには嫌われちゃってたりするかもしれないけど、無理やり仲良くしてた(笑)

オタクにギャルが嫌われるのは,オタクのマジョリティに対する劣等感が原因な気も。引用した箇所が,そのままオタクに嫌われる原因だったりして。

2005-05-24

[ブログ][思考] 「メタブログ」という言葉があったんだ……

ブログのことについてブログすることを「メタブログ」というんだそうです。以前からブログにはそういう傾向があるとは思っていたけれど,これを指す言葉がもうあったんですね。随分前に生まれた言葉みたいなので,単にあたしがモノ知らずだっただけなんですが……。ともあれ,自分の執筆環境をネタにするってのは蛸が自分の足を食っているみたいで,縮小再生産的(ネガティヴ)に見えるようです。そういえば,かなり昔,大学の先生がこんなことを言っていました。

学問が自己の方法論について語りはじめると,その学問はたいてい廃れる。

まぁ……ブログは学問じゃないから,同視するのもなんなんですけど。

ともあれ,あるコミュニケーションが可能なときに,それを使って同じような興味や価値観を持っている人がコミュニティを形成するというのは,ごく自然なことだったりします。ML しかり news group しかりです。

ブログについて見てみると,個々の話題についてコミュニティがあるのは当然として,その上位概念として「ブログを使っている人どうしのコミュニティ」がある言えそうです。そう考えると,メタ・コミュニティとしてのメタブログが現われても,特段不思議じゃありません。ブログなる「方法自体」がコミュニティを形成する素地を持っているといったところでしょうか。

考えてみると,これまでの HTTP なコミュニケーションの場合,サイトを作っただけでは,まだ「どこにも所属していない状態」だったわけで,コミュニティへの帰属を他に認知させるためには,ある程度過剰に自己の志向を打ち出す必要がありました。その点,ブログの場合(特に「はてな」のような連携の強いシステムの場合)は,何かを書けばどこかと繋がります。ここらへんの気楽さがメタ・コミュニティ(ひいてはメタブログ)のトリガになっている気がしなくもありません。

逆にいうなら,ブログの意義のひとつは,HTTP なコミュニケーションに対して「デフォルトで所属しているコミュニティ」を与えたところにあるような気もします。そこで語られる言説が「メタブログ」というわけ。

デフォルトのコミュニティは生温かくて心地良くて,何よりネタになりやすい……脱皮するのはなかなかしんどいです……。

【追記】
「メタブログ」の叩き台は次の記事のようですね。

「メタブログの謎にせまる 〜ブログという構造に潜む自己言及の罠〜」
http://kotonoha.main.jp/2003/10/24metablogging.html

「自分はウェブ日記を付けている」⇒「ウェブ日記を付けている人たちとのつながり」

あたりは,ここで書いたこととおおむね同じです。わざわざ書くことも無かったかな……トホホ……。

とはいえ,

ブログは書式、テンプレート、枠組でしかない

というのは,もっともだと思うものの,世間一般ではあまり通用しなくなっている気もしますです。

2005-05-25

[ネタ] iPod mini キャンペーンで iPod shuffle をゲットする作戦

「サントリーウーロン茶キャンペーン」
http://oolongcp.jp/top.go

にゃろうめ……。去年のキャンペーンに味をしめてまた今年もやるみたいです。

去年の烏龍茶キャンペーンは脂肪こそ持っていってくれたものの,iPod は全く当たらず仕舞いだったのでした(参照:「夏の終わり」(qune 本家))。あ,「歯の着色汚れ」はもらいましたけどね。今年は何も期待しません。

とはいえ,なんだかんだいって烏龍茶は今でも普段から飲んでいるのです。ダイエットは継続中ですから。どうせサントリーがキャンペーンを始めるというのなら,これに乗じて儲けのひとつでもしてみたいものです。

経験上,まじめに懸賞に応募しても当たらないことは理解できました。そこで,今回は応募用シールを貯めてオークションで売ることにします。去年は100枚で5000円くらいになっていたような……。このキャンペーン,案外換金率が高いんです。頑張れば iPod shuffle の元手くらいにはなるかもしれません。

いや,普通にお金出して買えばいいんですけどね。なんだか癪じゃないですか。

2005-05-26

[音楽][ネタ] ハナコアラも CD デビューですか

ハナコアラの見直しマンボ

コアラの鼻が二つ折りケータイになるという衝撃的なキャラクター,「ハナコアラ」。「そんぽ24」の CM キャラクターです。コアラとしてのかわいらしさをかなぐり捨てたあたりが,ツボをグリグリ突いてきます。

もっともこのキャラクター,個人的にはキャラクターとして成功することを狙っていないと思っていたので,まさか CD を出すとは思っていませんでした。やっぱり出しちゃうんですか……。こうなったらフルコーラスで聞いてみたいものです。

ちなみに,このキャラが「ハナコアラ」って名前だったってのも今知りました。鼻と同様,取って付けたような名前もグッドです。

[ネット][社会] ブログ閲覧者の年代

「ブログ訪問者1人あたり平均で月間64.4ページ閲覧〜ビデオリサーチ調査」(INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/05/25/7751.html

月間64.4ページというのは日にすると2ページちょっとだから,こんなもんなのかとは思うけれども,気になったのは閲覧者の性年齢別の統計。

ブログ訪問者の性年齢の割合は、男性35〜49歳が22.2%と最も多く、以下、女性35〜49歳が15.8%、男性20〜34歳が14.3%、男女13〜19歳が13.7%と続いている。

「男性35〜49歳」の閲覧が目立っているようです。同年代の女性と比べても次の世代(男性20〜34歳)が追いついていないということは,「35〜49歳」が他の世代と比べて多数を占めているといえそうです。

個人的には30台前半くらいを中心に閲覧しているのかと思っていたんですけれど,意外とオトナの世界だったんですね。ブログ管理人の世代別統計はあるのかな。

2005-05-27

[社会][ゲーム] 残虐規制

「残虐ゲームソフト、神奈川県が全国初の販売規制へ」(Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050525-00000014-yom-soci

指定されれば、6月にも県内での18歳未満への販売禁止と、店頭での一般ソフトとの区分陳列が義務づけられ、悪質な違反者には30万円以下の罰金が科せられる。

一応地元の話なので。

この手の規制は神奈川県だけでやっても意味がないから,今のところはポーズだけとってみた印象がなきにしもあらずです。他の都道府県も同じような有害指定を出すかは分からないけれど,いずれにしろコアなユーザはネット等々で楽々入手でしょう。

それにしてもこの規制,国(陸軍)が率先して残虐ゲームを配る国と,どうしても比べてしまいます。

http://www.americasarmy.com/

まぁ,比べたところで何か気の利いた結論が出るわけでもないんですけどね(そういうトコもあるんだねぇ……と)。

[Unix] 覚えてますか FreeBSD ロゴ・コンテスト

http://logo-contest.freebsd.org/

締切は6月の末日,5月21日の段階では202通の応募があるようです。

ともあれ announce@FreeBSD.org に流れた ANNOUCE ……。

We've received many submissions to this contest (thanks!), but we need

more high quality designs to pick up final candidates.

期待通りの候補が集まってないんでしょうか……。

[書籍][ネット] 『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』を読んでみた

読んでないとバカにされそうなので(←誰に?)読んでみました。これってどこら辺に教科書な雰囲気を感じるかで年がバレますね。

教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書

あたしは NIFTY-Serve がインターネットの接続サービスを開始した頃から,ちょっとずつ触れていったクチで,接続サービスが始まってからしばらくしても,もっぱら Nifty に入り浸っていました(当時はプロバイダ料金が高かったのです)。そんなわけで,「あやしいわーるど」の初期あたりはほとんど知りません。ノスタルジーを感じるのは1997年あたりからです。

もっとも,従量課金が主流だった当時は「切ってはつなげる」な接続が普通だったので,よほど広くアンテナを張っていない限り,コアなネットコミュニティと接点を持つことはままならなかったように思います(巡回サイトが決まっていた)。そのせいか,知っていると思っていた時代(時期)でも,よく読むと存在すら知らなかったサイトやコミュニティが結構ありました。そういうサイトに限って,今のネット文化の基礎を築いていたりするんですよね……。

とりあえず,今のところざっと目を通しただけなので,これからじっくり読んでいこうと思います。

2005-05-28

[ネット][文化] 新しい始まりに終わりを見るのはいつでも一緒

あちこちの「ブログは終わった」なメタブログをまとめて s/ブログ/Linux/g してみました。

PC Japan が取り上げた時点で Linux ブームは終わったよね……うん。

この前なんか,「あなたの Linux は RedHat ですか Debian ですか」なんて聞く人がいたの。びっくりしちゃったよ。ちょっと認識違うんじゃない?ってか,今の Linuxer の知識レベルって教えてくんどころじゃないよ。終わってるね,うん,終わってる。そもそも……そもそもだ。マスコミが中途半端な知識で紹介なんかするもんだから変な連中が来るんだよ。全体のレベルが下がるんだから新参はくるなっての。

やっぱりさあ,Slackware からさわってた人間と RedHat 以降の人間の間には埋められない溝があるんじゃないかな……云々。

s/ブログ/2ch/g でいけるのは実証済み。おそらく,s/ブログ/自作パソコン/g や s/ブログ/Java/g あたりでもいけるんじゃないかと。

なんだかんだいっても結局みんな歩き続けるんだから,一番割を食うのは「終わった」と言っている人じゃなくて,ほんとに終わったと思って歩みを止めちゃう人だったりして。

[ネタ] 2050年の不死身人間

「2050年、人間は『不死身』に=脳の中身をPC保存」(goo ニュース
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/kokusai/20050523/050522093207.qzaswo1p.html

テクノロジーの発達により、人間の脳の持つ全情報をコンピューターにダウンロードすることが可能になり、肉体は滅びても人間の意識は永遠に残る―

今産まれた子が45歳になる頃か……もう少し早めてもらいたいものです。

死なないとしても見た目が「ケルビム」(『EDEN』参照)みたいになっちゃうとしたら,ちょっと考えもんですけど。あれは人工知能だからちょっと違うか……その前に見た目はどうでもよくなっちゃいそうですね。

2005-05-29

[ネット] CSS でプルダウンメニュー

「CSSのみのプルダウンメニュー」(Chepooka
http://d.hatena.ne.jp/chepooka/20050527/1117198009

おぉっ!これはすごい。Firefox 限定だけれど,hover セレクタと display それに float をうまく使ったグッドアイデア。Javascript の呪縛からちょっとだけ解き放たれます。

巷には CSS だけで作る Amazon 風タブメニューなんてのもあるけれど(以下参照),インパクトとしてはプルダウンメニューの方が上かな……。

「CSS Tabbed Navigation」
http://nontroppo.org/test/tab1.html

2005-05-30

[ネット][ブログ] ブログのエントリが横つながりするためのしくみを妄想してみる

この頃,ブログの議論について,途中参加者でも話の流れを追える仕組みがあったら便利だな,と思っています。というのも,実名匿名話の流れを見ていたら,予想以上に話が広がっていて全体をつかむのに難儀したからです。これだけ広いと,はじめから参加していた人でも部分的にしか参加しきれていないんじゃないでしょうか。

これを掲示板と比べてみると,掲示板はもともと1つのサイトに書き込んでいくモノだから,頭から読んでいけば議論の流れがつかめます。ブログは往復書簡を読む感じで,ちょっとストレスがあるというわけ。

そんなわけで,議論の推移をまとめたデータを,管理人がそれぞれ共有するって方法を妄想してみました。イメージとしては,掲示板の断片をブログ管理人のそれぞれが持っている感じです(ここでは共有するデータを「話の断片」ということにします)。

まず,ある議論に参加したくてエントリを書いた人は,トラックバックを送るのと同じように,相手が持っている「話の断片」に自分のエントリの情報(メタデータ)を書き込みます。ここまではトラックバックと同じです。トラックバックと違うのは,同時に自分のサイトにも書き込んだ後の「話の断片」を作ることです。さらに,「話の断片」を書き込まれた側は,自分が参照している記事(過去に自分が書き込んだ相手)に,自分のエントリが参照されたことを通知します(自動的にトラックバックをうつようなもの)。これをつなげていくと,うまい具合にエントリどうしがつながっていくんじゃないでしょうか。文字で説明すると,ちょっと分かりづらいですね。

ただ,もう少し考えてみると,話はそんなに単純じゃなさそうです。ちょっと挙げるだけでも,以下のような問題が考えられます。

  • 断片どうしで齟齬が生じたらどうするんだ?
  • へんてこな議論が入ってきたときに削除する(あるいはモデレートする)仕組みが必要なんじゃない?
  • 議論が大きくなるとサーバや回線に負担がかかりすぎるんじゃない?

なんだか,ひとりボケツッコミみたいになってますね。

[ネット][社会][法律] 住基ネットの離脱を金沢地裁が認める

「住基ネット離脱認める プライバシー侵害認定 金沢地裁」(アサヒ・コム
http://www.asahi.com/national/update/0530/OSK200505300033.html?t5

判決はまず、住基ネットで扱う氏名、住所、生年月日、性別の4情報と住民票コードなどの本人確認情報について、憲法13条で保障されたプライバシー権に含まれる自己情報コントロール権の対象になると判断した。

判決文を読んでいないけれど,個人的にはここら辺に興味があります(強調部は aian)。プライバシー概念についてうまくまとめてくださっている,「プライバシーに関する私論」(白田秀彰の「インターネットの法と慣習」)と合わせて読むとおもしろいかもしれません。

  • 「プライバシーに関する私論 I」
    http://hotwired.goo.ne.jp/original/shirata/041102/
  • 「プライバシーに関する私論 II」
    http://hotwired.goo.ne.jp/original/shirata/041207/

まぁ,住基ネットに特別の問題じゃないんでしょうけどね。

[ログ] qune の新ロゴ案

本家の改装にあたってもう少し豪華なロゴを作ってみました。

qune の新ロゴ(案)

うーん……いまいちか……。

[ネタ] 周期表ポスターはどこに貼るんだろう

「『一家に1枚周期表』増刷して販売へ」(スラッシュドット ジャパン
http://slashdot.jp/article.pl?sid=05/05/30/1225234&topic=27

文部科学省が科学技術週間の企画で配布している周期表ポスター([PDF] 「A2判元素周期表ポスター」(文部科学省化学同人))が大人気のようです。

やっぱりトイレに貼るんだろうな……。トイレに周期表って,妙に生々しいものを感じちゃうんですけどね(あたしだけか?)。NH3 だけやけに覚えちゃったりして。

「夜な夜なトイレから念仏が聞こえるんですよ。」

すいへぇーりぃーべぇ……

なんてこともあったりして(妄想ばっか)。

2005-06-01

[ネット][思考] カカクメソッドの対極にあるのは……

価格.comが侵入された後にとった対応はどうなんだってことで,「カカクメソッド」なる言葉ができたみたいです。価格.comの対応だけをとってあれこれ言っても,底無しな感じもするんですけどね。対応の善し悪しは,他サイトの具体的な事例と比べてみるのがいいのかも。

あたしはこういった話には詳しくないんですけれど,helium.ruby-lang.org が侵入されたときの対応は評判がよかった覚えがあります(参照:「helium.ruby-lang.orgの侵害についての報告(第3版)」)。企業サイトの事例じゃありませんけど……。

当時の /.J (下記参照)を見ても分かるとおり,少なくとも侵入の詳細が分かれば,似たような方法による被害も防ぐことができそうです。

「ruby-lang.org、クラックの詳細を公開」(スラッシュドット ジャパン
http://slashdot.jp/article.pl?sid=04/07/10/2253212

当時は三菱自動車と比べられていたみたいだけれど,今時はJR西日本あたりと比べられちゃうのかな。

[法律][ケータイ] フルブラ

「NTTドコモ、『フルブラウザ』を独占へ--3月に商標出願」(CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000050156,20084021,00.htm?ref=rss

「フルブラウザ」って「full browser」なわけで,何に対して full なのかといったら,CHTML(HTML のサブセット)なページだけじゃなくて HTML のフルセットを使ったページも適切に閲覧できるって意味で full なんですよね。つまるところ,ものすごく消極的というか後ろ向きな呼称だな……と思っていたんです……。「フルブラウザ」って言うたびに,「昔は CHTML しか読めなかったんだよな……」って思っちゃいそうじゃないですか(そうでもないか)。

こうなったら,一般的な HTML だったら何でも読めるぜってことで,対抗は「ジェネリックブラウザ」でいきましょう。略して「ジェネブラ」。英語的には間違ってそうな雰囲気がムンムンですけど,後ろ向き感がちょっとなくなる感じもしませんか。略すと色気もある感じ。

[ゲーム] ドラゴンスレイヤーIVをやってみる

初めてやったときには「やるせなさ」しか残らなくて,何がおもしろいのか全然分からなかったんですけど,もう一度やってみたら……やっぱりやるせなさしか残りません。難しすぎるんですよね。このゲーム。

ともあれ,いまどきは便利なもんで,攻略サイトもあるようです(参照:「ドラゴンスレイヤーIV攻略しようよ!」)。読んでみると,

ドラスレIVを初めて遊んでいるヒトへ

これ以降、この攻略を極力見ずにゲームを進めるコトをオススメします(爆)

ぐはぁっ(爆)攻略法は書いてあるけれど,面白さが半減とのことです。まぁあたりまえの話ですが……。しばらくは頼らないでやってみます。

今日はこれで打ち止めです

もう疲れ果てました……orz

ごめんなさいね。つぶやいちゃって。

2005-06-02

[PC] Windows XP Home を Professional にする技

「Change 2 Bytes and Windows XP Home becomes XP Professional」(I4U News
http://www.i4u.com/article3533.html

「Change 2 Bytes and Windows XP Home becomes XP Professional」(OSNews.com
http://www.osnews.com/story.php?news_id=10728

あまり話題になってないのかな。

The C'T magazine apparently found out that by changing 2 bytes in the installation file of Windows XP Home, it will install a Windows Professional.

といったことで,Windows XP Home のインストールファイルを2バイト変更してインストールするだけで,Windows XP Pro がインストールされるんだそうです。もっとも,どこをどう変更すればいいのか書かれてないので,話半分で聞いた方がいいのかも……。インストールされた「Windows XP Pro(成金版)」 は,いくつかの機能は入らないものの,リモートデスクトップやユーザ管理の機能が入るらしいです。

すごい裏技!でも,本当の話だったら,2バイトの違いが約10000円の違いになるんですね……まぁ,計算するもんじゃないんでしょうけど。

2005-06-03

[思考] 1976年のコンプレックス

「日日ノ日キ - 76年式辞書」
http://d.hatena.ne.jp/amiyoshida/20050603/1117726733

1976年周辺世代のツボをグリグリと突く用語集。この世代を相手にするときは,押さえておくと何かと便利な用語ばかりです。

ここにある「ガンダム」で思い出したけれど,1976年周辺の世代って,これより少しだけ前の世代(1960年代後半から1970年代前半)に対して微妙にコンプレックスがあるような気がします(あたしだけか?)。ガンダムは微妙にかすっているけれど,周りのお兄さんが熱中しているからって理由で見ていた方だったし,ファミコンもちょっと前の世代を中心に流行り始めた覚えがあります。何を見るにつけても,自分たちよりお兄さんの方が,よさげでアレゲなことをやっている,という印象が拭えませんでした。そして,その印象は今も同じだったりします。

インターネットで見るなら,利用歴は長いくせにその初めはロクに活用もできずにいぢっていた世代なわけで,どうしても古参になりきれない中途半端さがあったりします(あくまでも自分の話ですが)。まぁ,ことさら卑下することもないんですけどね。

その点,いまどきのお子さんたちはどうなんざんしょ。生まれたときからインターネットがあった世代もはてなにはいらっしゃるんですよね……(遠い目)。なんだか,はてなをはじめてから世代を感じる機会がやけに多くなった気が。

[ログ] qune の新ロゴ案その2

ちょっとサイバーな感じで……。

qune の新ロゴ案その2

サイバーというか,グロくなってしまった気も。

2005-06-04

[思考] 寄る辺のない世代

「日日ノ日キ - 76年生まれのコンプレックス」
http://d.hatena.ne.jp/amiyoshida/20050603/1117769594

なんか作ってる人に76年生まれが異様に多いのはそういった欠落感があるからでしょう。パクりに厳しくサンプリングに甘いのも。

そういうところありそうです。寄る辺のない感じ。

そういえば,トンガリキッズのメンバーだといわれている野崎良太氏(Jazztronik[要 Flash])が1976年生まれと知って,「あー,なるほど」と思ったんですけど,この噂はガセっぽいのでまた振り出しに。ここでの文脈からみると,野崎氏のやっていること自体,とても1976年的だとも思うんですけどね。

年表楽しみにしています。

[ネット][ブログ] MT ダイナミック・パブリッシングのコメント機能

うーむ……本家で動いている Movable Type 3.15-ja をダイナミック・パブリッシングにしたんですけど,コメント機能がうまく動きません。

「だいきん日記 - ダイナミック・パブリッシングの不具合」
http://daikin.ddo.jp/diary/200502/20_%E3%83%80%E3%82%A4.html

調べてみると,どうも上の症状と同じようです。改行を変換しない設定で MTComments をかぶせると,

Smarty error: [plugin] modifier '0' is not implemented (core.load_plugins.php, line 118)

なるエラーを吐いてそこから先の処理が止まっちゃうんです。「modifier '0'」なんてプラグインありませんよね。むむむむ……中を診た方がいいんだろうか……。

3.17-ja が6月9日に出るみたいだけれど,ここら辺は直っていて欲しいものです。もちろん,テンプレートの書き方がマズイって可能性もあるんですけど……。もう少し調べてみることにします。

2005-06-05

[ネット][法律][著作権] ややこしいウェブの慣習ができあがりつつある印象

「ブログ著作権ガイド - ディープリンクは著作権侵害となる可能性があります」
http://blogcopyrightguide.seesaa.net/article/4082744.html

ちょっと騒ぎになっているようなので便乗。

とりあえず,無断リンクと著作権の関係は一定の結論が出ているし,ネット上もほぼ慣習化されています。法律上の云々は,次のような考え方が一般的なんじゃないでしょうか(←「詭弁のガイドライン」に引っかかっているようにも見える書き方デスネ)。

「新聞記事の見出しの引用と無断リンクの禁止について」(バーチャルネット法律娘 真紀奈17歳
http://homepage3.nifty.com/machina/r/link.html

リンクの場合には、あるページの一部として使用されている画像ファイルのみへのリンクや、フレームを利用したリンクの場合には侵害を問われる可能性はありますけど、通常のリンクの場合には、ディープリンクであっても著作権の侵害と言うことにはならないと思われます。

それはそうと,「匿名」の話にしても「無断リンク」の話にしても,なんだか近頃昔の議論が無邪気に蒸し返されているような気がします。もちろん,昔の議論だから蒸し返しちゃいけないってことじゃなくて,必要があるならすればいいんですけど,ちょっと過去の議論を踏まえていない印象があるんです。天然で踏まえていないんだとしたら,これまた厄介です(あたしもたまにやらかすんで,偉そうなことは言えないんですが)。

「ディープリンク」については,たしかに元記事のように主張する見解もあるんですけれど(ディープリンクは同一性保持権の侵害になるという見解),天然じゃないなら,せめて見解が分かれていることについて言及しておいた方が良かったんじゃないでしょうか。実際,連邦と産経新聞が派手にやりあった経緯もあって,ここら辺の話題にはみんな敏感なんですよね……。

[ケータイ] HDD 内蔵のケータイ

「『1000曲ケータイ』秋登場 東芝の超小型HDD内蔵」(アサヒ・コム
http://www.asahi.com/digital/mobile/TKY200506040298.html

東芝が供給する HDD というのは恐らくこれ。

「モバイル機器に搭載可能な0.85型ハードディスクドライブの開発について」(東芝
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2004_01/pr_j0801.htm

100円玉と比較しているけれど,やっぱり小さいですね。

問題は電池の駆動時間です。データシートが無いから憶測になってしまうんですけど,これまでのシリコンメモリと比べたら,可動部品がある分だけ HDD の方が消費電力が高いはず。1000曲入るのはいいけれど,1000曲聞ききるのに何度も充電しなくちゃいけないとしたら,ちょっとトホホです。

iPod は音楽を聴くためのデバイスだから,電池がなくなっても音楽が聴けなくなるだけで済むけれど,ケータイの場合,電池がなくなったら音楽を聞くことはおろか電話やメールも使えなくなるわけで,困ったことになってしまいます。

ともあれ,ケータイに HDD が入るってのは,とても興味があります。消費電力の件もすぐに思いつく問題なので,何かしら手を打っているのかもしれません。スペック表を見てみたいところ。

2005-06-07

[思考] モノをまとめる力

はてなの機能をもう少し使おうということで,ブックマークをタグ付けしたり,RSS リーダーのフォルダを分類したりしてみました。細かいことが大嫌いなB型人間にとって,こういう作業はしんどいです。ダイアリーもそうなんですけど,これまでは思い付きで適当に分類してました。

これってまじめにやろうと思うと,腰を据えて計画を立てないといけなそうです。得意な人はほんと得意なんでしょうね……。とりあえず,うまい分類の仕方が分からないので,ブックマークの分類はありがちな「大中小分類」でやってみることにしました(手元のブックマークを順番に登録しているのでえらく偏っています)。いちいち説明することもないんですけど,だいたい以下のような感じ。

まず,大分類は,[プログラミング] [ネット] [MT] [PC] [Unix] [XML] [Emacs] [CSS] [DB] [MP3] [ケータイ] [ゲーム] [工作] [法律] [思考] [教養] [漫画] [生活],あたりを作ってみました。これに適当な中分類をくっつけます。

中分類は,[C] [Perl] [Ruby] [JavaScript] [シェル] [ブログ] [P2P] [FreeBSD] [HTML] [Atom] [RDF] [RSS] [XSL] [DocBook] [XML-RPC] [schema] [著作権] [USB],といった感じ。あたしの場合,ほとんどの記事はここまでで収まります。

小分類はもう少し分類したいときに使うモノで,[RELAX] [GTK] [CGI]を作りました。

上の3つの分類は階層構造があって,「下位の分類を出すときは原則として上位の分類にくっつけなくちゃいけない」という決まりがあります。例えば,[RELAX]をタグに使うときは,かならず上位のタグである[XML]や[schema]といったタグも付ける必要があるということです。ただ,ブックマークのタグは3つまでしか付けられないので,3つ以上になってしまうときは上位から省略することができます。例えば,上の[RELAX]に[ネット]の分類も付けたいときは,[XML]をまず省略します。それでも足りないときは[schema]を削るという手順を踏みます。

一方,どのタグにも独立してくっつく補助的な属性として,[ネタ]と[記事]を作ってみました。これは,どのタグにもくっつくかわりに単独では使えません。

……と,一応こんなルールを作って分類してみたんですけれど,実際にどこまで使えるのかは未知数です。とりあえず,手元の記事ついては,うまく分類することができているみたい。こんなやり方でいいんだろうか……。

[ネット][ブログ][ネタ] パノプティコン・ブログ

あるところの話を聞いて思いついたコトバ。なんとなーく凄いブロガーに目を付けられてる気がするなぁ……と,勝手に自意識過剰な状態に陥って,「なんだかやりづらいなー」なブログになること。

それにしても語呂悪いですね。

2005-06-08

[ログ] ダイアリーのカテゴリ分け

アンテナやブックマークに続いてダイアリーの方も,これまで適当だった分類を直しました。はきだめになりがちな「その他」カテゴリを作らない方向で細分化です。

一方,はてなダイアリーのカテゴリはタイトルの一部として扱われているみたいだから,RSS の中身が(title 要素)が大幅に変わります。通常は,カテゴリを変えると dc:subject 要素あたりが変わるだけだと思うんですけどね……。ご迷惑をおかけしてたらすみません。

とりあえず,はてな周りのカスタマイズはおおむね終了です。あとは本家の整備かな。

2005-06-09

[ネット][思考] つながることに必要な普遍的なモノ

「無印吉澤 - 繋がりの多様性を特徴とする『ソーシャル年表サービス』の提案」
http://muziyoshiz.jp/20050524.html#p01

WWWのオーバレイネットワークを形成する道具として「年表」を使う

というアイデア(Chronologic Web)。直感的には,グループウェアにあるスケジュール表の類だと思ったんですけど,P2P 的な継承・共有あり,WWW との連携ありと,随分毛色の違うモノのようです。

このアイデアのおもしろいところは,文字通り「時間の流れ」をつながりの基礎にしていることです。時間の流れは誰にとっても同じだから,もとから共有されているものなんですね。これを基礎にすれば,効率よくつながることができそうです。

ソーシャルブックマークは URI で示される資源(これは WWW 上で,もとから共有されている)をつながりの基礎にするわけだけれど,Chronologic Web が扱う「時間」は,URI よりも分かりやすい上に,「日記」の類のコンテンツとも相性が良さそうです。

他方で,つながりの基礎には「仕事」や「趣味」みたいなものも考えられるけれど,WWW の上位レイヤーに「システム」として位置付けるには範囲が狭すぎます。つながりの基礎としては,こういった主観的な概念よりも価値的にドライなもの(「時間」や「位置」みたいなもの)の方がふさわしいのかもしれません。

なんだか,あたりまえのことを言っているような気もするんですが……。

[社会] 動物と見せ物の間

「旭山動物園:レッサーパンダ風太「見せ物」批判に抗議メール…HPに謝罪文 /北海道」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050609-00000129-mailo-hok

動物の振舞いに意味をくっつける作業は,人間側の仕事ということでしょうか。レッサーパンダって何をやってもかわいいから,存在自体が見せ物になっているような気も。大騒ぎされて風太君が疲れちゃうのは困りものだけれど,虐待にならない範囲なら,いろいろな動物の見方(見せ方)があってもいいんだとは思います。

そういや,うちのフェレットも立ちましたよ……餌を少し高めにかざすと,後ろ足2本で立ってました。5秒くらいが限界でしたけど。そういうときは,「ああ,こいつはイタチのくせにこのキャットフードが欲しくてしかたないんだな」と意味付けておきました。

[ネット][はてな] ブックマークもデザイン編集できるようになった模様

「はてなブックマーク - はてなブックマーク デザインガイド」
http://b.hatena.ne.jp/help?mode=design

アンテナのデザインがやっと終ったと思ったら……orz

デザインなり CSS なりを使い回すしくみは無いのかしらん。いいかげん疲れました。いや,無理にデザインする必要もないんですけどね。

[ゲーム][ネタ] 実物大のマリオブロック

「qwantz.com - poster child mario question blocks!」
http://www.qwantz.com/posterchild/

相当高いところにあるので,Bダッシュして一気に殴りましょう。

[ネット][ブログ] MT 3.17 リリース

「Movable Type 3.17の提供を開始」
http://www.movabletype.jp/archives/2005/06/movable_type_31_8.html

本家で動いているのは MT なんです。それにしても,うーん……これでコメントの不具合も直るんでしょうか……。前回のエントリを書いてから 3.151-ja にアップグレードしたんですけど,症状は変わりませんでした。今回の修正点にもあがってないし,設定ミスの可能性が高まってまいりました。

もっとも,この不具合(というか不都合)は,おそらく日本語版に固有のものではないと思うので,一応 MT 3.17-ja 一般の修正点も見てみます。

「Movable Type 3.17の修正点」
http://www.movabletype.jp/technotes/mt-3170-ja.html

むふぅ……,ここにあるのは本家 MT 3.16 の修正点も含まれているみたいだけれど(参照:「Movable Type Changelog」),ここにもそれっぽいモノはないみたい。

とりあえず,煮詰まっててもなんなので,以下の修正にこっそりクスクスいいながら,折を見てアップデートしておこうと思います。

新規にウェブログを作成したとき、日付用の言語が「チェコ語」になる不具合

重要なセキュリティフィックスも含まれているみたいですしね。

2005-06-10

[ネタ] 骨髄反射

近頃,なんでか知らないけれどよく見かける言葉。骨髄……。

Google で検索すると11000件あまりと微妙なヒット数です。スラングも含めてこの言葉,脊髄反射とは別の意味で通用しているんでしょうか。

2005-06-11

[はてな] ブックマークのデザイン

今気が付いたんですけど,ブックマークにブックマークしてくださってる方がいらっしゃるみたいで,個人的にちょっとこっぱずかしいことになっています。まだできあがりじゃなかったもんで……。

そんなわけで,「できあがってない」ところをちょっとだけ解説……というか釈明……というか言い訳……。

デザインするにあたっては,文字の大きさが変わってしまう tags をどうするかが懸案だったんですけれど,結局手打ちで済ませています。ええ,モジュールとかいったかったるいものは使っていません。オトコは黙ってハードコーディングです。ある程度ジャンル分けが済んでいるので,それ程増減はないんです。

もうひとつは,ページ最後の「div.pager」を「div.main」の最後にくっつけたいのに浮いていること。なんで浮いちゃうんだろう……。

さらに,一番の問題は CSS Validator でエラーが出ているということ。どうやら,「div.pager」が浮いてしまう問題とリンクしている感じがするんですけど,頭がこんがらがって投げ出している状態です。

どうも,全体を見てみると,はてながデフォルトで用意している CSS を上書きしているのがマズイみたいです。一から書く方は,「テーマを選択」のところから「指定なし」を選んで,一旦リセットしてから書き直すのが良さそうです(当たり前か)。

ちなみに,デフォルトの CSS はここにあるようです。

http://b.hatena.ne.jp/theme/default/default.css

いいとこ取りに使えそうですね。

【追記】
一応,問題を修正しました。

CSS のエラーはデフォルトで用意されている CSS にあったようです。後からまたちょくちょく直していくつもり。

【またまた追記】
id:bmp さん,ご丁寧に報告ありがとうございます。こんなモノでよろしかったらどんどん使ってやってください。

ただ,?d の CSS は Win98 の IE6 で「div.section」の表示がずれることを確認しています。ぼちぼち直そうと思っているんですけど,ちょっと暇がない状況です。ご注意をば。

2005-06-12

[ネタ] 「テクマクマヤコン」の語源

One Line Knowledge」で見つけた1行トリビア。

「ひみつのアッコちゃん」の、「テクマクマヤコン」は、テクニカル・マジック・マイ・コンパクトの略

なるほど!と一瞬感心したものの,うーん……「マジック」はまだしも,「テクニカル」ってのが分かりません。これ,意味通じてるんですか?気になったので他を当たってみたところ,うまくまとめてくださっている記事がありました。

テクマクマヤコンに「意味ない」
http://deztec.jp/design/04/01/000066.html

これによると,どうも制作者の間にも諸説あるみたいで,「なんとなく決まった」というのが正しいところみたいです。

こうして見ると,作品のオリジナルってのは,触れてはいけないドロドロしたモノが渦巻いているようです。ネタとして探索する分には,無限地獄的な楽しみがあっておもしろいわけですが……(おかげでこういうネタも書ける)。

[思考] もらったもので遊ぶことと,あるもので遊べることはちょっと違う

「遊び方が分からない」ことは「遊べない」こととはちょっと違うと思っていて,得体の知れないモノを「遊べるようにできる」能力というか才能というか,そういうモノを持っている人には憧れます。もちろん,こういった能力というのは,遊びに限ったことじゃなくて,仕事にしたって勉強にしたって必要なんだと思います。

かっこよさげな言葉を使えば,「未知の外部事情を内面化できる能力」とでも言えばいいでしょうか。気持ち悪い比喩を使えば,「はじめてのモノでも咀嚼して吐き出せる能力」……。

まぁ比喩はともあれ,未知の事情を内面化する過程ってのは,いろいろな実験なり運用なりを経て,段々とよさげな使い道に落とし込んでいく作業なんだと思います。つまり,ここでは

これは,こう使うキマリだからこう使わなくてはいけない

みたいなトップダウン的な考え方ではなくて,

これは,こう使ってみたらこんなことができたから,こう使うと面白い

みたいなボトムアップ的な考え方を使うことになります。未知のモノに使い方なんてないんだから,そう考えるしかありませんよね。逆に,これをトップダウン的に考えてしまうと,とてつもない難問になってしまいます。おそらく答えは出ないでしょう。結局疲れ果てて「使えないモノ」に認定されるのがオチです。

結局何が言いたいのかというと,得体の知れないモノが現われたときに,使い切る前から使い方を云々するのは,ちょっとイタいかな……ということなんです。あえて具体的な例は挙げませんけど,そこかしこに転がってますよね……そういう例。

2005-06-14

[ネタ] 精神年齢をはかってもらおう

「精神年齢鑑定ver.4.0」
http://www.geocities.jp/ryu2world/seitop.html

随分昔にやった覚えがあるけれど,その時は60過ぎのおじいちゃんでした。数年を経て二度目のチャレンジです。

鑑定結果

あなたの精神年齢は31歳です

あなたの精神はそろそろ『中年』になろうかというところです。(snip)

幼稚度24%

あなたは中学生並みの幼稚さを持っています。時々親の手助けが必要になったりします。

大人度79%

あなたはもう立派な大人です。十分に精神が発達していると思われます。

ご老人度11%

あなたはほんのわずかですが『おじいちゃんっ気』が感じられます。注意しましょう。

あなたとお友達になれそうな人

安室奈美恵

一休さん

若返りました。やっぱり実年齢よりは上なわけですが……。

本人が正確に答えられない質問もあるから(例えば,自分が頑固かどうかは自分ではあまり分からない),家族や友達にもやってもらうのもおもしろそう。

2005-06-15

[はてな][ネタ] 「はてなコモンセンス」のご提案

「Is It Normal?」
http://isitnormal.com/index.php

を見ていたら,これはいけるんじゃないかと。例えば,

I often get an erection while petting my cat. Is that normal?

みたいな質問(←オゲレツデスガ)に対して,normal か abnormal かを読者が議論するというシステム。常識をみんなで分かち合おうという企てです。我ながらすんばらしい企画じゃないでしょうか。

……って,これそのまんま「はてな」ですね……。

[ネット][ブログ] 情報フロンティア研究会の報告書(案)を読む

読売新聞が「子どもはみなブログを持て!」なんて釣りきちっぷりを発揮しているもんで(あたしも ?b で釣られたわけですが……) ,実際のところどんなことを言っているのか見てみました。

まず,読売の元記事はこれ。

「子どもはみなブログを持て!:YOMIURI ONLINE(読売新聞)」
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20050614nt07.htm

これによると,

(情報フロンティア研究会)報告書はこうした現状を打開し、IT社会で日本が優位に立つには、義務教育段階からネットワークで個人が発言する作法を身につけさせることが必要だと主張。あらゆる子どもが自分のブログを持つのが効果的だ、と力説した。

だそうです(括弧部は aian)。

記事によると,情報フロンティア研究会の提言を受けて総務省が方針決定したそうなので,この報告書を当たってみることにしました。もっとも,一応それなりに探してはみたものの,今のところ報告書は「案」と付された文書があるだけのようです(他にあるのかな)。これがそのリソース。

資料3 情報フロンティア研究会報告書(案)」[pdf](情報フロンティア研究会

これの p34 によると ICT(InfoCommunications Technology)に関する問題として,以下のような分析がなされています。

日本の社会では情報ネットワークが匿名であるという認識に基づいて色々な活動が行われているがゆえに、社会生活全般においてICTが利活用されていく活力が高まらず、社会心理的なデジタルデバイドと言うべき、サイバースペースへの忌避感が拡がっている。

上記のような「忌避感」,言い換えれば「ネット社会に対する偏見」とでもいったもんでしょうか,これは,今後の P2P やブログ,SNS の発展を阻害することになりかねない,といったところです。これを踏まえて,本題の提言に移ります。

こうした課題を克服する方策の一つは、義務教育課程である初等・中等教育の段階で高度なICTリテラシー教育を行うことである。

こうして見てみると,研究会の提言自体はメディア・リテラシーの涵養を促すために,教育機関がもっと関与してもいいんじゃないか,ということで議論の余地はあるもののトンデモとまでは言えないような気がします。

一方,この報告を受けた総務省が,決定方針の内容に「あらゆる子どもが自分のブログを持つべし」といった具体的な内容まで含めたのかはよく分かりません。けれど,少なくとも,読売新聞にいわゆる「IT社会で日本が優位に立つため」みたいな話は,直接の目的ではないんじゃないでしょうか。

ネット社会はこれから広がる一方だから,そこでのマナーや常識を涵養するのは大切なことだとは思います。ただ,もし「あらゆる子どもが自分のブログを持つべし」みたいな話が本当にされているとしたら,ちょっと「ネット」の中身に認識の違いがあるじゃないかと思っちゃったりして。

釣られた身分で偉そうなことは言えませんけど……クマー!。

2005-06-16

[ブログ][思考] ブログの文体を考えてみる

この前本家に書こうと思っていたところ,途中でバカバカしくなってボツにした話。似たような話が ITmedia のコラムで話題になっているようなので,これを叩き台にしてもう一度書いてみました。

「ブログに問われる書く技術、話す技術 (1/3)」
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0506/13/news012.html

論点が分散していて困っちゃうんですけれど,おおむね「みんなが理解できる文章を書け」ってところで収まるんだと思います。みんなに理解させたい文章なら,理解できる文章で書いた方がいいのはもっともです。ただ,苦労するのはその方法(文体)ということも,みんなよく分かっているところだったりします。

そこで,本稿では「書き言葉を重視すべし」ということで,以下のようなことを言っています。

人に見せて理解させるための文章では、普段われわれがしゃべっている調子をそのまま文字にしても、あまりにも冗長な割には主語・主体があいまいで、内容がはっきりしない。

文体の話になると決まって槍玉に挙げられるのが「話し言葉」だったりするわけで,よく言われることですね。

ただ,以前から思っていることなんですけれど,こういった「書き言葉→正確」「話し言葉→曖昧」みたいな構図ってどこまで本当なんでしょう。話し言葉で書こうが書き言葉で書こうが,曖昧な文章はどうやったって曖昧だし,意味が通る文章は文体いかんに関わらず意味が通るように思えるんですけどね……。

また,巷にあるネットの文章を見てみると,「紀田順一郎のIT書斎 - 新しい言文一致の時代が来た」でも指摘されているように,話し言葉っぽく書かれてはいるものの,書き言葉になじむようにカスタマイズされた文体もまま見られます。文章にどれだけ会話的な要素を盛り込むかは,筆者やサイトのキャラを決める上でも重要な要素でもあるし,一括りに「話し言葉はいかん」というのも野暮に思えてしまいます。

それじゃ,どんな文章が良い文章で,どんな文章が悪い文章なんでしょう。それが定式化できるなら誰も苦労しませんよね……強いて言うなら「言いたいことが伝わる文章」といったところでしょうか。トートロジーの極みであたりまえすぎるわけですが……(だから前回ボツにしたんです)。

2005-06-17

[ネタ] AERA のオタク記事を読んでみた

今週号(2005年6月20日号)の AERA は,見出しに「オタク」の並びのある記事が3つもありました。読者層を絞っているんでしょうか。ただ,ここで取り上げる「男子校はオタクの揺りかご」なる記事は,オタクとあまりリンクしていないような気も……。

記事によると,男子校は異性の目がないから,オタクの趣味に打ち込めるんだそうです。

あたしゃ共学校出身だから男子校の詳しい様子は分からないんですけれど,共学校にも普通にオタクはいたし,女子がタガになっている感じもあまりなかった覚えがあります。むしろ,女子にも同じような連中がいて,そっちの方が元気だったくらい。さすがに教室でエロゲはやりませんでしたけど……。「男子校らしいオタク」ってのがあるなら,それをもっと知りたかったところ。

一方,記事のアンケート(「共学・女子校卒から見た『男子校・男子校卒』」)を見てみると,

ウブで異性への接し方を知らないタイプと遊び人タイプの両極端

って感想がまさに当てはまって,「そうそう!」と膝を叩いてしまいました。叩いたんですけれど……これもオタクとはあまり関係ありませんよね。普通に男子校の一般論だし(しかも共学卒からみると女子校卒の人にも大抵あてはまる)。

結局この記事何が言いたかったんだろう……。

[はてな][ネタ] アカウント増やしてみると

「はてなダイアリー日記 - 複数アカウント機能の追加について」
http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20050616/1118906268

サブアカウントを作ると,「裏qune@はてな」とかいう複雑なサイトができて,マンスリーマンションみたいに定住の地が変わっていく予感が……(全然裏になってないし)。

そろそろ,ちゃんと本家に戻ります。

?d に公開するための ?a とそれ以外を分けられるのは,ちょっと便利かも。

[ネット] ブロギのすすめ

一昔前までは比較的自由だったウェブの作法が,近頃堅苦しくなったなぁ,と思ったりします。「ブログに○○は要らない」とか「○○はこう使うべきだ」みたいな感じ。破ったところで実害を伴わない「善き利用者としての作法」とでも言えばいいでしょうか。

人様に迷惑をかけるもんでもないんだから,変な規範を立てる必要もないと思うんですけどね。できるのにできないってのは,なんだかもどかしいところがあります。

こういった作法って,「そもそもブログとは……」みたいな話にすると面倒なことになるから,ウザったくなったら作法の射程から外れるのが一番です。例えば,「あたしのサイトはブログじゃないですよブロギです」とか「ブックマークじゃありませんよブックマーキです」みたいな感じ。所詮は言葉遊びなんですから。

あたしゃまだ「ブログ」でいいですけど。

2005-06-19

[ネット][思考] ネットの路地裏,隠れ家そして僻地

RSS feed を利用してサイトの差分を取っていると,これがネットの全部のように思えることがあります。もちろん,ちまたにある全ての feed を購読することはできないけれど,行った先には必ず「その先」があります。数え切れないくらいたくさんのリンクを目の前にすると,「たくさん」が「全部」であるかのような錯覚に陥るんです。

けれど,ブログサイトに張られている膨大なリンクとリンクの隙間には,ハンドメイドのウェブサイトがたくさんあるわけで,そういったモノの意味を見過ごしたままネットの先行きを考えるというのは,早々に WEBLOG is the WORLD!! と叫んでいるみたいで,ちょっと滑稽に思えてしまいます。

近頃ちまたにはブログのような枠組みが,インターネットの新たな環境になるなんて話があるけれど,そのことは外でもなくブログ以外のウェブコンテンツを「路地裏」として扱うことを意味します。RSS feed による差分監視や trackback ping のアクセスがない世界です。ちょっと前までは普通だった世界ですね。

ひねくれ者のあたしとしては,差分の監視や ping のない路地裏でのんびりやるのも,それはそれはいいのかもなぁとも思ったりして……。そんなことを思いながら,今日は本家の MT を 3.17-ja にアップグレードしたのでした。

2005-06-20

[ログ] IE の表示ズレを直してみた

IE でこのサイトを閲覧すると,本文が流れてしまう不都合を直しました。どうも blockquote まわりのスタイル指定が悪かったみたい。

そんなわけで,今回の教訓。

  • 継承関係がまちまちなので全部の要素について必要なスタイルを漏れなく指定すべし
  • em の挙動はおかしいので使うべからず
  • border で dotted を指定しても dashed になってしまうのは無視すべし

まだ細かいバグはあちこちに残っていると思うので,以下を見ながらぼちぼち調整していきます。

「Internet Explorer (Windows) CSSバグリスト」
http://cssbug.at.infoseek.co.jp/detail/winie.html

てか,Firefox か Opera 使ってください……orz

[ネット][ブログ] そろそろバトンクローラが動き出していて欲しい

そう妄想したりもするわけです。

「このフォーマットで答えてください」みたいなバトンが渡されたら要注意。妄想ですが。

[ネット][思考] それぞれの匿名論議

匿名に関する議論が複雑に見えるのは,それぞれが志向している問題状況がまちまちだからみたい。そんなわけで,議論の論拠によって視点を分類してみました。

  • 現実の法律に引っかかっているネット上の主体についてどう考えるか
  • 議論一般のマナーあるいはジャーナリズムのありかたとして匿名と実名をどう考えるか
  • 例えばブログの炎上対策のように,ネット上のマナー(ひいては秩序維持)の問題として匿名と実名をどう考えるか

他にも分類できるだろうし,お互いに無関係ではないんだろうけれど,とりあえずこんなところで。上から下に向かうにしたがってリアルの問題からネットの問題へと移っていきます。

議論を見ていると,論理が飛躍していると思うことがままあるんですけれど,そういうときは,大抵ネット上のマナーの議論をジャーナリズムの問題にすげ替えたり,ジャーナリズムの議論を法律問題の論拠にしてしまっているように思えます。もちろん,お互いは無関係じゃないから,そういう議論が一概に悪いわけじゃないんですけどね。

例えば,法律問題を挙げると,基本的に法律上の問題さえクリアできればマナーの話はどうだっていい,といったスタンスだったりするわけで,それぞれが志向している問題状況が少なからず異なっています。現実の制度を考えてみても,段階的に匿名的になったり実名的になったりするわけで,法律的にはオッケーな実名の程度でも,マナーとしていかんということがあったりします。お互いの問題状況を踏まえないと,議論がすれ違ったり誤解を生んだりする元になる感じがします。

ということで,まずは議論の土俵をきちんと意識することが大切なのかも。

[ネット][ブログ] 他人様の記事に言及するときに気をつけること

「9bit confusion - 無気力なゲーオタに与えるゲームはない」を誤読した記事が広まったために,9bit confusion の管理者さんが被害を被ったという話。ARTIFACT で一連の騒ぎをまとめてくださっているので,ここを一読してから原エントリにあたるのがいいと思います。

「ARTIFACT - 自分の記事を誤解して書かれた記事が有名サイトで紹介され、広まってしまった時の悲しみ」
http://artifact-jp.com/mt/archives/200506/misunderstandingspreads.html

今回の騒ぎは,誤読した内容に基いて言及したことがトンデモなのはもちろんですけど,その内容が人格非難につながっていたことも被害を大きくしたと思われます。

本来,批判は言論の内容にするものであって言論の主体にするものじゃありません。面識のない人の人格を非難する場合は,言論の内容だけでなく主体そのものも誤読している可能性が高いですから,よほどの理屈を準備していない限り,しない方がいいんだと思います。

自分も他人様の記事をトリガにしてエントリを書くことがたくさんあるけれど,自戒を込めて,書く前には少なくとも次の質問には答えられるようにしておきたいと思います。

  • なぜその記事を持ち出したのか
  • 自分はその記事をどう読んだのか
  • 記事のどの部分について何を言及したいのか

また,特に人格非難を伴なう場合は,少なくとも

  • 自分は何を根拠にしてその人物についてそう思うのか
  • その根拠が記事等々の言論である場合は,その記事を自分はどう読んだのか

といった質問にも答えられる必要があるんじゃないでしょうか。エントリに明示するかどうかは,ケース・バイ・ケースなんでしょうけれど。

一方,読み手として考えると,批判記事も批判的に読む姿勢はとっておきたいところ。そんなわけで ARTIFACT(前掲)から……

今回の場合、リンクは記事名だけで、サイト名はないから、一番最初の元記事を読んだ人が誤読に気付くかどうかというのがポイントになるんですけど、あきらかに言ってないことを言っていることというのは気付くと思いたいところ。いや、気付くだろ…普通。気付け!

気付けっ!

2005-06-21

[PC][プログラミング] HTML で特定のタグで囲まれたテキストを抜き出すぞ!の巻

「HTMLで、ある特定のタグに囲まれたテキストを ...」
http://www.hatena.ne.jp/1119119220

無責任にもちょっとだけ回答。整形式な XHTML 限定のやり方ということで……(←全然回答になってないな)。

HTMLで、ある特定のタグに囲まれたテキストを抽出して、csvファイルか何かに落とし込む方法があれば教えてください。

HTML のパーサをはじめから作るのは面倒なので,手頃な XML パーサを使うのがいいのかもしれません。Ruby の ymXML という簡易 XML パーサで作ると,以下のような感じ。

require "ymxml"

@string = []
@tag = "title"
@uri = "foo.html"

parser = YmXML::Parser.new
stream = YmXML::InputStream.openURI(@uri)
found = false
parser.parse(stream) do |etype, name, data, currentParser|
  case etype
  when :START_ELEM
    found = true if name == @tag
  when :END_ELEM
    found = false if name == @tag
  when :CDATA
    @string.push(data) if found
  end
end

puts @string.join(',')

単純な骨格だけ……。@tag に欲しいタグの名前,@uri にファイル名か URL を入れて動かすと,@string に文字列の配列が収まります。@string のエンコーディングは UTF-8 です。ちなみに ymXML は妥当性を検証しないので,HTML valid かどうかは他で確かめる必要があります(逆に言えば,XML だったら何でもいい)。

ちゃっちゃか作ったので,タグが入れ子になっているときの扱いなんかは考えていません。CSV も単純にカンマで join してるだけ。

ほんと,ひやかしみたいになっちゃってすんません……。

[ネット][ブログ] やっぱりバトンフォーマットを作る輩が……

Musical Baton meta data profile

あとはクローラを待つだけか……。

2005-06-22

[はてな] はてなグリースモンキーはかなり便利

「はてなグリースモンキー」
http://www.hatena.ne.jp/info/greasemonkey

ブックマーク用のタグ補完を入れてみたけれどかなり使えます。

うちのブックマークはタグリストを手打ちにしているから,どんなタグを使っていたか覚えてないと似たようなタグがいつの間にか増えていることがあるんです。例えば,[ネット]と[ウェブ]みたいな感じで……。重複して登録してもタグリストに反映されないから,気付かないままスルーしてしまっていることもあると思います……。

そのうちいろいろなユーザースクリプトが出てくるんでしょうね。楽しみです(←作るのは他人事)。

[PC] はじめてのパソコン本

「はてな PCに詳しくなりたいのですが、...」
ttp://www.hatena.ne.jp/1116754724

PCに詳しくなりたいのですが、本屋にいってもたくさんありすぎてどれを読めばいいのか分かりません。

あなたが実際読んだもので「これは良かった」というものを体験談付きで教えて下さい。

質問に答えてないので,Trackback が飛ばないようにしています。

ちょうど昨日の話なんですけど,本屋で何を買ったらいいか相談されてしまいました。初老の男性で,あたしの全然知らない人だったんですが。

考えてみると,あたしゃ今までパソコンそのものの入門書を読んだことがなかったのでした((読んだのはマニュアルと雑誌くらい))。改めて見てみると,たしかにたくさんありますよね。これじゃ迷うのも無理はありません。あたしも悩んじゃって,ふたりして困ってしまいました。

結局,この時は一緒にいくつか読んで「どれを買っても一通りは使えるようになる」って結論に達しました((どれもよくできてて,やめといた方がいいモノを挙げる方が早かったんです))。達したんですけど……ほんとにこれでよかったんでしょうか。

個人的には「本買う前にマニュアル嫁!」とか「普通に使ってりゃ壊れないから,まず使ってみろっ!」とか言いたかったんですけどね……。そっちの方が早く身に付くだろうし,できないところや分からないところもはっきり自覚できるだろうからです。こういうやり方って,今時は通用しないのかしらん。

2005-06-23

[ネタ] 自分のスローガンを作ってもらおう

「Sloganizer.net」
http://www.sloganizer.net/en/imagegenerator.php

「qune」という文字列で,作ってもらいました。まずはタイプライター体。

generated by sloganizer.net

次にエロスローガン。

generated by sloganizer.net

画像はアクセスするたびに Sloganizer.net が作ってくれているので,このページをリロードすると何種類か見ることができます。

[Unix][ネタ] FreeBSD も「萌え」でいってみるってのはどうでしょう

Ubuntu Linux 界隈が賑やかみたいだから便乗して……(参照:「OSSコミュニティと「萌え」の微妙な関係」(スラッシュドット ジャパン))。あっちは後から作られたキャラクターだからすったもんだしているけれど,こっちはロゴ・コンテストで選ばれたら正当と認められるはず!(注:ネタデスヨ)

それにしても,この前もちょっと書いたけれど OpenBSD の「ハリセンボン君((なんて名前なんだろう?))」はキャラとして秀逸だと思うんですよね……。あれがいいなら「萌えキャラ」もいいんじゃないかと思うんですけど……よくないか。

[ネタ] Firefox == レッサーパンダ

キャラというと,

「Mozillaの用語集 - 日本語系用語」
http://www.mozilla.gr.jp/docs/words-jp.html#jp_r

レッサーパンダ 【 Lesser Panda 】

(1) レッサーパンダ の別名が Firefox です。小さなパンダ。小熊猫。

(2) Phoenix、Mozilla Firebirdと出世魚のように名前を変えてきた結果の名前。

(3) 焼き狐、ではなくレッサーパンダ。

ああ……どこで仕入れた知識だったか忘れたけれど,アライグマかと思ってました。なんで風太君フィーバーの時にもっと売り出さ(せ)なかったんだろう……。

ともあれ,そうすると「ふぉくす子」の立場(?)が解せなかったりします。この子,どうみてもキツネですよね。

そう思っていたら,

「Firefox子 : inugamix-Edition - FAQ - よくある質問」
http://inu.imagines.jp/gallery/firefox.html#faq

Q. Mozilla Firefox のシンボルはレッサーパンダなのに、なぜ Firefox子はキツネっぽいんですか?

A. いつか Mozilla Firefox の公式マスコットキャラクタが作られるとしたら、それはレッサーパンダにちなむものになると予想したので、混同されないようにキツネにしました。

ちゃんと考えていたんですね。サスガです。

[はてな] またブックマークに変な項目ができている

「はてなブックマーク日記」の告知が無いみたいだけれど,「コレクション」なる項目ができています。見てみると,
  • コレクションにアイテムを追加することで、お気に入りのアイテムをまとめて一覧することができます。
  • コレクションにアイテムを追加するには、はてなダイアリーのISBN/ASINページかAmazon.co.jpで追加したい商品のページを開き、そのページをブックマークしてください。

とのこと。雰囲気からすると,これで Musical Baton も駆逐されそうな予感……。

【追記】
告知があったようです。

「コレクション機能の追加について」(はてなブックマーク日記)
http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenabookmark/20050623/1119513738

【さらに追記】
告知された直後から言われていることだけれど,やっぱりブックマークとコレクションは分離した方が使いやすい感じがします。

これから大量に手持ち CD を登録しようと思っているんですけど,お気に入りに登録してくださってる方にとっては,なんにも面白くないでしょうから……。モノでつながるのとネタ(URL)を共有するのって,本質的に違うような感じもしますしね。

当面は CSS をいぢくるだけにしておいて,登録は見合わせようと思います。

2005-06-24

[Unix] ただいま FreeBSD 5.4R にアップグレード中

CD からクリーンインストールしています。現在 ports を current にアップデートして,必要なプログラムをビルドし直している最中です。この後間もなく 5.4 current にアップデートする予定……。

cvsup + make world があるのに,なんでこんな面倒なことをしているのかというと,Ports まわりがギクシャクしていて,満足に動かないアプリケーションが出てきたからです。手作業で直してもいいんですけどね(細かい作業が嫌いなのです)。

ただいま Firefox をビルド中……寝るまでに終わるんでしょうか。

[ネット][社会] ネットの青葉マークを作ってみるとか

下書きがブックマークに反映されていてちょっとゲンナリ。本家で書き直そうと思ってたんですけど,こっちに書くことにします。話題になってるアノ話。

「子供にブログぅ?!…ブロガーたちが大ブーイング」(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/net/feature/20050623nt0b.htm

この話,反響が大きかったのにびっくりしたのはもちろんなんですけど,読売新聞がネットの反響を拾ったことにもびっくりしました。「はてな」みたいなバッファを介すると,案外穏当に意思疎通できるもんなんですね(あたしが思ってるだけかもしれませんが)。

それはともかく,記事の中身には唸らざるをえませんでした。たしかに,「国がやることじゃない」とか「ブログ嫌いが増える」みたいなネットに固有とはいえない意見((夏の読書感想文だって似たようなもんですから))もあったけれども,批判はそれだけではなかったはず。もう少し丁寧に意見を拾ってくれてもよかったんじゃないでしょうか。

あたしは,この報告書の「高度な ICT リテラシー教育」という眼目はまっとうな意見だと思っていて,どうやってもいずれやらなくちゃいけないことになるんだとは思っています。ただ,問題はその「やり方」です。

「やり方」についてはリソースが乏しくて,読売新聞の記事(「子どもはみなブログを持て!:YOMIURI ONLINE(読売新聞)」)くらいしか見つけられませんでした。けれど,ここに言っていることが本当だとしたら,「子供をネット社会に(強制的に)送りこむ」ことと同義になるはずです((一部では SNS みたいな環境を与えるといった案もあるようですけれど,出自が分からないのでなんとも言えません))。仮にそうだとした場合,考えられることを挙げてみます。

  • 日記のようなプライベートなコンテンツを持たせる場合,子供の情報や所属が漏れるかもしれない。
  • いわゆるぱど厨の類が他人のサイトに迷惑をかけた場合,誰が責任を取るのか。教師は管理できるのか。
  • ネット上のやりとりは,今のところ大人を相手にしているのが前提だけれども,このやりとりを学ぶことが「ICT リテラシー」なのか

過保護っちゃ過保護なのかもしれないけれど,あたしから見ると自動車に乗ったこともない人に「高速道路を走れ」といっているように聞こえてしまいます。

せめて青葉マークくらいは持たせてやりたいところ。

2005-06-25

[生活][ケータイ] ケータイカメラを使っている自分

コンビニの前を通りかかったら,扉の上にツバメの巣があったんです。巣立ちも間近なのか,成長したヒナがぎゅうぎゅうに詰まっていました。この頃のヒナは体もしっかりしてきて,でも幼さも残っていて,人間でいうなら「この頃が一番かわいいのよねぇー」な時期だったりします。

さて,ヒナを見ていたら,ちょうど親ツバメが帰ってきました。餌をめいめいの口に押し込んでいます。あたしは,咄嗟に決定的瞬間を感じてケータイのカメラを取り出します。取り出したんですけど……写真を撮ることはできませんでした。

またしても……またしてもです。

ケータイのカメラを使うときって,客観的に見るととても不自然……というか怪しい人ですよね。撮っている格好(姿勢)も無防備でさることながら,特に視線が怪しいです。決定的瞬間のような普通では気づかないようなモノを撮る時は,明らかに周りの人と見ているモノが違うわけで,別世界にいる感じがします。まるでフーマの不思議界にでも迷い込んでいる感じです。

毎回のことながら,この不思議界っぷりに耐えられなくなって撮影できません。他の人はどうやって撮っているんでしょう。不思議界に入り込まないでいられますか。

(注:アタマの方は大丈夫なので……アシカラズ)

2005-06-26

[ネタ] オサマ氏と会話したよ

「***************YOU CAN TALK WITH TERROLIST***************」
http://members.jcom.home.ne.jp/i-am-a-student-boy/chat/chat.htm

オサマ > む、新たな追っ手か?
aian > オサマさんですか
オサマ > そんなに俺の顔が見たいのかい?
aian > いや……もう見てますよ
オサマ > 調子こくのもいいかげんにしろよハゲ!
aian > ごめんなさい
オサマ > 謝るんだったら最初から言うんじゃねーよ、タコ!
aian > テロって楽しいですか?
オサマ > そうかな?
aian > え?
オサマ > ???
aian > わかりました
オサマ > 分からないなら、分かるまで殴りつづけてやろうか?w
aian > らしくないこと言うんですね
オサマ > お、よかったよかった。。
(ここでブッシュを呼んでみた)
オサマ > 妙な奴呼んでんじゃねーよ。
(ブッシュの召喚に失敗)
aian > ブッシュはこないみたい
オサマ > ブッシュなんか死んでしまえ!!
aian > 殺すのはあなたでしょ?
オサマ > 野郎!もういっぺん言って見やがれ!
aian > 殺すのはあなたじゃないんでしょうか……?
オサマ > そういうこと言ってるとマジで切れるよ。
aian > テロリストさんですよね
オサマ > 丁寧な言葉遣いで宜しい。
aian > ありがとうございます
オサマ > aianもアルカイダのメンバーに入れてやろうか?(ワラ
aian> ぜひぜひ
オサマ > ブッシュがプレッツェル喉に詰めたのって,実は学生時代からの持ちネタだったそうです。
aian > やっぱりね。ネタじゃなきゃできないよ。
オサマ > それにしても,時代の流れって速いよなぁ。俺が学生の頃なんか,まだ竪穴式住居だったんだぞ。
aian > テロリストは長生きなんですか?
オサマ > 何してるのか自分でも分からなくなってきました・・。(汗汁
aian > (笑)楽しかったです。さようなら。
オサマ > そんなに笑える事か?

最後までツッコミくらいました。さすがテロリスト……容赦ありません。

2005-06-27

[文化] ハチクロは面白いなぁ

深夜に放送しているアニメ「ハチミツとクローバー」(フジテレビ)が面白くて,ここ数日は原作集めに奔走していました((といっても,何度か本屋に立ち寄っただけなんですが……))。初日ためしに1巻と2巻を買って,次の日に7巻まで購入。ついでに,ゲーム誌なのになぜか特集していた CONTINUE も購入……もう,ハチクロづくしです。

ハチミツとクローバー (1)
羽海野 チカ
集英社 (2002/08/19)
売り上げランキング: 412
CONTINUE SPECIAL 特集 ハチミツとクローバー

太田出版 (2005/06/17)
売り上げランキング: 118

この作品,大学を卒業して数年の間に読むと効果が絶大ですね。読んでいると,「そうそう……悩んでいたよ,あの頃は……」みたいな感慨に浸ってしまいます。あたしゃ男なので男三人の視点でしか読めないんですけれど,学生生活で考えがちな,そして今となってはどうでもよくなっているアレコレが丁寧に描かれていると思います。

美大行ってたら読めなかっただろうな……生々しすぎて。

2005-06-28

[文化][思考] 他人の感性を批評するための手法

ちまたの音楽批評記事やライナーノーツを読んでいて反吐が出る……とまではいかないけれど,苦笑が漏れるときがあって,そういうときは大抵,満足に演奏できない書き手が演奏家の立場に立って批評記事を書いているときだったりします。音楽において,聴き手と演じ手は割とはっきり区別できるわけで,両者の溝を埋めることは相当難しいことだったりします。敷居をまたぐと失笑を買うというわけ。

もちろん,だからといって音楽の批評家が演じ手に劣るのかというと,そういうわけでもなくて,批評家は聴き手のプロとしての地位が定着しています。反対に,楽器を演奏できるからといって,いい批評記事を書けるとは限らないわけで,つまるところ普通の人が容易に参加できない文化なり技術なりには作り手と受け手が分化して棲み分けているってことなんですね。

あたしは「批評の手法」云々といった難しい話には暗いんですけれど,少なくとも批評が成立するためには,ある程度メタ的な視点がないといけないんだと思います。演じ手と同じ立場に立ってしまっては,芸術が定式化・定量化できないモノである以上,その演じ手自身にでもならない限り音楽を論ずることができなくなってしまうからです。

つまり,演奏家がある演奏を「良し」と判断するための基準はとても主観的・価値的なモノであるのに対して,批評家のそれは少なくとも他人に説明できるほどの客観性を持っていないといけないということです。単に,「私は好みじゃない」とか「こんなことをする必要性を感じない」なんて話は,それこそ主観的な「感想」であって客観的な「批評」ではありません。

批評家が演奏家と同じ立場に立って議論するとしたら,演奏家と同等の発想と技量が必要になります。メタ的な視点で達観していることのままならない状況です。こういう場所に立っている(自称)批評家を見ると,「うだうだ言ってないで自分でやってみろよ」とか思っちゃうわけです。

いやなに……最近そういう(自称)批評家をよく目にするもんでね……。自分もそうなんでしょうけど……ぶつぶつ……。

2005-06-29

[プログラミング] Ruby/Amazon を少しだけいぢる

amazlet は便利だけれど,書式を自由にいぢれないのが不便だということで,ASIN を入力したら HTML 片を吐くようなスクリプトを用意してみました。Ruby には Ruby/Amazon というライブラリがあるので,そのまま使っただけ……。

require 'uconv'
require 'amazon/search'
require 'amazon/locale'
include Amazon::Search
$KCODE = "utf8"

ASSOCIATES_ID = "qune-22"
DEV_TOKEN = "1EP1W3JV5Z7QJEMMHDR2"
LOCALE = "jp"
unless ARGV.size == 2 || (ASIN = ARGV.shift) =~ /[0-9A-Z]+/
  STDERR << "Usage: amatag ASIN\n"
  exit
end

#####
request = Request.new(DEV_TOKEN, ASSOCIATES_ID, LOCALE, false)
response = request.asin_search(ASIN)
product = response.products[0]
# expand lists
author = product.authors.join(',')
if product.release_date =~ /([0-9]+)\//
  year = $1
end

html_frag = <<EOS
<div class="aws">
  <div class="aws_image"><a href="#{product.url}?ref=nosim"><img src="#{product.image_url_small}" /></a></div>
  <div class="aws_info">
    <div class="aws_title"><a href="#{product.url}?ref=nosim">#{product.product_name}</a></div>
    <div class="aws_author">#{author}</div>
    <div class="aws_publisher">#{product.manufacturer} (#{year})</div>
    <div class="aws_isbn">ISBN: #{product.isbn}</div>
  </div>
</div>
EOS
puts Uconv.u8toeuc(html_frag)

この手のサービスはウェブサービスの形で提供されていることが多いけれど,ローカルで HTML を生成させてもそんなに不便じゃありませんね。どっちも結局最後は,コピーして貼り付けるわけだし。

さそり。- Amazon ASINコード取り出しブックマークレット」で紹介されていたブックマークレットと併用すると ASIN の取り出しもスムーズに行えます。

[音楽][思考] 日本語はラップに向かない

「日本語はラップに向いていない」
http://soulkid.blog2.fc2.com/blog-entry-213.html

そういえば,あたしが小学生の頃,日本語で西洋 POPS の真似事してもリズムが合わないんだからみっともない,みたいな話があったことを思い出します。

そういってる人もサザンみたいなのが人気になりだすと,

あれは日本語だけど英語っぽく発音しているから,西洋のリズムによく合うんだ

なんて言いだしたりして……たしかにそういうところもあるんでしょうけど,みもふたもありません。本流はどうあれ,なんでも取り入れて自分達が楽しめるようにカスタマイズできる能力って素晴しいと思うんですけどね。

2005-07-04

[ネタ] poris tris dris

ここ数年,夢の中ででっちあげられた事実を,目覚めた後も割とはっきりと覚えていることが多くなりました。本家にも「ヒツカクシ」の話を書いたんですけれどそんな感じ。でっちあげられるのは、どうも言葉の由来や風習なんかが多いみたいです。

タイトルにある「poris tris dris」というのもそのひとつ。昨日の夢に出てきました。

スペルだけを覚えているので発音はよく分からないんですけれど,おそらく「ポリス・トリス・ドリス」と発音するんだと思います。東京駅の丸の内側北口にある喫茶店((これは実際にある。入ったことはないけれど。))で,アメリカ人らしき人に由来を教えてもらうというシチュエーションでした((彼が持っている紙袋に「poris tris dris」という文句が印刷されてあって,その意味を聞いたというシチュエーション。))。意味を尋ねると,これは外来語の英語なんだそうで「honey, good-bye」という意味なんだそうな。

起きた後,すぐさま紙にメモして調べてみたんですけれど,もちろんそんな言葉はありませんでした。あったらすごいんですけどね。

[はてな] 店じまい

前の話がちゃんと「振り」になってるかは相当アヤシイわけですけれど,それはともかく,そろそろ「qune@はてな」をはじめとした「はてな」のサービスを引き払って,本家に拠点を戻そうと考えています。

今年の2月末頃から「はてなダイアリー」を利用していて,続けざまに「ブックマーク」「RSS」と,便利な情報収集・フィルタリングツールを提供していただいたんですけれど,あたしにとっては情報の流れが速すぎで,ひきずられ気味だったのでした。はてなの道具はとても便利で効率的だけれど,自分のアタマが一番非効率的で処理速度も遅かったといったところです(トホホ)。

そんなわけで,これからは本家でもう少しゆっくりじっくりとエントリを作っていきたいと思います。「はてな」関連は今後更新せずに,数日したら引き払う予定。「ダイアリー」のアーカイヴは,折を見て本家に再掲載することにします。

それでは本家でまたお会いしましょう。